ソフトバンク版のXPERIA Z4とZ5のAndroid7.0アップデートがいつになっても来ない件  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクはAndroidに全く力を入れていない事で有名です。
過去に何度か「Androidにも力を入れている」だの「Android機種売った数でもNo.1」だのほざいた事もあるのですが、残念ながらソフトバンクです。全て嘘でしかありません。

その証拠に、ソフトバンクが他社に遅れ3年前から扱いだしたソニーのAndroidスマートフォン、XPERIAシリーズのXPERIA Z4とZ5のAndroid7.0メジャーアップデートがいつになっても来ません(Android6.0へのアップデートは他社と同様に来たけど)。
ドコモ版とau版はとっくにAndroid7.0になってるのに。

その他、ソフトバンクのAndroidメジャーアップデートの悲惨な歴史についても記しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加  ソフトバンク版のXPERIA Z4とZ5のAndroid7.0アップデートがいつになっても来ない件の続きを読む

ソフトバンク、国際電話の料金がボッタクリなので仕方無くパプアニューギニアからのワン切りを注意喚起する  このエントリーをはてなブックマークに追加

「情報革命で人々を幸せに(笑)」を掲げるグローバル企業(笑)のソフトバンクですが、実際のところは人々が不幸せになる詐欺企業です。
その証拠とも言えるのが国際電話(SMS含め)の料金設定です。
auやドコモに比べて、明らかに高い設定になっているのです。

なので、現在一部で確認されているパプアニューギニアからの国際電話ワン切りに対して「折り返し電話するな、料金高いから」と注意喚起するハメになりました。バカですねぇ。

「パプアニューギニアから不審な電話」、ソフトバンクが注意喚起 - ケータイ Watch
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1068589.html

このエントリーをはてなブックマークに追加  ソフトバンク、国際電話の料金がボッタクリなので仕方無くパプアニューギニアからのワン切りを注意喚起するの続きを読む

amazonでauドコモのキャリア決済が可能になる中、ソフトバンクは対応しない上にamazonギフトコードの販売を1年以上「一時中止」  このエントリーをはてなブックマークに追加

amazonでauとドコモのキャリア決済が利用可能になったようです。

Amazon.co.jp ヘルプ: 携帯決済について
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=%20202108010


残念なことにソフトバンクは非対応みたいですね。
まあソフトバンクだけキャリア決済非対応という事例は他にも多々あるので(radikoのプレミアム会員登録など)、それ自体は珍しくはないのですが、それだけじゃないんですよ。

ソフトバンクは自社サイトでamazonのギフトコードを販売しており、携帯料金と一緒に支払う形で買えるのですが、そのギフトコードの販売が何と1年以上「システムメンテナンスのため一時中止」となっているんです。
「一時」という言葉の概念を崩壊させるソフトバンク。言葉の概念を崩壊させるのはもうおなじみですね。というか、何年メンテするつもりなのでしょうか。

という事で、ソフトバンクだけがamazonと大きく距離を取ってしまっているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  amazonでauドコモのキャリア決済が可能になる中、ソフトバンクは対応しない上にamazonギフトコードの販売を1年以上「一時中止」の続きを読む

「あんしんショップ認定制度」で認定されたソフトバンクショップが無断割賦詐欺を早速やらかして制度の無意味さを露呈させる  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクショップ(とワイモバイルショップ、あとヨドバシやヤマダなど家電量販店のソフトバンクコーナー)を中心に、契約者に対して悪質な販売・契約が行われている、この国、日本。
オプション強制や嘘をついての高額な料金プランへの誘導、不要な高額オプション品(SDカードやiXpand、フィルム、充電器、バッテリー)をプレゼントだなどと称して無断で割賦購入させる「無断割賦詐欺」など、悪質な販売・契約は多岐に渡ります。

もっと早く対策出来ていてもおかしくないはずなのですが、これまで全くと言っていいほど何もしてこなかった無能お役所・総務省(あと消費者庁もかな)もようやく寝ぼけ眼をこすりながら、ちょろっと対策を始めてようやく形になったのが去年5月の電気通信事業法とガイドラインの改正。
これまで認められていなかった店頭契約でのクーリングオフが限定的ながら認められる事となりました。
・・・これに関しても既に問題大アリですけども、これについてはまた後で。

で、悪質な販売・契約自体についても、今年1月から覆面調査を行うなど対策が始まっているようなのですが、そんな中で法改正を受けて「業界団体の自主的な取り組み」として立ち上げられたのが、あんしんショップ認定協議会による「あんしんショップ認定制度」です。

協議会について|あんしんショップ認定協議会
http://www.keitai.or.jp/anshinshop/


これは、ティーガイアやベルパークといった悪質契約の総本山みたいなゴミクズ代理店が中心となって立ち上げた「全国携帯電話販売代理店協会」(全携協)による、「安心して契約出来るキャリアショップ」を認定するという、それ何てマッチポンプ?と言わざるを得ない冗談みたいな認定制度です。
オブザーバーとして総務省の無能お役人が居座っていたり、運営委員会として各キャリアも参加していたり、携帯料金をさらに高くした事で悪名高い野村総研・北俊一が審査委員に居座っていたりで、発表当初から実効性は疑問視されていました。

・・・で。
今年1月から運用されているこの制度ですが、案の定、早速この「あんしんショップ」に認定されているソフトバンクショップが無断割賦詐欺をやらかしました。
やっぱり意味ねぇじゃんこの制度。

このエントリーをはてなブックマークに追加  「あんしんショップ認定制度」で認定されたソフトバンクショップが無断割賦詐欺を早速やらかして制度の無意味さを露呈させるの続きを読む

またホワイト誤請求、ソフトバンクがユーザーに不利な形で割引を適用  このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年になってしまいましたが、まだソフトバンクが潰れていなくて残念です。こんにちは。
ソフトバンクはいつになったら潰れるのでしょうか。最近、わざわざ投資に関するリリースを打ったり、アメリカのトランプ次期大統領と絡んでみたり、孫正義がテレビの撮影の場にしゃしゃり出てきて映り込んだりとメディア露出を意識しまくってますが、もうなりふり構ってられるかっていう焦りにも見えるんですけどどうですかね。

さて、それはさておき。
未だソフトバンクは、平気でユーザーに対して誤請求を行い、謝罪もしないゴミ企業であります。


またソフトバンクの「ホワイト誤請求」、プレスで公表せず対象者だけに通知する隠蔽体質
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-264.html

ソフトバンクの「ホワイト誤請求」の酷過ぎる例を見つけた
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-350.html

ソフトバンク「ホワイト誤請求」のとある例、後始末が酷過ぎる
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-371.html


過去に記事にしてるだけでもこれだけあるんですが、こんなもん氷山の一角です。検索したら色々出てきます。
で、またそんな氷山の一角の誤請求を発見しました。



「あんしん保証パック」の修理代還元が、他の割引より優先されて値引き処理されてしまい、各種割引が適用されないという事態が起こっているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  またホワイト誤請求、ソフトバンクがユーザーに不利な形で割引を適用の続きを読む

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク