5/21から携帯のクーリングオフ制度が始まり、ソフトバンクのオンラインショップが違反だらけでクーリングオフの対象になってる件  このエントリーをはてなブックマークに追加

電気通信事業法が改正され、2016年5月21日より携帯電話(スマホ・タブレット)や固定ブロードバンド回線のクーリングオフ制度が開始された事はご存知でしょうか。
通信事業者が一切アナウンスしていないため全く周知されていない状態なのですが、これまでは訪問販売や電話勧誘によって契約した時のみクーリングオフが適用出来ていたものが、これからは店舗やオンラインショップで契約した場合でもクーリングオフ(初期契約解除)が可能となっています。
また、ドコモ・au・ソフトバンク(ワイモバイル)等では「確認措置」という認定制度により、事実と異なる説明を受けた場合やエリア内なのに自宅で電波状況が悪いという条件付きで、回線だけでなく端末等も解約・返品可能となっています。
(※当初、初期契約解除でも不実告知や電波状況等の条件が必要と書いておりましたが、初期契約解除では無条件で解約可能です。訂正してお詫び致します)

まあ、まだまだ問題がある状態ではありますが(特にソフトバンク。別記事で指摘する予定)、ひとまずSDカードなどボッタクリ価格の高額なオプション品をプレゼントとして渡しておきながら割賦に組み込む無断割賦詐欺や、不要なオプションを無断または強制的に加入させたり、電話しないのにスマ放題のような高額な基本プランに加入しないと契約させないというような悪質な事例にようやくブレーキが掛かるのかなと思います。無くなりはしないでしょうけど。

・・・こうやって書くと、本当に無法地帯ですね(特にソフトバンク)。総務省今まで何やってたの?


で、本題。
この法改正により、携帯・スマートフォンでも不実告知がなされたりオプションについて説明が不十分な場合はクーリングオフの対象となったわけですが、ソフトバンクのオンラインショップが完全に違反状態となっているため、ここで契約した人は全員クーリングオフ制度の対象となります。

解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加  5/21から携帯のクーリングオフ制度が始まり、ソフトバンクのオンラインショップが違反だらけでクーリングオフの対象になってる件の続きを読む

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク