ソフトバンクショップ店長が客の個人情報を横流し。1000件以上の可能性、警察幹部も被害に  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクショップの元店長が、店長時代の約3年半の間にソフトバンク契約者の個人情報を探偵に売っていた不正競争防止法違反(営業秘密の侵害)の容疑で逮捕されました。

逮捕されたのは、ソフトバンクショップ元店長の横田太佑容疑者(33)と探偵会社「総合調査リサーチ24」の平田一雄容疑者(36歳)。
どうやら1000件以上流出している可能性があるようです。
また警察の暴力団対策本部(通称マル暴)の幹部も被害に遭っており、不正に住民票を取得されたり、暴力団関係者に娘の名前を出されて捜査を中止するよう脅されたという被害が明らかになっています。

とんでもない話です。
ソフトバンクと契約すると、個人情報を横流しされるようです。
--

スポンサードリンク


--
報じられているニュースを集めてみました。

・時事通信

時事ドットコム:ソフトバンク元店長逮捕=警察官らの情報漏えい容疑-探偵にメール送信・愛知県警

時事ドットコム:情報漏えい数百件か=元携帯販売店長、3年半で-愛知県警

時事ドットコム:入店直後から情報漏えいか=元携帯販売店長、探偵に-愛知県警

・産経

個人情報流出、3年以上か 逮捕のソフトバンク代理店元店長 - MSN産経ニュース

「調査会社から探偵業者に2000万円 ソフトバンク情報漏洩」:MSN産経ニュース


・中日
中日新聞:警部の情報漏えい容疑 元携帯販売店長ら逮捕 :社会(CHUNICHI Web)


・朝日
朝日新聞デジタル:捜査幹部家族の情報、2週間で依頼者に 直後に脅迫電話 - 社会

東京新聞:携帯販売元店長 5カ月で150件漏えいか:社会(TOKYO Web)

朝日新聞デジタル:ソフトバンク漏洩3年半で1000件か 逮捕の元店長 - 社会


・毎日

携帯情報漏えい:元店長、07年から 報酬380万円- 毎日jp(毎日新聞)

警官情報不正取得:「協力者」複数存在か- 毎日jp(毎日新聞)


・日経

警察官の個人情報漏洩容疑で2人逮捕  :日本経済新聞


・デイリー

警察幹部の情報取得容疑で逮捕 愛知、ソフトバンク元店長ら/社会/社会総合/デイリースポーツonline


内容をまとめると、


○流出の経緯

・流出の期間は07年5月から10年11月の約3年半の間

・店長に昇格したのは08年7月

・横田容疑者が入店直後から平田容疑者に情報を漏らしていた可能性

・店舗の端末画面に表示させた個人情報を自分の携帯電話に入力し、メールで平田容疑者に送信

・「目立たないよう、1ヶ月当たりの個人情報の照会数を調整していた」と供述

・ショップは店舗の統廃合で10年11月に閉鎖

・平田容疑者から横田容疑者の口座には計45回にわたり計約380万円が振り込まれていた

・当初1件2500円(or 3000円)を提示するも、横田容疑者が発覚を恐れて情報流出を拒否したため、段階的に1件4500円、6000円と引き上げ

・調査会社から平田容疑者の探偵業者には約2000万円が振り込まれていた

・愛知県警がソフトバンクモバイルのサーバーの接続記録を調べた結果、10年7月から11月末までの間だけで、通常業務以外とみられる横田容疑者の照会が約150件あったことが確認

・端末に表示された契約者情報は印刷やメモ書きが禁止されているが、携帯電話を操作する行為は店内で不自然に見えないことから、メールでの流出を図った模様

・他店舗にでも店員を手懐けて同様の犯行が行われている可能性があるとの事(中日新聞6/28朝刊)



○警察幹部の被害状況

・愛知県警が弘道会の取り締まりを強化する中、幹部宅には2010年7月、次女の実名を出した上で捜査中止を求める脅迫電話があった

・指定暴力団山口組弘道会の捜査を担当する愛知県警幹部の個人情報を不正取得

・この愛知県警の捜査幹部の自宅の住所や電話番号、家族構成といった個人情報が、2週間足らずの間に調べ上げられていた

・幹部は、指定暴力団山口組弘道会(本部・名古屋市)や反社会勢力に関する捜査を担当していた

・2009年ごろからは、県警が弘道会と資金的つながりが深いとみる風俗店グループの実態解明や、このグループの実質的経営者が名古屋市内で進めていた住宅建築計画の情報収集に携わっていた

・さらに別の探偵業者には、幹部の住所をもとに戸籍情報を調べるよう依頼があった。依頼は横浜市の探偵業者を経て、東京の司法書士が7月7日、幹部が住む愛知県内の自治体に住民票の写しを申請。翌8日に写しの交付を受けていた。こうした戸籍情報は同13日に依頼者に伝えられていた


といった感じです。

この元店長が悪いのは当然として、疑問に思うのは「なぜそんな簡単に個人情報が取得出来たのか」って事。
いくらバレないように閲覧数を調整していたとはいえ、3年半もの間ずっと流出されていたわけです。
ソフトバンク側がなぜ気付かないのでしょうか?
岡山県外の契約者の情報もガシガシ抜かれていたわけですよ?
そんなチェック体制も無いとは、どういう事なのか。

しかし、良くこれだけ個人情報抜けましたね。auやドコモではこんな事例聞きませんよ。前代未聞。
まあ過去にドコモショップが暴力団関係者に端末の横流しを行っていた事はありましたが、今回はキャリアのシステムからの情報抜き取りですからね。
過去のYahooBB個人情報450万人分流出事件から何ら変わってないって事ですね。
他のショップでも同様の事が行われているかも知れません。

さて、ソフトバンクは横田容疑者を提訴するんでしょうか。出来るんでしょうか。
普通はしますよね? でも、出来るんですかねぇ?
やましい事が無ければ訴えられると思うのですが、はてさて。


そういえば過去には「雛形あきこがiPhone買っていった」とツイートしたアホなソフトバンクショップ店長もいましたね。
類は友を呼ぶ。やっぱりソフトバンクと契約してはいけません。
脅しの材料にされたり、住民票など重要書類を勝手に取得されたりする可能性がありますから。
ストーカー被害に遭ったりもするかも知れません。

警察官や政治家、芸能人の皆様などなども、ソフトバンクと契約すると危険ですよ。
「死にたくなければソフトバンクにするな」はこんなところにも当てはまるのです。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク