ソフトバンクの2年契約更新月の表示システムがグッチャグチャでサポートも嘘ばっかり  このエントリーをはてなブックマークに追加

発売日に購入したSoftbank X06HT(HTC Desire)の契約更新月とその確認方法について | 情報科学屋さんを目指す人のメモ
http://did2memo.net/2012/05/31/softbank-x06ht-contract-renewal-period/

SoftBankが更新月の誤表示を認めてくれるまでの流れメモ(個別対応してくれる模様) | 情報科学屋さんを目指す人のメモ
http://did2memo.net/2012/07/11/softbank-wrong-contract-renewal-period-indication/


未だに携帯各社がやり続けている「自動更新ありの2年縛り」。
最初にやり始めたのはauだと思うんですが、その後ドコモが追従、そしてソフトバンクは基本プランに2年縛りを付けるという追従以上の糞なやり方をやって、まあ実質各社契約必須みたいな感じになってます。
auが最初やってたフルサポートプランみたく単に最初の2年縛って後は縛り無し、みたいなのなら良いんですが、自動更新というのが著しく契約変更の自由を阻害しているわけで、これが実に気に入らない。
つまり「解約すると違約金を払わなければならないが、ある一定期間のみ違約金が掛からない」っていう仕組み。これが糞。
最近はインターネットのプロバイダー契約でも適用され始めており(これも多分auひかりが最初)、いい加減にしろボケと思うわけで。
この「自動更新」という点について裁判起こしたら勝てるんじゃないの?と思ったりもするわけですが。


で。
この自動更新の違約金が掛からない「更新月」については、各社契約者用のログインページにてアナウンスしています。
ドコモなら「My docomo」、auなら「auお客さまサポート」、ソフトバンクなら「My SoftBank」。
しかし、ソフトバンクの「My SoftBank」にて、この更新月の表記があらゆる部分で間違っていたそうで・・・これ、詐欺やん?
--

スポンサードリンク


--
改めてソフトバンクの糞な更新月について説明しておきます。
これを理解しておかないと、何が問題なのかがわからないのです。

--

まず、ソフトバンクがややこしいのは「締め日」が3種類もある事です。
10日、20日、末日。これが月の区切りとなります。
auやドコモは現在、末日締めで統一されています(以前は15日と末日だったと思う)。

これが更新月にどう影響を及ぼすかというと。
例えば10日締めとすると、2012年7月11日から更新月が始まるわけです。
「2年前の7月に契約したから、7月になれば違約金無しで解約出来るよね!」とか思ってると痛い目に遭うわけです。

以前は、この更新月を「2012年8月から」という悪質な表記しやがってました。少なくとも俺が解約した2012年3月時点ではそうだった。
紹介した記事を見る限り、現在ではここは修正されているみたいですが。


続いて「なぜ他社は更新月が1ヶ月なのに、ソフトバンクは2ヶ月も更新月があるの?」って事です。
残念ながらソフトバンクの親切心ではありません。
これは上で説明した「基本プランの2年縛り化」に大きく関係します。


ソフトバンクの新ホワイトプランが“改悪”にしか見えない理由 - デジタル - 日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100421/1031567/


2010年4月、ソフトバンクはそれまで何の縛りも無かったホワイトプランを2年縛り化(ホワイトプランN)すると発表、4/27以降の新規契約分から変更しました。
これが月月割というシステムと絡んで酷い事に。


現在、ソフトバンクには3種類の縛りが存在します。
1つ目はホワイトプランやパケット定額の2年縛り。これは契約時から有効です。
2つ目は端末代の分割払い。こちらは以前は3ヶ月目から、現在は2ヶ月目から支払いが発生します。
3つ目は月月割。端末代の分割払いと同様に以前は3ヶ月目、現在は2ヶ月目から割引が発生します。

まあ端末代の支払いはあまり縛りとは言えませんけど。
ただ、この分割払いと月月割のスタート時期が大きな問題を生みました。

要するに、2年縛りとのズレ。
2年縛りの更新月に解約すると月月割が消化出来ない。
月月割を全て消化してから解約しようとすると違約金が発生する。
これはiPhone3G・3GSのeverybodyキャンペーンやWi-Fiバリュープランなどでも同様だったのですが、ホワイトプランという基本プランを2年縛り化してしまったために全員が対象になった。
そりゃ批判の嵐でしたよ、当時のTwitter上では。
しかも2年縛り化発表からわずか8日で改悪開始という凶悪さでしたし。


結局、ホワイトプラン2年縛りを開始した後でしたが、批判を受けてソフトバンクは

・5/28以降の契約に関しては、月月割と割賦払いの開始月を2ヶ月目、更新月を25~26ヶ月目の2ヶ月間に変更
・4/27~5/27に2年縛りホワイトプランで契約した人は、更新月を25~27ヶ月目の3ヶ月間に変更


という実にややこしい変更を行ったわけです(http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100513_366718.html)。ユーザー本位じゃないですね。
これが2010年4~5月のお話。

--

さて、ここまで説明しておかないと、最初にご紹介したブログ記事の言いたい事・ソフトバンクのシステムのおかしいところがわからないのです。
では、以上を踏まえた上で「SoftBankが更新月の誤表示を認めてくれるまでの流れメモ(個別対応してくれる模様) | 情報科学屋さんを目指す人のメモ」の内容をまとめます。

・X06HTを発売日の2010年4月27日に購入、これがちょうどホワイトプラン2年縛り開始日
・これにより10日が締め日となり、2年後の2012年4月11日から更新月開始
・4/27に2年縛りホワイトプラン加入なので、更新月は25~27ヶ月目の3ヶ月
・つまり4/11~7/10が更新月である(正解)

・「X06HTを発売日に買った人は7/10が更新月最終日だよ」というツイートを見て慌てて7/9に解約
・7/9に解約した時、ソフトバンクショップ店員に聞くと「明日が更新月最終日」と言われた(正解)

・2012/5/31に更新月をMy SoftBankで確認した時は5月11日からの3ヶ月間になっていた(間違い)
・2012/7/9に更新月をMy SoftBankで確認した時は4月11日からの3ヶ月間になっていた(正解)

157サポセンのオペレーター
・「そもそも更新月は2ヶ月のはずで、そもそも3ヶ月間と表示されているのは変」(間違い)
・「4月11日から6月10日までの2ヶ月間だと思われる、実際7月9日に解約解除料を支払いなしに解約出来たのなら明らかにおかしい」(間違い)
・「ホワイトプランNが5月11日から適用されているので、5月11日から7月10日が正解のようです」(間違い)

確認後サポセン
・「更新月が間違っているという問い合わせが他にも複数確認出来ている」(情報が上がってない)
・「データが間違っていたので修正していた」(隠蔽)
・「ホワイトプランNと表示されているけれど、実は旧ホワイトプランです」(意味不明)
・「旧ホワイト2年契約を4月27日から行っていて、これが更新月3ヶ月間(4月11日から3ヶ月間=7月11日まで)だった」(意味不明)
・「さらに、5月11日から新ホワイトプランにもなっていて…契約の表示が二重になっている」(意味不明)


・・・どこからツッコめと?

まとめたけど酷い部分が膨大すぎてまとめきれない。
とりあえず解説しますけど。

「4/11~7/10が更新月」というのが正解です。これは揺るぎません。

では、まずMy SoftBankのおかしさについて。
5/31時点でのMy SoftBankの更新月の表示が間違っている。この時点で論外。どんだけ杜撰なんだよ。
しかも告知も謝罪もありません
いつから間違ってたんだよ。かなり長い間間違ってただろ。何で告知も謝罪も無いんだボケ。東電以下やんけ潰れろ即潰れろ。

次に、157サポセンの糞さ加減。
更新月を2ヶ月と決めつけ。
更新月が間違っているという問い合わせが多数来てるのに、その情報が来ていない。マニュアルが無い。
相変わらず役に立ちません。もう無駄だから無くせよ。仙台のコールセンターの人もかわいそうだよね。
で、「苦情は国民生活センターへ」って言えば?

そしてソフトバンクのシステムがグッチャグチャのゴミ以下な事。
「ホワイトプランNと表示されているけれど、実は旧ホワイトプラン」
「旧ホワイト2年契約を4月27日から行っていて、これが更新月3ヶ月間」
「5月11日から新ホワイトプランにもなっていて契約の表示が二重になっている」

・・・これ、多分本当の事なんでしょうね。
まあここで言っている「旧ホワイトプラン」とは「2010/4/27~5/27に契約した人のホワイトプラン」って事なんでしょうね。
多分これが「ホワイトプラン」という表記になってるんだろうなと。
そして、なぜか「5月11日からホワイトプランNになっていて契約が二重」と。
一体どういう仕組みになってるんだこれ・・・システム内が混沌としてるぞ。

・・・もしかしてこうやって契約数水増ししてたりして。さすがに無いかw
でも、こんなカスなシステムならそりゃ誤請求とか日常茶飯事でしょうね。


情報革命。孫正義( @masason )に苦情を言ったソフトバンクお客様がブロックされるまでの流れ
http://togetter.com/li/303344


こんな風に「なぜか基本プランが変更されててとんでもない金額の通話料が請求されて引き落としされてた」なんてのは、ソフトバンクなら当たり前なんでしょうね。
やっぱりソフトバンクと契約すると痛い目に遭うって事ですね。絶対に契約してはいけません。
というか、今回のようなパターンで違約金を請求されるハメになる人もいると思うんですけど、やっぱり一旦払わされるんですかね。
だとすると本気でふざけてます。

あと、やっぱりこの「自動更新2年縛り」って糞ですよね。
そろそろ規制してくんねーかな。

--

追伸

あとこれは関係ないですが、ソフトバンクは未だにIE6でのサイト閲覧を推奨しているそうです。
これ、情報革命?

当社ウェブサイトについて | SoftBank
http://mb.softbank.jp/mb/aboutwebsite/
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク