iPadを「アレ・コレ・ソレキャンペーン」で買ってはいけないもう1つの理由  このエントリーをはてなブックマークに追加

iPadが月額利用料0円から使えるというプランが選べる「アレ・コレ・ソレ キャンペーン」。
iPhoneやiPadをアレやソレと呼ばわる、間違いなくジョブズがキレるであろうこのキャンペーンですが、既に問題点が出ています。
約110MB通信すると従来のプランより高くなったり、『4重縛り。誰も言わないiPad「ゼロから定額プラン」の問題点。』で指摘した通り4重に縛られたりするなど、iPadを悪用したソフトバンク史上最低最悪と言っていい詐欺プランです。

しかし、実はこれだけに留まらないのがこのキャンペーンのクソさ。
今iPadが品切れで手に入ってない人が多数なのですが、これが原因で「利用料が0円」では使えないのです。
--

スポンサードリンク


--
さて、iPadのキャンペーンについておさらいしましょう。

iPhoneを既に契約している人、iPhoneを新たに契約する人のみに提供されるのが「iPadゼロから定額プラン」。
事務手数料0円、3G回線のパケ代とウェブ基本料が100MBまで0円、本体代も通常より割引。
パッと見で凄いキャンペーンに見えます。

しかし、実際は端末代が下がった分月月割は減額されており、3G回線をフルに利用すると通常のプランより570円も割高です。
また、フルに利用しなければ月月割は何の意味もなさないのに「本体実質0円」といつものフレーズも混ぜ合わせているので、「完全にタダなんだ!」と思う人続出。
またホームページにて「月月割は"通話料"から減額」と最初記載されたため、iPhoneの利用料から割引されると誤認させられた人も多かったようです。

さらに、規約も条件も告知無くコロコロ変わっています。
キャンペーンについてのページには「iPhoneを契約している人」と記載されているにもかかわらず、iPhone4Sを機種変するため予約した場合は「iPhone4S契約するまでiPadはキャンペーン契約出来ない」と通告されるという素敵な事態が起こっています。
また、オンラインショップでキャンペーン適用しようとすると、本手続き後24時間以内にiPad2購入手続きをしないといけないという鬼畜っぷりを披露。
これ、オンラインショップにある手続き方法にしか記載が無いんですよね。

http://onlineshop.mb.softbank.jp/ols/html/smp/model/ipad/campaign/entry.html

こんな事、キャンペーン詳細には一切書かれてなかったんですけど。

と思ったらキャンペーンの規約がコッソリ変わっておりまして、

キャンペーン期間中にiPhone 4 またはiPhone 4S を予約し、キャンペーン終了後にiPhone 4 またはiPhone 4S を購入した場合でも、iPhoneの購入と同日中にiPad 2 の新規購入もしくは予約したお客さまは本キャンペーンが適用されます。


何時の間にか規約が追加されていました。多分10/27。
ここで初めて「iPhone購入の同日中に新規購入or予約」という言葉が出ましたね。今頃かボケ。
しかも同日中なので、iPadの色・容量もここで確定させなければなりません。
さらに、予約して後で変更というのは出来ないんですね、これ。どんなシステムやねん。

「24時間以内」とか「同日中」などと短い期間で区切り、「ここで買わないと損かも」と思わせ判断力を失わせるのは詐欺の常套手段ですね。
さすが詐欺師孫正義率いるソフトバンクですね!


以上をまとめると、
・110MBほどでパケ代上限、通常より570円高くなる
・本体代はタダではない、必ず払う
・なぜかiPhone4S予約中はiPad2をキャンペーンで契約出来ない
・iPhone購入と同時でないとiPad2キャンペーン契約出来ない


と、これだけ杜撰で悲惨なキャンペーンだったりするわけで、これだけでも絶対買ってはいけないと言い切れます。
iPhoneしか契約出来ないという縛りもありますし。

--

で、ここからがようやく本題。長い・・・

俺が指摘したい問題は、上記の内の「iPhoneの購入と同日中にiPad 2 の新規購入もしくは予約したお客さまは本キャンペーンが適用」という部分。
これが結構シャレにならない問題を抱えています。

現在、iPad2は慢性的な品切れを起こしているようです。
Twitterを見ているとキャンペーン適用させたい多くの人が予約して入荷待ちをしており、2ヶ月待ちと言われてる人もいるようです。
容量や色の組み合わせで6種類あるので、品切れが起こりやすいでしょうし。
さらに、予約後「在庫あるなら別のモデルでもいいや」と思っても変更出来ないですし。


で。
iPhone購入時にiPadを予約する。これが大問題なんですよ。
例えばiPhoneを10月18日に購入し(締日10日とする)、その時にiPad2を予約。
そしてiPad2が入荷して11月25日に購入するとします。

さて、これの何が問題なのでしょうか。
答えは「契約期間の違い」。
上記の例だと契約開始月が1ヶ月ズレますよね。


さて、もし2年後に2年縛りの更新月が訪れた時、iPhoneとiPadを解約したいとします。
あ、iPadはソフトバンクでiPhoneを契約してないと0円からプランが適用出来ませんから、こちらも解約せざるを得ません。

上記の例だと、解約違約金が掛からないのはiPhoneが2013/10/11~12/10(以下10月期~11月期と表記)、iPadが2013/11/11~2014/01/10(11月期~1月期)。
10月期にiPhoneを解約してしまうと、iPadのキャンペーンが解除。
4410+315+7=4,732円が月額料金として掛かってきます。
11月期に解約すれば解除料も何も掛かりません。


まあこのパターンならまだ良心的ですかね、1ヶ月は無料期間があるので。
しかし、もっと酷いパターンが存在します。
締日が20日の人がiPhoneに機種変して、上記の日程で端末を手に入れたとすると?

解約違約金が掛からないのはiPhoneが2013/09/21~11/20、iPadが2013/11/21~2014/01/20。
iPhoneの契約期間が9月期からスタートするように変わったのがお分かりでしょうか。
この場合、iPhoneを違約金無しで解約しようとすると必ずiPadはキャンペーン解除され、月額4,732円掛かるようになります。
また、当然ながらiPhoneと同時にiPadを解約すると違約金が掛かりますね。

こういう事は普通に起こりうる事です。
締日がこの通りでなくても、iPad2が本当に2ヶ月後に入荷する場合はこういう事が起こります。
契約期間がこのようにズレますから。
あ、もちろんiPhone4以前の旧モデル機を持っててiPad2をキャンペーンで手に入れる場合、iPhoneを解約すると必ずキャンペーン解除により月額料金の発生、または違約金の発生があります。

『4重縛り。誰も言わないiPad「ゼロから定額プラン」の問題点。』でも書きましたが、iPadのキャンペーンにはiPhone縛りによる様々なリスクがあります。
これでもまだキャンペーンでiPadを手に入れたいですか?


あと、ちょっと気になる情報を入手しました。
発売日当日の話ですが、量販店にて「iPad2をキャンペーンで手に入れた人が、iPhoneからiPhoneに機種変する場合、キャンペーンは解除されますか?」と尋ねたところ、「システム上、iPhoneからiPhoneに機種変したとしてもキャンペーンは解除されます。そう説明しろと本社から言われました」との事。
量販店のソフトバンク担当者はソフトバンクやグループ会社から出向してくる社員です。
改めて尋ねてもそれで間違いないとの回答だったそうです。

これが本当ならエラい事になりますなぁ。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク