太陽光発電の買取価格が1kWhあたり42円は異常な高さ。2~3倍の電気代を20年間払いたいですか?  このエントリーをはてなブックマークに追加

「票が欲しいか。ならば42円で買い取れ。20年で、だ」 - Togetter
http://togetter.com/li/293538


まあこのTogetterタイトルは極端ですが、太陽光発電の全量買取(FIT)の買取価格を42円とする素案が発表されました。
しかし、どう考えてもこれは高すぎます。
世界と比べてもあり得ないほど高いです。

で、孫正義が先日の国会内の民主党エネルギーPTでこんな発言をしていたようです。


孫社長「電力会社の票が欲しいか」民主議員に訴え
Ustream.tv: ユーザー SoftBankCorp: 民主党エネルギーPT 孫 正義 講演, ソフトバンク株式会社. 会議


なぜか民主党議員に向けた講演を自社Ustに流すというキモいことをやっているわけですが。

この中で「電力会社の票が欲しいか、国民の票が欲しいか」というアホな発言をしています。
「え、票が欲しいからやるの? マニフェスト詐欺の前科持ちの民主党に言うの? そんなので投票率上がるわけないし、国民不在の議論に持って行くつもり?」と思ってしまう内容の発言です。
で、家庭用電気料金の値上げに国民は納得していないと言いますが、全量買取による値上げについても以下の記事を読んでからアンケートしなければいけません。
月数百円では絶対済まない値上げ、納得すると思いますか?

しかも孫正義は電力会社ありきの全量買取法案を全力で進めてきたわけです。
何がどう発送電分離なんでしょうか。そもそも発送電分離では利権は一切無くなりませんし。
というかこの動画とその中で使われてるスライド、ツッコミどころ満載なんですが。

そして、発送電分離と電力自由化で電気代が安くなる!と言いたいようですが、全量買取法案により現在の電力会社の3倍の電気代で20年間売り付ける事が可能。
発送電分離が実現したとしても、20年は送電網に繋がった、送電網経由でしか使えないメガソーラーの電気を42円という超高額で買い取らなくてはなりません。
この価格なら投資を回収するのに10年も掛かりませんし、不当で過剰な大もうけですよ。
しかも太陽光発電では絶対原発の代わりにはなりませんし。

皆さんの電気代に関わる問題ですよ!

全量買取と、これから日本で決まる内容、そして世界とのズレ・違い。
これらをちゃんと知っておくべきです。続きを是非読んでみて下さい。
テレビでは な ぜ か 一切取り上げてくれないですからね。

あとこの内容はNAVERまとめにてまとめました。

孫正義らが喜ぶ、太陽光発電の買取価格42円は高すぎる!その理由 @masason
--

スポンサードリンク


--
では、資料を見ていきましょう。

ドイツにおける太陽光発電に対するフィード・イン・タリフの制度設計,費用と効果
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/ss/sansharonshu/463pdf/02-01.pdf


立命館大学による、ドイツの2010年までのFITに関して。
屋根設置と地面設置で買取価格がまるで違います。
地面設置の方が買取価格が安いのです。
屋根設置分にしても、発電規模ごとに買取価格細かく設定されています。

これが世界標準です。

日本みたいに区分が2つしかない、家庭向けと業務向けなんて簡易な分け方ではありません。
特に「利潤6%」と言うならもっと細かく区分を決めないといけないのですが、一体日本は何の基準を作ってるんでしょうか。

ちなみにドイツでは、農地に設置する場合は買い取りしないと決定しています。
「農地は農地として使用すべきであって、農地への大規模な地面設置は環境上好ましくないという政策的判断」という事。
日本で耕作放棄地が多いのはJAの糞っぷりが問題だからですね。
あとTPPあたりとも関係ありますかねぇ。そういや孫正義はTPP賛成派でしたねぇ。

で、どこかの誰か・・・まあ孫正義ですが、「使われてない農地にボルト止めで設置する電田プロジェクト!」とか「どっかの島を取り返せという前に使われてない土地を使え!」とか言ってた気がするんですけど?
あと福島の使えない農地を、とか言ってますが、線量高くて危険で避難しなきゃダメなんでしょ?
誰が工事するんですかね?

--

そして買取価格も42円とはかけ離れた価格です。
蹴茶さんの記事「蹴茶: 孫さんが触れたくない事実 2009年のFITを引用する理由 [2012.4.26]」から引用させていただきます。

ドイツ

fit_german.png


スペイン(現在、補助金停止中)

fit_son06.png


イタリア

fit_son07.png


以上は「欧州の固定買取制度について(エネ庁)」からの引用です。
現在、1ユーロ=100ユーロセント=約107円ですので、各国とも1メガワット以上の発電所の買い取り額は20円未満という事になります。
これは今年の資料なので最新の資料という事になりますが、この前の年も当然42円なんて高額ではありません。
日本は高すぎます。
風力にしても高過ぎでしょうね。

というか、現在の日本案はスペインの数字ととそっくりですよねぇ・・・
スペインは2年で全量買取制度が破綻しましたけど。
グラフを見てもよくわかるでしょ。

FITに賛成している人でも、40円/kWhの買取は高すぎ、あり得ないと言っています。

太陽光発電の全量買取の買取価格が高すぎる、という全量買取賛成の人の意見 - Togetter

--

また、買取価格は年々下がっていっていますが2009年以降に急落しています。
その理由は簡単で、太陽電池セル・モジュール価格が暴落したことを受け、慌てて買取価格を下げたからです。

fit_son05.png
引用元:Module Pricing | Solarbuzz

なぜ急落したか?
中国が大量生産を始めたからですね。

SolarCellProduction-J.png

綺麗にグラフがリンクしています。

で、ドイツ製パネルよりも安価な中国のパネルがヨーロッパに大量に流入してきたわけですね。
ちなみに日本でも既にその傾向があります。
中国のサンテックパワーがテレビCMやってたりしますからね。

太陽光発電システムの価格によって買取価格を調整するのは当たり前です。
その理由は、前述した立命館の社会論集にもあります。

ドイツの太陽光発電システム価格は,2009年の一年間で25.6%も急速に下落した(BSW 調べ)。BMU(ドイツ環境省)調べでは,2009年に30%~40%も低下した。2010年1月時点のシステム価格は,2860ユーロ/kWp程度である。
システム価格の急速な下落によって,2009年のドイツの年間設置容量は,約3845MW にも達した(Bundesverband Solarwirtschaft e.V.:BSWSolar,2010)これは,2008年のドイツの新規設置容量1500MW の2.5倍にあたる。
 急落した設置コストとEEGの買取価格との差額により,太陽光発電者は過大な利益を得ているとの批判が出ている(BMU,2010a)。さらに,今後のEEG買取費用の負担増加が懸念されている。太陽光発電者は過大な収益を得ているとの判断にたって,ドイツ環境省は2010年7月より,システム価格の大幅な下落に対応して,太陽光発電からの買取価格を追加的に引き下げる臨時逓減率を導入した(2010年2月8 日,DIW Berlin(Deutsches Institut fürWirtschaftsforschung)主任研究員,Dr. Jochen Diekmann氏へのヒアリング。BMU,2010a)


利益が大きすぎてはいけない。ドイツでも批判が出続けています。
だからこそ買取価格を数ヶ月単位で下げているわけです。
そりゃそうでしょ、FITは国民から直接徴収する補助金ですから。

--

さて、民主党エネルギーPTで孫正義が「電力会社は血のにじむ努力をしたことが無い」と言っていますが、

ならメガソーラーについても血のにじむ努力をして下さいよ。

もちろん他のメガソーラー参入企業にも言っています。
42円で買い取らないと成り立たない、なんて甘えが許されるとでも思ってるんですか?
言い値での買取価格が決まり、超高額の電気代を押しつけるわけじゃないですか。

おかしいでしょ?
「ウチならこの価格で設置出来る」「画期的な、低コストで設置する工法が出来た」なんて話が表に出てこないんですから。
「42円じゃないと成り立たない」の根拠は何なんでしょうか?
これは孫正義が言っていますね。

第3回 調達価格等算定委員会 議事録
http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/003_gijiroku.pdf

少なくとも、40 円の20 年で試算したときに、二百数十カ所のうちの二百何カ所は、少なくとも造成コストうんぬんを数えたときに、われわれとしてはかなりこれは難しいなと。

本当であれば 42円、45円と言いたいところですが、これは一方、バランスもありますので、やはり最低でも40円、20年というほどのものがないと、仮に20年が18年になると今度は40円を42円などという掛け算で上げていかなければいけないことになりますが、仮に40円、20年でいった場合でも決して甘くないというのがわれわれの試算結果です。

それ以上はたくさんあればあるほどいいのですが、消費者への負担を考えると口にしづらい。


とっくに口にしてるだろw
そもそも「儲けはいらない」と言っていた人間が「それ以上はたくさんあればあるほどいい」なんて言ってる時点で二枚舌ですね。
そして、造成コストと言っているにもかかわらず、なぜか全ての箇所で採算が取れるわけでは無く、採算が取れる場所があるというのです。
これは一体?
その答えは以下の記事から読み取れます。


高すぎる自然エネルギー買取価格は業界を歪ませる 太陽光42円、風力23.1円・・・ 価格案決定の背後で起きていること WEDGE Infinity(ウェッジ)
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1840?page=1

3月5日、徳島県が公募した3カ所の県所有地におけるメガソーラー事業者が発表された。ソフトバンクと日本アジア系のソーラーウェイ。これは想定内だったが、徳島県の資料のある数字に衝撃が走った。

 それは土地利用料だ。ソフトバンク(SBエナジー)・小松島港赤石地区520円/平方メートル・年、同・徳島空港臨空用地420円/平方メートル・年、ソーラーウェイ・マリンピア沖洲廃棄物最終処分場跡地273円/平方メートル・年となっている。

 中央環境審議会のワーキンググループに筆者は参加していたが、メガソーラーは本来、土地として利用困難な場所を有効利用するという前提で議論されてきた。多くは最終処分場で、それでもポテンシャルは約1100万キロワット程度が見込まれていた。土地代は、国家戦略室のコスト等検証委員会報告書では事業者ヒアリングを基に100円/平方メートル・年、業界団体の太陽光発電協会資料でも150円/平方メートル・年となっていた。それに比べ飛び抜けて高い数字が出てきたのだ。

 つまりメガソーラーで一番儲かるのは地主となる可能性があり、施工業者やソーラーパネルメーカーは徹底的に価格を叩かれる、そんな未来も想像できてしまう。「自然エネルギーで雇用を生もう」その言葉が虚しく響きそうだ。

 土地代520円/平方メートル・年、利用面積 3.5万平方メートル、出力2.8メガワット、発電量327万キロワット時/年とすると、発電単価に占める土地代は5.6円/キロワット時に相当し、メガソーラーの買取価格を40円とすれば実に14%を占めてしまう。ソフトバンクの孫正義社長が全国250箇所程度検討して買取40円でも200箇所が赤字と答弁したが、土地代がその理由かもしれない。


520円/㎡と420円/㎡って・・・
520円/㎡の場合、40円買取だと実に14%が土地代に消えるそうです。
わざわざ土地代の高い場所にメガソーラー建設。
で、これで「採算が取れない」などとほざいている。

これっておかしくない?

わざわざ高額な土地代の場所にメガソーラーを設置する計画を立てておいて、「採算が取れないから買取価格を高くしろ」って・・・頭沸いてますよ。
特にこの徳島県に関しては早々に設置計画を発表してますしね。
しかも2MW程度の規模でしかない。

つまり、高額な買取価格を主張するためにわざわざ高額な土地にメガソーラー設置計画を出した。
これ以外ありませんよね。

さらに、この徳島県のメガソーラーには韓国のハンファの太陽光パネルを採用するそうです。


【日韓経済】韓国のハンファ、ソフトバンクに太陽電池モジュール5.6MW供給[05/03]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1336021985/


この言い訳をするためにわざわざ高い土地代の場所にメガソーラー設置を決めたんでしょうね。

日本ではなく海外の、韓国のパネルを採用するために。

これで、何がどう「再生エネルギー発電で日本の雇用が増える」んでしょうか。
海外に、そして地主に俺達国民のなけなしのお金が吸われていくだけ!
ちなみに造成コストが掛かると強く言っているようですが、造成コストを削れば削るほど雇用・・・いや、短期なので「仕事」ですけど、それが少なくなります。

造成コストが高いという事は、太陽光パネルの「量産効果」はあまり関係ない。
国産パネルは海外産パネルよりもやはり高い、安くすればメーカーは赤字を増大させる事になる。
造成コストを削れば仕事はその分減る。
さらにメガソーラーに使える土地は今バブル状態となりつつあるという話もあります。

さて、この場合誰が努力しないといけないのでしょうか?


繰り返します。

メガソーラーについても血のにじむ努力をして下さいよ。

誰がそんな無駄金垂れ流す無駄メガソーラーを望んでいるのでしょうか?
「造成コスト」とやらで採算が取れないなら、採算が取れる場所でやればいい。
採算が取れる場所が無いなら、根本的にやるべきではない。
誰でもわかりますよ。

しかし、政府に「40円20年でも無理」と言ってロビー活動。
これが政商でなくて何なのでしょうか。
こいつらが儲けるお金は全て俺らが無理矢理徴収される金ですよ?


そして何度も言っていますが、このFITにより最終的に破綻した企業がたくさんいることをお忘れ無く。
ドイツではQ-CELLSが破綻しましたよ。アメリカではソリンドラなどが破綻、ファーストソーラーもじき破綻しますよ。
日本でもいくつも事業譲渡や破綻が生まれますよ。
FITで雇用が増えるどころか悲惨な事になります。
というか既に海外に生産拠点を移してる・これから移そうとしている企業がいるわけで、どうやら雇用は海外で生まれるようですが。

こんなの絶対許されませんよ。
最終的に価格決定するのは枝野らしいですけど、このまま行くとマジでヤバい。
電力会社の票が欲しい奴は、この買取価格を通そうとするはずです。
原発大好き枝野がどんな判断を下すかで、このFITが一体何を守る、何のためのものかが良くわかるでしょう・・・というかその時まで待つとアウトですが。

買取価格についてパブリックコメントを募集するとの事ですので、この記事・ここからリンクした記事をよく読んで、支払う側であるあなたの言葉であなたの意見をぶつけましょう。
パブリックコメントは絶対に無視させない。


※追記
同様の懸念を示す人はたくさんいます。なのになぜ42円???

【日本版コラム】太陽光買取42円は高過ぎる―相次ぐ電池メーカー破綻が示す環境激変 - WSJ日本版 - jp.WSJ.com
http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_432168

池田信夫 blog : 太陽光の買い取り価格42円は不正な利益誘導だ - ライブドアブログ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51786188.html

株式市場は非常識 : 変化をつかめ! : 太陽光の42円買取りは、日本の競争力が失われる愚策
http://blog.livedoor.jp/mkubo1/archives/51335747.html

太陽光発電の強制買い取り価格42円/kWh、20年間保証の異常 : アゴラ - ライブドアブログ
http://agora-web.jp/archives/1451394.html
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 環境・資源・エネルギー
ジャンル : 政治・経済

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク