ソフトバンクのiPhoneからauのGALAXY(ISW11SC)に乗り換えるとどんな感想を抱くのか。  このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知の通り、ソフトバンクのiPhone3GSからauのAndroid機GALAXY S2 WiMAX ISW11SCに乗り換えた私のーそふとばんくですが、さて端末やその通信に対してどういう感想を抱くのか?
なぜauではiPhoneにしなかったのか?

そんなレポートです。
乗り換え検討してる人はどうぞ。
--

スポンサードリンク


--
まず所持してるスマートフォンやタブレットについて。

・iPhone3GS(購入当時はOS3.1.3、現在iOS4.3.3)
・HTC EVO ISW11HT(去年8月購入、Android2.3アップデート済み、root取得済み)
・ICONIA TAB A500(購入当時Android3.0、root取得済み、Android4.0カスタムROM導入)
・SMT-i9100(EVOのおまけ、Android2.2)
・GALAXY S2 WiMAX ISW11SC(Android2.3、root未取得)

ということで、iOSもAndroidも一通りのOSを体験済みです。iOS5以外。


・なぜauではiPhoneにしなかったのか?

まず、テザリング出来ないから。
ICONIA TABを外に持ち出して通信したいと思うことがあるのですが、iPhoneではテザリング対応していません。
なので、標準でテザリングに対応した端末を選びました。
まあiPhoneでも脱獄したりHTML5を利用したりすればテザリング可能だったりしますけど、そこまでする気はありません。

また、iPhoneというかiOSの出来の悪さにウンザリしていたというのも大きな要因。
特にiOS5なんか使えたもんじゃありません。
これについてはまた別記事で書きますけどね。


・ISW11SCの感想

ISW11SCは、韓国で発売しているGALAXY S2 HD LTEを日本仕様にしたもの。
ドコモから出ているGALAXY S2 LTEとはまた別端末です。
あとこれ、グローバル端末ではないっぽい。


で、感想。
まず画面がデカいw これに尽きます。
iPhoneが3.5インチ、ISW11SCが4.6インチ。
EVOでもデカいと感じてたんですけど、これはまた格別。
かなりデカいので、片手ではちょっと操作が面倒です。一応出来るけど。

あと端末のサイズも一回り大きいです。
が、邪魔と感じるような大きさではないですね。薄くてiPhoneと同じぐらいの重さですし。

画面はサムスンお得意の有機ELで、HD解像度の「HD SUPER AMOLED」を採用、4.6インチの画面サイズで1280*720の高精細表示。
有機ELという事で、明るくコントラストがハッキリしていて綺麗です。
ちょっと色調整が変な気はするけど。

またHD解像度なので小さい文字でも潰れません。
iPhone4・4Sの液晶と比べても遜色無いと感じます。

で、実はこれペンタイル配列なので擬似的なHD表示だったりするんですけど、多少粒々感はありますがこれだけ高精細ならほとんど気にならないですね。
ただ、有機ELでよく言われていますが、黒画面表示するとシミのようなものが点々と見えます。
通常の表示には何ら影響はありませんが、ちょっと気にはなりますね。


しかしこの大画面。
一覧出来る情報量がiPhoneとは段違いです。
このサイズだと、iPhoneとは出来る事が変わります。
この画面サイズなら電子書籍や動画を使いたいと思いますね。
同じ文字サイズでも1ページに表示出来る文字数が圧倒的に違いますし、漫画でも普通に読めます。

iPhoneでは厳しいですよ。いくらiPhone4以降高精細になってるとはいえ、所詮は3.5インチ。
iPhoneで漫画や雑誌を読むのはかなり無理があります。
産経新聞アプリとかだと良くわかるんじゃないですかね(設定で「きれいモード」ONにしましょう)。

操作は下部中央に物理ホームキー、左右にタッチの設定キーと戻るキー。
物理キーは良いですね。これも買いポイントでした。
ただ、物理ホームキーの縦幅が狭いため、押す時に画面の下部に触れてしまう事がある。
下にアプリの操作ボタンがあって触れてしまう事が多いです。


通信速度や電波ですが、3G回線はこんな感じ。



4/5昼のスピードテスト(沖縄鯖)。速いとこんな感じです。
夜だと速度は7~800k程度に落ちる感じ。
pingが速いので実用に関してはそこまで気にならない感じ。上りも速いし。

あと電波はやっぱりソフトバンクより良い。屋外での圏外がまず無いですね。
新800MHz帯のみの対応端末ですが、問題無しです。
ただ、建物の中で電波が悪い場所があったりするので、どこでも繋がる!というのは語弊があるかと。
まだエリア整備の途中って感じなのかな。


WiMAXは、皆が言う通り掴みが弱いというかアンテナ3本以上になったのを見たことがありません(MAX5本)。
ただ、アンテナ1本でもしっかり通信出来るので、多分掴みが弱いのではなく閾値が高いんじゃないかなーと思うんですが。
Wi-Fiもよほどルーターの近くにいないとMAXにならなかったりね。逆にMINの閾値は低いと思う。

スピードテスト。



これだけ速ければ十分。
Wi-FiテザリングでもUSBテザリングでも十分実用範囲です。
ただしかなり電池を食うので、常用は出来ないです。
普段はオフ。これ基本。


バッテリーはiPhoneより保たないです。
画面でかなり食われてます。
また、触らなくてもかなり減ります。色々ウィジェット入れてるのもあるけど、プリインの常駐アプリがジワジワ食ってるような気が・・・
とはいえ普通に使う分には1日は保ちます。前みたいにゴリゴリTwitterやってないというのもあるけど。
でもちょっと不安はあるので、モバイルバッテリーは買う予定。

あとauはWi-Fiの接続確認間隔を長くするアップデートを行う予定との事なので、もう少し電池の保ちは良くなるのかなぁと。


・Androidの良いと思ったところ

ウィジェットが便利。超便利。
これが最大の違いだと思います。

天気ウィジェットはもちろん、auの料金ウィジェット、Wi-Fiやマナーモードなどのトグル、時計、カレンダー、バッテリーなど・・・
自分の思うままに使い勝手を良くするウィジェット。iPhoneには無い要素です。
これだけでもAndroidにして良かったなーと思います。

戻るキーが便利なのも大きいです。
戻るキーさえ押せば1つ前の画面に戻れる。何も考えなくていい。
これ、Androidを触らないと分からない便利さ。
これに慣れちゃうとiPhone触れないもん。思わず戻るキー探しちゃった自分がいた事にビックリしたしw
ハード的にホームボタンしか無いiPhoneとの大きな差です。

あと、アプリ間でのデータ受け渡しが楽。
iPhoneの場合はアプリが他のアプリに対応していないといけませんが、Androidは共有機能で割と自由にデータを受け渡しする事が出来ます。
はてなブックマークなんかが良い例ですかね。

PCのブラウザからAndroidマーケットにアクセスして、OTAでアプリをインストールさせる事が出来るのもいいですね。
iPhoneだとiTunesと同期させないといけませんが、その手間が不要なのがいいなぁと。
PCを使ってアプリレビューからマーケットに飛んで、そこからインストール。すっげぇ便利です。

そしてIME。
やっぱりATOKが使えるのが大きい。
iPhoneのIMEも結構慣れたもんだったけど、何だかんだで入力が楽で、変換が賢い。
慣れてしまえばiPhoneよりずっと良いです。

それとフリックによるページスクロールはAndroidの方が好み。
ブラウザなど、1フリックで一気にスクロール出来るのがiPhoneより使いやすいと感じます。
iPhoneだと何度もフリックする必要がありますから。


・iPhoneの方が良かったなーと思ったところ

まず標準アプリの出来。
他のレンダリングエンジンを使うブラウザを許さないなど割と非難される事が多い印象のiOSデバイス。
そんなiOSの標準ブラウザSafariですが、サクサク動きますし個人的には結構使いやすいと思います。
SafariはiPhoneの中で最も使われるアプリだと思いますが、それだけに出来が悪いと目立ちます。
しかしそれを感じないですし、Android2.3の標準ブラウザと比べて雲泥の差だと思います。
またメールアプリ(MMSではなく)も非常に使いやすいです。メッセージアプリは使いにくいけど。

あとアプリの操作感ですかね。
画面遷移の際の動きはもちろん、例えば横スライドで削除キーが出るなどサードパーティーアプリでも標準アプリと同様の操作が出来る。
これはAppleが開発環境を整えている事に起因すると思いますが、これはやっぱり2、3年先に始めた事のアドバンテージなんでしょうね。
基本がしっかりしてるなー、と感じます。

電話としての使いやすさもポイント。
iPhoneって電話としてしっかり使えるんですよね。わかりやすいし。
近接センサー関連のレスポンスも良いですし。バグの話もたまに聞くけど。
ISW11SCは電話がちょっと使いにくいです。

そしてカメラ。
単純に画素数で計れないのがカメラなわけですが、200万画素な3GSでも結構綺麗に撮れちゃう。
画像処理エンジンをしっかり作り込んでるんでしょうね。
このあたりのセンスはAppleの最大の強みかと思います。
iPhoneをカメラとしてアピールするだけの事はあります。

で、俺が感じるiPhoneの最大のメリットは、ケースなどアクセサリーの豊富さ。
さすがに世界中で単一機種が売られているだけあって、そのアクセサリーの豊富さは群を抜いています。
ケースだけでも山ほど種類があります。気に入るケースは1つは必ず見つかるんじゃないかと。
3GS用はiPhone4発売後すぐさま姿を消したりもしたけど。
まあ、種類が多過ぎても店側が大変だろうけど。


Androidの不満点

ブラウザが使いにくい(標準や他のブラウザアプリ含め)。
メールアプリ(キャリアメールではなく)が使いにくい。
操作感がイマイチしっくり来ない。
通知バーが微妙に使いにくい。
Wi-Fiの設定が微妙に難しい(個別に静的IPの設定が出来ないなど)。

ただ、これAndroid4.0でかなり解消されちゃう事ばかりなんですよねー。
実際ICS触ってるので言えるのですが。

ブラウザは3.0から3.2に至る間にも進化しましたが、4.0で完全に開花。
普通に使えるし、レンダリング爆速。
さらにQUICK ICS BROWSERなど標準ブラウザを改造したアプリなどがありますし、さらにChromeもあります。
PCのブックマークと同期させる事も可能だし、使い勝手が非常に良くなってます。
ちなみにICONIA TABではQUICK ICS BROWSER愛用。

メールアプリにしても全く別物となっており、普通に使えます。
操作感も、表示系のハードウェア支援をサポートするようになり、別物のように気持ち良く操作出来ます。
通知もよりランチャー的に使えたり、個別に通知を消す事が出来たり、色々変わっています。
Wi-Fi設定も改善されています。

4.0になればほとんどの不満点が消える事はわかっているんですよねー。
だからこその不満点、ってとこですか。

後はプリインが消せれば、とかタッチ感度が良すぎる、とかそんなとこですかね。


・で、結局AndroidとiPhone、どっちが上なのよ?

どっちが良いとかどっちが上とかは、無いです。
一長一短だと思います。

iPhoneは基本的な部分がしっかりしている事と、出来る事が決まっているため、割と入っていきやすい。
自由度を減らす事によるメリットだと思います。

Androidは自由度が高く、カスタマイズする事によってその使い勝手をアップする事が出来ます。
理解して使えば、間違いなくiPhoneより便利。
microSDで容量を増やす事も出来たり、メリットは色々あります。


で、Androidに比べてのiPhoneのメリットや良さを色々挙げる記事や報道を良く見ますが、大抵は間違いです。

「iPhoneは直感的に操作出来る」と良く言われますが、ならスマートフォンに触れたことのない人にポンと何も説明せずに渡してみればいいです。
大抵の人はロクに扱えませんし、何か起こった時に対処出来ません。
例えば「何かアイコンがブルブル震えだした!何これ!」とかなります(体験談)。
マルチタスキングに関しても全くわからないでしょ。ホームボタン2度押しとかアプリ終了とか。
何がどう直感的なのか、未だにわかんないです。マジで。

Androidのアプリが危険という話も良く聞きます。
確かにGoogleの審査なんてほぼ無いですし、電話番号などを抜かれる危険性もあるのですが、iPhoneでもApple IDを聞き出して悪用するアプリの例があります。
どちらを使うにしろ、変な怪しいアプリを入れない。
これが基本なんですよね。PCと一緒。

また、アプリについてもAndroidはかなりこなれてきました。
この1年足らずで一気に使えるアプリが増えた印象です。
iOS、Android両方に提供するアプリもありますし、Androidのみというアプリもある。
「iOSのこのアプリが無いとダメなんだ!」という人でなければ、乗り換えても困らないかなと。

あと「Androidは動作がガクガクする」というのもありますが、これ大抵ホーム画面(ホームアプリ)の印象で、これが重い。
スマートフォンで最も操作する機会が多いのがホーム画面だと思いますが、これが重いから「操作しづらい」と感じる部分かと。
裏で動くアプリをちゃんと止めたり、ウィジェットを貼りすぎないようにすれば改善しますし、そもそもAndroidアプリは非常に軽快に動きます。
ゲームとかやってみれば良くわかります。


結局のところ、使い方に慣れてしまえばどちらも便利。
それぞれに利点と欠点がある。
単純に比べるのは無理だと思います。


・キャリアに求める事

まず端末について。
「(いわゆる)ガラパゴス機能が開発の足かせになってる」的な論調で語る人もいますが(福井の公務員は論外として)、サムスンは発売する地域ごとのニーズに合わせてカスタマイズを施していますし、このGALAXY S2 HDやGALAXY Noteは韓国では韓国版ワンセグを搭載しています。あ、NFCも搭載してますね。
GALAXY Noteは特に顕著で、アメリカ版では物理ホームキーとタッチキーではなく4つのタッチキーにハードを変更していたりしますし、日本版ではワンセグ搭載や7notesのプリイン+IME連携など中身をガッツリカスタマイズしています。

要するにこの論調がいかに間違ってるかって事です。
ワンセグや赤外線、おサイフはあまり関係ないと思うんですよね。
ま、日本のワンセグの仕様が糞なのは確かだと思いつつ。


で、Androidに関してですけど、キャリアはもっと積極的に誤解を解く必要があると思うんですよ。
端末に不満を持つ人の多くがAndroidスマートフォンについて良くわからないまま使っている。
「アプリを入れれば何か出来る」ぐらいの知識しか無い人達が大半ですよ。
そんな人達がバッテリーに不満を持ち、ネットワークに負荷を掛けている。

このあたりの事をもっとキャリアが理解し、使い方を説明していかないと。
本当の意味での使い方を理解すれば、これほど便利なものは無いです。


そして、「サクサク動いてる」と思ってもらうためにも、まずデフォのホームアプリをどうにかしましょう。
ユーザーが1番多く触れるアプリであり、これが端末の印象を左右します。
GALAXYシリーズやHTC端末の評判がいいのは、まずホームが軽快であるというのが大きいだろうからね。
逆にドコモのPaletteUIが端末の評判を落とす原因になってると思うわけです。
auのOceanUIは動作は良いけど安っぽい・・・

使えるホームアプリを1つ用意しておく。
これぐらいの手間は掛けましょうよ。

あと、裏で無駄に動くプリインストールアプリを削除出来るようにする。
入れててもいいから、せめて削除出来るようにしましょうよ。
ROM容量も圧迫するし(アップデートしても初期バージョンは残るため、圧迫する)、何も良い事無いですよ。

--

と、最後は何だかよくわからない方に向かいましたが、iPhoneユーザーが見たAndroidはこんな感じ。
まあこれだけAndroid端末持ってて言うのもアレですけどw
結局のところ、慣れてしまえばどちらも便利で、どちらも長所短所ありますよというお話。
多少でもiPhoneからAndroidに乗り換える手助けになれば幸いです。


あとiPhoneを選ばなかった理由についてはまた書きます。
思いっきりネガキャンになると思いますが。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク