内閣官房情報セキュリティセンターが中央官庁にファーストサーバを使っていないか注意喚起  このエントリーをはてなブックマークに追加

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)が、ファーストサーバの全データ消去という不祥事を取り上げて中央官庁に注意喚起しました。


政府機関総合対策促進担当から各府省庁に発出した注意喚起文書について
http://www.nisc.go.jp/active/general/chuuikanki.html


情報漏洩に関してはさすがに触れていませんが、ようやくこの事件を周知する環境が整ってきたという事でしょうかね。
--

スポンサードリンク


--
レンタルサーバ業者におけるデータ消失事象について(注意喚起)
http://www.nisc.go.jp/active/general/pdf/rentalsv_kanki_120702.pdf


この文書では4つの事項で「ホスティング等、約款が用意されており、情報セキュリティに関する事項について利用者による条件選択の余地が限られている情報処理サービス」を利用する際に関しての注意喚起を行っています。


1.
ファーストサーバを利用しているかどうかの確認をする事。特に地方拠点や委託業務で使ってないかチェックする事。

2.
約款上、データのバックアップまでは保証されておらず利用者側の責任となっている場合があるため、ファーストサーバに限らず、クラウドサービスやホスティング等の約款に基づいたサービスを利用している場合は、契約内容や約款、運用手順等を改めて確認する事。
場合によっては適切にバックアップを取る事を検討して欲しい。

3.
今回のファーストサーバの事象では、本番環境とバックアップ環境に対して同時に更新プログラムを適用した結果、本番環境とバックアップ環境のいずれのデータも消失してしまう結果となったと言われている。
なので、自前のサーバーを使っている場合、これと同じような運用をしていないかをチェックする事。

4.
所管する民間企業や関係団体等に対しても、必要に応じ周知する事。


以上の4項目で注意喚起を行っています。
ソフトバンクグループでヤフー子会社のファーストサーバがやらかした事がいかに重大な事故、不祥事であったかが良くわかるかと思います。

本番環境とバックアップ環境に同時にバックアップ当てるバカが他にいる可能性はありますから、官公庁の皆さんは絶対にチェックしておきましょう。
こんな運用してたら世界中から呆れられますからね。
ファーストサーバは素晴らしい反面教師となってくれたようです。キュウべぇの「お手柄だよ、ファーストサーバ」という声が聞こえてきそうです。


しかし、ようやく国からも大問題だと認識されましたね。
というか所管する民間企業に周知してねって事ですが、総務省はソフトバンクに対して注意喚起するんですかね?
孫正義が作った東日本大震災復興支援財団に対しても「ファーストサーバ使ってないか」を周知するんですかね? 残念ながら使ってたため、様々な情報が消えて未だに復旧していませんが。

そろそろ民放もニュースにしなきゃ。ねぇ?
ここまで民放テレビで放映されたのは、テレビ東京のワールドビジネスサテライトで10秒ほどのみ。
しかもデータ消失が起きた6日後などという遅すぎるタイミングです。
経過に関してはわからずとも、起こった事については一般の人でも理解出来ますよ。

大広告主様ソフトバンクへの配慮はいりません。
圧力にも屈せず、ニュースで取り上げましょう。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : ITニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク