スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拡散】携帯の強制オプションは付ける義務無し!モバゲー仕込みも拒否しよう。  このエントリーをはてなブックマークに追加

未だに強制でオプションを付けるヨドバシやヤマダのソフトバンクコーナー、ソフトバンクショップがあります。
特に機種変で付けられる事が非常に多いようです。

しかし、販売条件によりますが、オプションは付ける必要はありません。
必ず、付けずに契約出来ます。
そして、なぜオプションを付けようとするのか、誰が悪いのかをちゃんとお勉強しましょう。

※追記
強制オプションだけと思ったら、今度はモバゲー仕込み始めやがった。
ヨドバシだけじゃなくソフトバンクショップもです。

iPhoneにモバゲー仕込まれる話。ヨドバシだけじゃなくソフトバンクショップでもな!
http://togetter.com/li/217491

あと今回のモバゲー仕込みの話は別記事にて詳しく。
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-129.html
--

スポンサードリンク


--
まず、独占禁止法というものを理解する必要があります。
以下は、一応法律の素人の見解であると前置きしておきますが・・・

独占禁止法では「抱き合わせ販売」というものを禁止しています。
ここで言う抱き合わせ販売とは、「Aという商品を買うにはBという商品も買わなければならない」という販売方法です。
ソフトバンクで当てはめると「iPhoneを契約するにはフォトビジョンを契約しなければならない」という感じ。
これは明確に違法です。

しかし、これが当てはまらない場合もあります。
それは「Bという商品も一緒に買うと、Aという商品が安くなる」場合。
この場合、Bを絶対に買わないといけないわけではないので、違法にはなりません。
なので、例えば「Aのみだと上乗せ5000円、でもBも買えば上乗せ無し」というパターンは違法にならないわけです。
また「一括0円だけど、その代わりオプションこれだけ付けてねフォトビジョンも契約してね」というのは当然適法です。

つまり、違法となるパターンは「Aのみを買う事が出来ない場合」です。


さて、これを強制オプションに当てはめてみましょう。
今回、ヨドバシやヤマダで行われているのは「オプションを付けないと機種変出来ない」というパターン。
つまり、オプションを付けない場合の販売方法が用意されていない。
これは「オプションは別の商品」と見た場合、独占禁止法違反となりアウトです。
また「二つの商品が密接にかかわっている場合」、例えばレンタカーと保険のような関係の場合は違法になりませんが、これは必須であるものの場合です。
オプションは絶対必要というものではありません、消費者の選択自由です。

ですので、今回のケースでは強制オプションなんて付ける必要はありません。
しっかり抗議した人は、ちゃんとオプション無しで契約出来てますしね。
皆さん、必ず「オプションを付けないと販売しないというのは違法ですよね?」と言って、強制オプションは拒否しましょう。

そして、必ず通報して下さい。

独占禁止法については公正取引委員会へ。
http://www.jftc.go.jp/kouekitsuhou/dokkinmadoguchi.html

さらに国民生活センターにも相談して下さい。
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

解決した場合でも、状況を報告しましょう。
http://www.kokusen.go.jp/t_box/t_box.html

※追記(2013/11/10)
と思いきや、この強制オプションについては独占禁止法の対象とはならないという見解のようです。

携帯電話のオプション強制加入は“違法”な「抱き合わせ販売」なのか | BLOGRAM
http://blogram.net/2013/11/10/au_dakiawase/


消費者契約法の範囲内とするのが正解なようで、野洲市がKDDIに提示した要望書も消費者契約法に基づいたもののようです。
消費者契約法は契約の解約と不当条項の無効という、大きく2つの効果を発揮する物であり、消費者を保護するという観点から民法上の詐欺で必要である「事業者の故意の立証」が不要ないし緩和されているのが特徴という事のようです。

http://www.lawfirm.gr.jp/syohisya.htm


なので、根拠とする法律は消費者契約法とするのが正確と思われます。
ただし、素人の見解なので・・・と言いたいとこだけど、さすがにこれ適用出来ないと消費者契約法の存在意義ゼロだし、さすがに合ってると思うのですが。

--

さて。
では、なぜこんなにも違法であるオプション強制が横行しているのか、という事を考えましょう。

この強制オプション。特にソフトバンク、その中でもiPhoneで酷いと聞きます。
なぜかというと、これはあくまで「自称販売店」の話ですが、iPhone1台新規契約で2000円・機種変は0円という低額の利益なせいだというのです。
その証拠に、iPhone4の販売時は「新規・MNP優先」「"頭金"上乗せ」などという事が起こりました。

iPhone4予約で「頭金」と称して上乗せ金を騙し取るショップまとめ - Togetter
http://togetter.com/li/29602

iPhoneの価格は自由(オープン価格)ですので違法ではないのですが・・・逆に価格統制すると独占禁止法違反になってしまうのですが・・・3GSの価格、そして直営店や公式オンラインショップの価格設定から見れば酷い話です。
こういう事が起こると、ショップの良識をまず疑うでしょう。

しかし利益設定を見れば、こういう上乗せ金を取って当然でしょうね。
どう考えてもこの利益ではショップの運営は不可能ですから。

では、このiPhone販売の利益でどうやって運営しているのか。
その答えがオプションの契約です。

ソフトバンクはWホワイトや基本オプションパックなどを付けた時の利益を大きく取っている(これも自称販売店談)。
つまり、オプションに入らせないと利益がまるで出ない構造になっている。
これが強制オプションの正体です。オプションを付けさせないとダメなんです。


・・・ふざけた話ですね。
「iPhoneを世界一安く売っている」という孫正義の話には裏があるわけです。
そりゃ安く設定出来るわけだ、だって全ての皺寄せは代理店、そして結局消費者に行っているのだから!

そして今回は機種変でもキャンペーンを行っていますが、ほとんどの代理店では強制オプションをやっていないようです。
つまり代理店に対しては、今回は機種変でも多少利益が出る設定にしているんでしょう、今のところ。
しかし、量販店に対しては機種変で利益が出ないような設定になってると思われます。
だから機種変で強制オプションなどという迷惑行為がおこなわれている。
これが真相だと思います。

※追記
あとヨドバシやソフトバンクショップでモバゲーのアイコン仕込まれる話ですが、ヨドバシの場合強制オプションが横行していました。
しかしこれを断る事例が増えており(この記事も多少貢献してるかも)、店員が「オプション無いとダメ」と言い張ってもソフトバンクのサポセンに問い合わせると強制オプション無しで契約出来るというのが現状、でした。
違法とはいえあっさりソフトバンクが通したので不思議に思ってたのですが、こういう事を始めたからですね。


という事で、代理店のためにも強制オプションなんてものは必ず拒否しましょう。
そうすれば、iPhoneを契約した時の利益がアップし、強制オプションは無くなるはずです。
もちろん、その分の「アップする利益」はソフトバンク本社に持って頂きましょう。

あと、既に強制でオプションに加入させられたという人は、お金を払う必要はありません。
日割り分すら払う必要はありません。
というのも、孫正義が「強制オプションは無償で解約出来る」と宣言したからです。

http://twitter.com/#!/masason/status/16397664084
不要なのに強制的にWホワイトやオプション加入させられたと感じた全ての方の解約を無償でお受けします。お詫び申し上げます。RT @rinoa0130 iphone4予約したんですけどWホワイト要らないって話したのですが強制で入れられたのですが…

http://twitter.com/#!/masason/status/16397778377
手続き詳細は後程。RT 不要なのに強制的にWホワイトやオプション加入させられたと感じた全ての方の解約を無償でお受けします。お詫び申し上げます。RT @rinoa0130 iphone4予約したんですけどWホワイト要らないっ



手続き詳細は後程。

もう1年4ヶ月経ってますが?

もうこの宣言してから1年4ヶ月も経っています。おかしくないですか?
約束は必ず守るそうですが、詳細はいつになったら発表されますか?
強制オプションについてのツイートはなぜ「やりましょうリスト」に入ってないのですか?

どうしても強制オプションによる利益が欲しいようですね、ソフトバンクは。

とりあえず無償解約は一応やっていますので、必ず解約・返金させましょう。
解約方法は1つしかありません。

157に電話してオペレーターと話す。

これしかありません。web申込みなんてありません。
普通に解約しても日割り分は請求されます。
オペレーターに「強制オプション外して無料にしろ、返金しろ」と言うしかありません。
ふざけた話ですね。
しかも繋がりません。本当にオペレーターに繋がらないんです。

でも必ず返金させましょう。強制オプションは代理店よりもソフトバンクの責任が重いのですから。
強制オプションなんて無くなればいいのです。
孫正義にもSBCareにも社員にも、ガンガンリプライを飛ばしましょう。

というか、顧客の事を考えたらオプション無理矢理付けさせるような形は取らないはずなんですけどねぇ。
ヨドバシやヤマダの販売員はソフトバンクからの出向なはずなんですけどねぇ。
早くこんな悪徳業者ソフトバンクは潰れるべきですね。


ちなみに去年5月の東京新聞の記事を転載。
http://megalodon.jp/2010-0616-2117-30/www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2010052002000139.html(魚拓)

 ソフトバンクモバイルの携帯電話購入に際し、値引きの条件として勧められたオプション(追加)契約のトラブルを、四月十五日の生活面に掲載したところ、販売店関係者から「オプションをフル(全部)契約しないと、利益が出ない」との声が寄せられた。オプション契約の獲得に走る販売店の内幕を取材した。 (稲田雅文)

 「ソフトバンクの営業担当者は、店に来るたび『フルオプ(フルオプション)でお願いします』とプレッシャーをかけてくる」。東海地方で販売店長を務める男性はこう証言する。

 フルオプションとは、通話料割引サービスの「Wホワイト」や、「パケットし放題」など、オプション契約を組み合わせたセットのこと。男性の店では、七つの契約をセットにしていて、月額料金は最低でも計四千六百十五円になる。

 ソフトバンクの携帯を購入したときのお金の流れは複雑だ。

 利用者は二十四カ月の割賦契約をソフトバンクと結んで携帯電話本体を購入。月々の利用料とともに分割払いする。同社は、この分割支払金を毎月の利用料のうちの通話料やオプション料などから値引きするサービスで、買いやすさをアピールする。

 月々の分割支払金の額は同社が機種ごとに決めている。例えば、二千九百八十円に設定されていれば、二十四カ月分の七万一千五百二十円が、携帯電話の販売店への卸売価格となる。販売店はこの価格に「頭金」と称する手数料を上乗せして販売し利益を得る仕組みだ。

 しかし実際には、多くの店が「頭金ゼロ円」と表示して安さをアピールしているのが現状。男性店長も「競争もあり、同じようにゼロ円にするしかない」と語る。こうした中、収益の柱になるのは、契約増などを目的に同社がさまざまな条件で販売店に支払うインセンティブ(奨励金)だ。契約したオプション数が増えれば、販売店に払われる奨励金も増額される。

     ◇

 奨励金を決める仕組みは複雑で販売店の規模によっても変わる。ソフトバンク側は契約から六カ月間、一カ月単位で各オプション契約が解約されていないかをチェックし、金額を決めているという。売った客一人一人を、より多くのオプションに加入させ、より長い期間契約してもらうことが奨励金を増やし、利益増につながるわけだ。

 店員は、月ごとの回線契約件数などの成績で管理される。その一つが獲得した契約に占める「フルオプション率」。契約三カ月後のオプション残存率という数字もあるという。営業担当者は一人一人の数字を把握し、目標を定める。

 男性店長も成績を上げるため、客に「オプションをこれだけ契約すれば、頭金がゼロになる」とフルオプションを前提に話を進める。「お年寄りなどメール配信サービスが必要ないと思われる人でも、営業成績のために契約を勧めることがあり、良心がとがめる」

 読者のトラブルで目立ったのは、機種変更などの際、「このオプションを付けると安くなる」「オプションに加入しなければならない」などと店員に言われて必要ないサービスを期間限定で契約し、解除し忘れた情報メールの通信料が膨らんだケースだ。ソフトバンクの携帯をめぐるトラブルが多発しているのには、こうした販売システムが背景にありそうだ。

 同社広報部は「オプションを契約させないと、販売店の利益が出ないという構造ではない。当社がオプション契約を強制することは一切ない」としている。

関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : まぢかよ!?
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。