ソフトバンクの「プラチナバンド詐欺」を懸念します。  このエントリーをはてなブックマークに追加

7/25から、ソフトバンクによる、ソフトバンク曰く「プラチナバンド」な900MHz帯の運用が開始されます。
これにより「繋がるようになる!」とか思ってる人もいそうですが、そんな簡単じゃないぜー、と俺は思っています。
だってー、5MHz幅しか使えないし? 早速コン柱使ってるし? エリアマップ詐欺とかデフォだし?

という事で、新しい情報を交えつつ、改めて懸念を記すとしましょうか。
--

スポンサードリンク


--
1. 900MHzの電波を掴むとロクに通信出来ない可能性

ソフトバンクのデマ撒き信者まさとくが「7月23日以降のauは、新800MHz帯周波数幅5MHz×2のみで、ソフトバンクの1/3。iPhoneは速度が遅くなる。2GHz帯は互換性なし。1.5GHz帯は東名阪にPDC基地局のみ。LTEの本格展開には多数の基地局ロケーションが必要。auのiPhone販売は苦しいと思う。 」というトンデモツイートをしていましたね。
あまりの残念さとデマっぷりに呆れるばかりなのですが。RTしてる人に説明して回ったけど。

まずauの旧800MHz帯は停波するのは確かなんですけど、新800MHz帯が5MHz×2でソフトバンクの(900MHz帯の帯域幅の)1/3というのは爆笑モノのデマですね。
ソフトバンクが獲得した900MHzは、現在使用している分の移行期間があるため、3年間は上下15MHz幅(15MHz*2)のうち5MHz幅(5MHz*2)しか使えません。


ソフトバンクの900MHz帯、iPhoneなど“一気に”改善と孫氏 - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120301_515940.html

今回、ソフトバンクには900MHz帯の15MHz幅×2が割り当てられた。同社は7月25日より、この900MHz帯を利用した商用サービスをスタートする予定だが、この帯域を利用する既存事業者の移行を待つ必要があり、7月25日のサービス開始当初は5MHz幅×2のみ使える。この5MHz幅利用してHSPA+方式の通信サービスを提供する計画だ。



という事で、800・900MHzに関してはauとソフトバンクは同等なんですよね。
auは割り当てられている上下15MHz幅のうち、5MHz幅をCDMAに割り当ててエリア展開をしています。
そして、残り10MHzをLTEに割り当てて展開しています。auはLTEに関しては1.5GHzと2GHzでも展開しますね。
あ、ついでにいうと1.5GHzで東名阪にPDC基地局があるだけってのもトンデモデマ。とっくに全国に2000以上のLTE基地局を展開・整備してますので。
というかソース見つけたけど2年前の情報とかギャグですか。
さらに2GHz帯は互換性無しというのは何のソースも無いというか意味不明です。

つまりまさとくのデマっぷり炸裂です。全部デマw
こいつソフトバンク株主ですからねー、風説の流布に当たりますね。


まあこんな論外のアホはさておき、ソフトバンクは900MHzでのW-CDMAを5MHz幅でしか展開出来ません
最終的にはLTEでの整備が割当条件なので、3年経ってW-CDMAにさらに帯域幅を割り振る事は無いでしょうからこう言い切っておきましょうか。

で、この5MHz幅でW-CDMAを展開するとどうなるか。

現在、ソフトバンクは2GHzでエリア展開してるわけですが、これがガチで穴だらけなんですよね。
ビルなど建物の中に入ると良く分かるんですが、例えば大阪の北浜でビルの1階に入ると途端に電波が途切れます。
数メートル奥に行くだけで圏外とかデフォなんですよねぇ・・・
そんな状況で900MHzをマトモに吹くとどうなるか。
その電波が弱いもしくは無い場所にいる人達を軒並み拾う事になります。
特に900MHzは「飛びすぎる」周波数なので、1つの基地局でエリアが広がりすぎる。
そうすると、5MHz幅しか無い900MHzですので、パケ詰まりを起こしてロクに通信出来ない可能性があります。

HSPA+での通信開始のはずが、未だに「3Gハイスピード」と言っていたり最大21Mbpsと宣伝をしてなかったりするのは、こういう事情があるからだと思うのですがいかがでしょうか。
要するにソフトバンクもわかってるんですよ、こういう事情をね。
でも理論上の最大速度が上がるんですから、是非宣伝して下さいよ。iPhone4Sの時みたいに。

ソフトバンクが900MHzに関して総務省に提示した条件を守ってない件 @masason #softbank - Togetter
http://togetter.com/li/336756


ま、お察し下さいって感じですかね。
15MHz幅を使う2GHz帯や、10MHz幅だけどユーザーが少ない1.5GHz帯とは意味が違う。
5MHz幅しかない900MHz帯でユーザーを軒並みゴッソリ拾ってしまい、そちらに帯域がゴッソリ移動したら?


ソフトバンクの900MHz帯、iPhoneなど“一気に”改善と孫氏 - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120301_515940.html

会見で孫氏は、「一気に」という言葉を多用した。基地局設備は「一気呵成に展開する」「繋がる場所は一気に増える」「iPhone 4/4Sを既に使っている人は一気に改善する。(iPhoneユーザーが)900MHz帯に一気にバイパスするため、残った2.1GHz帯のユーザーはスカスカな状態。iPhone以外のユーザーにもメリットがある」「一気に急拡大していく」などといった具合だ。


確かに2GHzは多少は空くかも知れませんが、さてどうなるでしょうねぇ。
俺の予測、あくまでも素人の予測では、900MHzはまるで繋がらなく、2GHzでも大して変わらないという状況が起こるんじゃないかなーと思っております。


2.エリア構築が糞で干渉したり穴だらけになる可能性

3年間5MHz幅しか使えない900MHz帯。
これがどういう意味を持つか。

5MHz幅しか使えないという事は、バンド幅を1種類しか扱えないって事です。
つまり、900MHz基地局同士は同じ周波数でしか電波を吹けないので、必ず干渉するという事。
電波が干渉した場合、電波があっても通信出来なかったり圏外になったりといった事が起こります。

で、900MHzは「遠くまで飛びやすいからすぐにエリアが広がる」なんてソフトバンク関係者(というか主に孫正義)がデムパ発言を吹いていますが、それは大間違いで「飛びすぎるから扱いが難しい、飛ばしすぎてはいけない」が正解なんですよね。
だから、2Ghzに比べて高いロケーションから下に向かって吹き下ろす必要がある。特に5MHz幅しかなくて基地局同士が干渉するような条件ならね。


まあそれはさておき、絶対に900MHz基地局同士のカバーエリアを被らせてはいけないという事になります。

これを踏まえると。

複数の基地局を設置して大きくカバーしようとすると、干渉して結局繋がらない。
干渉を避けようとすると、カバーエリアの穴が大きく開いてしまう。
カバーエリアの穴を小さくしようとすると、結局電波は遠くまでは飛ばせない。
干渉しないように完全に離れたロケーションで設置運用すると、全然カバー出来ない。

これが結論です。
ま、結局のところ干渉させないように、かつ穴が空かないようにエリア設計して設置して運用する技術が必要なんですよね。
ですが、残念ながら明らかに電波干渉により圏外スポットが出来ているような報告が過去多数あるんですよね、ソフトバンクって。
ぶっちゃけ、ソフトバンクにこんなエリア構築は出来ないです。

だから、俺の予想では干渉しないように完全に離れたロケーション、飛び飛びに基地局置いて運用すると思います。
・・・もしそうだとすると、結局エリアは広がらない。
そんなオチを俺は想像しています。


ちなみに、ソフトバンク(というか主に孫正義)は記者会見でこんな画像とともにアホな説明をしています。

611x342xd2460b4438ef67d000c45a40.jpg

「プラチナバンドなら、こういう風に基地局を置いた場合真ん中の方まで電波が届きます!」
・・・思い切り干渉しますね。5MHz幅しか使えないんですから。


3.コンクリート柱で展開して結局エリアは広がらない可能性

さて、先ほど「900MHzは高いロケーションから電波を吹く必要がある」と説明しましたね。
まあ2GHzでもある程度高いロケーションが必要だったりするんですけど、900MHzの場合は鉄塔などが非常に有効なわけです。
低い位置から電波を吹いても効率が悪いし。


しかし。
やはりソフトバンクでした。


ぱくぱくブログ » SoftBank基地局建設中=東かがわ入野山局
http://www.paku-net.com/?p=5123

IMG_1370.jpg

IMG_1371.jpg

結局コンクリート柱かい・・・

この高さだと目一杯飛ばしても500m半径ぐらいしかカバー出来ないんじゃないでしょうか。

で、この「PLB基地局」というのはどうも900MHz帯の基地局を指し示すようです。


アトリエキジマ | 足立区 | 設計事務所 | 無線基地局
http://www5e.biglobe.ne.jp/~atelierk/jisseki.htm

PLB基地局新設工事 | 施工実績 | NISSIN / 株式会社日新
http://www.k-nissin.co.jp/results/results4-01.html

泰代 工業 名古屋の小さな町工場: 関西PB PLB猪の鼻局 機器取付柱
http://yasushiro-kougyou.blogzine.jp/blog/2012/02/plb_d301.html

携帯基地局画像集(無料レンタル掲示板 AVI画像掲示板)
http://bbs.avi.jp/bbs_th.php?kid=377536&tid=33683&mode=&br=pc&s=


こんな感じで、最近出て来た用語というのを見てもPLBというのは900MHz案件の模様。プラチナバンド=PLB?
いやー・・・まさかコン柱でやるとは思わなかったですよw
だってあれだけ「基地局建設で雇用増やしました!」とかほざいてたのに。まあこれはそもそも嘘なんですけど、どちらにせよこの工事で「雇用」は増えないでしょうね、絶対に。
確か7/25時点で2200局が運用開始で「垂直立ち上げ」とか言ってましたけど、こんなのが一体いくつあるんでしょうか。


4. 900MHz使っても電波が行き渡らない可能性

孫正義は900MHzの免許交付時点では「電波は一気に改善する!」と言っていました。


ソフトバンクの900MHz帯、iPhoneなど“一気に”改善と孫氏 - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120301_515940.html

会見で孫氏は、「一気に」という言葉を多用した。基地局設備は「一気呵成に展開する」「繋がる場所は一気に増える」「iPhone 4/4Sを既に使っている人は一気に改善する。(iPhoneユーザーが)900MHz帯に一気にバイパスするため、残った2.1GHz帯のユーザーはスカスカな状態。iPhone以外のユーザーにもメリットがある」「一気に急拡大していく」などといった具合だ。


が、いつの間にかトーンダウン。


ソフトバンクモバイル : 当分はコストダウンより機能競争を進める…ソフトバンク孫社長 | RBB TODAY (エンタープライズ、フォトレポートのニュース)
http://www.rbbtoday.com/article/2012/05/30/89850.html

--- 7月25日からのプラチナバンドは、“垂直立ち上げ”から“徐々に”と表現が変わったが、いささかトーンダウンした?

「変わっていない。7月25日から一気に1万とかできるわけではないので、人によってはその日からドコモさんやauさんを超えたと勘違いされると困るので、徐々にと表現した。我々が言う“徐々に”は、他社から比べれば4倍のスピードとなり、垂直立ち上げとなる」


・・・うーん。
この「一気に」が何年掛かる事なんですかねぇ。

ここまで挙げてきた1~3の事情を踏まえると、また今までと同じく基地局数だけの話になって、実際は大して繋がらないという状況になるのが目に見えてるんですよねぇ・・・
5MHz幅しか使えない、電波は干渉する、コン柱。
宝の持ち腐れ感が半端ない。

もし各地で繋がるようになるとしても、3年後とかそんな感じになると予想します。
あくまでも「もし」ですけどね。
今契約しても、「繋がるようになるかなー」と思ってる内に2年契約の更新月になる、なんてオチが見えるのは俺だけでしょうか。


さらに、新聞が記事にしてますね。

ソフトバンク:「プラチナバンド」開始へ 弱点克服で- 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120725k0000m020076000c.html

ソフトバンク、25日から携帯に「プラチナバンド」 拡大展開には時間 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120723/biz12072320070021-n1.htm

プラチナでも不安? ソフトバンク見限った大口顧客  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO43905510Z10C12A7000000/

ソフトバンク“悲願のプラチナバンド” 25日開始、当初は利用区域・機種限定 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/business/news/120724/bsj1207240503000-n1.htm


日経のは若干日経クオリティ炸裂な部分はありますが。
で、ここで見ておきたいのが「サービスを受けられる地域は限られている」とか「サービス区域がごく狭い」とかの文言。
こういう話がようやく出て来たか、という感じ。

あと『孫正義社長が「最初の1週間で数百局」と話すとおり』なんてのもありまして・・・ん?
そんな話1度も聞いた事が無いんだが・・・
やっぱり「垂直立ち上げ」とやらは嘘だったようです。


おまけ. 900MHzのサービスエリアが結局分からない可能性

最後におまけ。ここにも触れておきましょう。

「基地局を飛び飛びに置いていくと予想」「早速コン柱」という事を踏まえると、900MHzのサービスエリアは公開出来ないと思うんですよね。
ドコモの場合は800MHzで構築されたエリアを「FOMAプラスエリア」として、2GHzの「FOMAエリア」とは分けて公開しています(2GHzのみ対応の携帯もあるため?)。
ソフトバンクにこんな真似は出来ません。
まあauの場合も分けて公開してないですけど。auは800MHzでエリアを埋めている部分が多いですし。
それゆえ1つの基地局でユーザーを拾い過ぎたゆえのバリ3圏外」なんて事も起こりましたし、「エリア構築が上手い」と言われるゆえんでもあるわけで、結局のところ800MHzがどうだの2GHzがどうだのといった事を意識させていないわけですが。


で、他社はさておきソフトバンクの場合、900MHz帯のエリアはまるでわからないでしょうね。
「2GHzだけだと繋がらない」と散々噴いてきたソフトバンクなわけですが、ユーザーは900MHzが届いてくるのかどうかを知る事が出来ない。
というか、2GHz帯しか使えないとしても室内で弱すぎるようなエリア構築をしているソフトバンクなので、どこにどれだけの範囲で900MHzの電波が来ているかはユーザーにとっては重要だと思うんですが。


また、ソフトバンクのサービスエリアがわからないと言える根拠は現在のエリアマップを見ればわかります。

sagi_area_4g.gif

sagi_area_3g.gif

これ、7/18現在のTD-LTE(SoftBank4G)と3Gのエリアマップなんですけど、よーく見て下さい。
「3月末現在のエリア」で止まってるんですよ。もう7月なんですけど。
他社は毎月更新してますよ。当たり前じゃないですか。
誰がエリアマップ公開をサボれと言った?

さらにTD-LTEに関しては、サービス開始時(※端末販売開始時を指します)には現在のエリアマップは無く「7月末の予定エリアマップ」しか無かったんですよね。
900MHzに関しても同じ事やると予想しています。


結局、ソフトバンクが強調している「室内に届くようになる」場所はわからないと思っていいですね。
ピンポイント検索も室外での電波状況しかわかりませんし、そもそもあれ詐欺表示が多いんで無意味ですから。

※追記
どうやら「電波改善日報」で地域名だけ書いて誤魔化すようです。
それ、何の意味があんの?
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク