スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5の電池の減りは、au版よりソフトバンク版の方が激しい?  このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneがLTE通信対応になったことで、心配されるのが電池の消耗具合。
auはKDDI田中社長が「電池の消耗を抑える仕組みを導入している」「KDDI版は緊急地震速報で電池を消耗しないので、緊急地震速報のトグルの下にある『電池が消耗する』という説明を消してもらった」などと、この点を強くアピールしていました。
ソフトバンクは一切触れず。iPhone4Sよりスペック上は長く利用出来るはずなのに、機能的な話は一切無し。

そこで、Twitter上での声を拾ってみると、どうやらau版よりソフトバンク版の方が電池の消耗が激しい傾向が見えて来ました。
もちろん、環境や利用方法で変わる、という前提のもとでご覧下さい。

※追記
本田雅一氏より「この問題はすでに解消されてるよ」と言われましたが、ソフトバンクが決算発表で説明した資料がまるで信用出来なかったり、ITmediaに掲載された10/22に検証した内容だとauの方がやはり結果が良かったり一応ソフトバンクも消耗がゆるやかになってそうだったりはするのだけど、信用出来そうな再検証が来るまでは訂正しようが無いです。
この辺もまとめ中なので、記事アップしたらそちらもお読みください。
--

スポンサードリンク


--
さて、auがiPhoneに力を入れ、iPhoneの良さを引き出そうとしているのは各インタビューやホームページを見ればわかります。
という事で、バッテリー消費について言及している記事やページをご紹介。

石川 温の「スマホ業界新聞」 Vol.001:石川 温の「スマホ業界新聞」 - ニコニコチャンネル:社会・言論
http://ch.nicovideo.jp/article/ar6642

ーーLTEというと、NTTドコモのLTEを見る限り、バッテリーの消耗がとても速い印象です。KDDIのLTEも同様なのでしょうか。

「LTEには通信中も賢くバッテリーをセーブする技術が入っています。通信中も賢く寝る機能が入っており、バッテリーをセーブできます。

 待ち受けにおいても、基本的には性能向上しており、例えばいままでは1XとEV-DOを両方見ていましたが、LTEに一本化されることで効率化が図れます。実際、iPhone5ではLTE通信時間が8時間とiPhone4Sの3G通信の6時間から増えています。3Gでの音声通話時間は8時間と変わりませんが、LTEの通信時間が延びています。通話時間が変わらないということはバッテリー自体の大きさは変わっていないにも関わらず、通信部分においてはうまく眠る仕組みがあるので、時間が延びているようです。また、アップルはプロセッサーも含めてチューニングしているから(通信時間が延びる)という言い方もしてますね」 


ーードコモのLTEを見ると、XIやFOMAハイスピード、3Gなどを異なる通信規格を頻繁に行き来して安定していないからバッテリーが消耗しているようにも見えます。その心配はないのですか。

「ああいった状態をピンポン状態というのですが、あの問題は端末側がLTEをつかみたいけどつかめない状態の時に起こります。端末は定期的にLTEを探しにいくので、バッテリー寿命に影響します。KDDIのLTEでは、端末にEV-DOのネットワークから『ここにLTEネットワークがあるよ』と教えて、端末にLTEネットワークを探させます。LTEのエリアでなければ、LTEを探させないように指示します。常時、LTEを探しにいくような余計な動きをしないので、バッテリーを無駄に消耗することがありません」


ーーそのあたりはドコモのLTEとは違うのですね。

「他社の詳細はわかりませんが、やはり干渉に苦しんでいる可能性はあります。電波の強度において、どの閾値に下がったら3Gをつかみに行きなさいと言う設定に苦労しているかも知れません。フィーチャーフォンなら、素晴らしいものを作れた可能性はありますが、やはりスマートフォンとなると、勝手にアプリが動き出すことがあり、バッテリー消耗につながることもあります」



石野純也のMobile Eye 特別編:料金最強、ネットワーク最強、端末の機能も数カ月先行――KDDI田中社長らが語る「iPhone 5」と「LTE」 (2/2) - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1209/21/news114.html

 KDDIのネットワークは、iPhone 5のバッテリーの持ちにも差が出るというのが同社の主張だ。「iPhone 4Sの時は電池の持ちが3Gで4割ぐらい違った。緊急地震速報をオンにしていると、2倍弱違う」(田中氏)といい、LTEではiPhone 5に合わせて通信が終わるとすぐに電波を切断するアイドリングストップのような仕組みを導入した。バッテリーの持ちが悪いと思われがちなLTEだが、むしろ、通話と通信両方の電波を見なければいけないCDMAよりもバッテリーの持ちはよくなる可能性もあるという。


iPhone 5に関するよくあるお問い合わせ | auお客さまサポート
http://cs.kddi.com/support/iphone/faq2.html

Q : バッテリーが切れることが不安ですが、大丈夫ですか?
A : auのiPhoneでは、最新のCSフォールバック方式により、バッテリー消費効率が向上しています。
また、auのiPhone 5では有事の際の緊急速報においても、auのiPhoneは待機電力を抑えており、常時オンにしてもバッテリーを気にせずにご利用いただけます。


キーパーソンインタビュー 「お客に選んでもらえるように」KDDI田中氏のiPhoneへの思い - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/interview/20120926_562426.html

 KDDIは6月、NTTドコモやソフトバンクなどのユーザーも含め、スマートフォン利用者に購入時に重視するポイントを調査、3000サンプルの回答を集計した。この調査では、44.7%の利用者がバッテリーの持ちを気にしていることがわかったという。以下、エリアや通信速度が23.2%、タッチパネルの反応が18.5%、必要な機能の搭載が16.9%、毎月の通信料が16.4%と続く。

 田中氏は「電池の持ちをよくするためにはどうするべきか。iPhoneの発売日にはネットワークを“チューンした”と話したが、ネットワークには気合いを入れて相当手を入れた。僕らはきっと電池の持ちはよくなると思っていたが、発売後、実際にどうなったのか調べさせた」と語った。

 アップルは発表会において、「iPhone 4S」よりも薄く、軽くなり、さらにバッテリーも持つことをアピールした。発表では、3GやLTEの通信時間が8時間、連続待受時間が225時間とされた。

 田中氏の説明によると、iPhoneがネットワークに接続する際に、余計なサーチをさせず電波を捕まえられるよう、ネットワークをiPhoneに最適化したという。これによりLTE網に接続されている場合の連続待受時間は、約260時間になったという。

 KDDIでは自社調べながら、同じ環境においてソフトバンクモバイルのLTE網では連続待受時間は160時間だったとした。さらに、測定から約70時間後のバッテリー残量はauが82%に対して、ソフトバンクは68%だったという。田中氏はネットワークに最適化した効果が出ていることをアピールし、「この結果が、僕らが頑張ってチューニングしたということ。やってきたことがうまくいった」と語った。

 このほか、緊急地震速報についてもau版は消費電力が変わらないとする。実際、設定メニューの「通知」設定で緊急地震速報の項目を見ると、au版に記載はないがソフトバンク版には、緊急速報を設定するとバッテリーの持ちが悪くなる場合があると記載されている。

 田中氏は、「こうしたバッテリーの部分はしっかり伝えていきたい。(測定について)えぐいことはしていないし事実。なかなか信じられないかもしれないが、これだけ差がある。マジで自慢したいと思う」と話した。

 auはテザリング機能についても、Webサイトなどの閲覧中、通信が発生しないタイミングでは電波をアイドル状態にすることで通信を効率化し、省エネ運用できる仕組みを設けた。関西出身の田中氏は「テザリングについても結構いけまっせとアピールしたい」と話す。


au版「iPhone 5」で真に注目してほしいポイント--KDDI田中社長が熱弁 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/news/business/35022296/

また、au版では「eCSFB」技術を導入することで、待受時の消費電力の削減に成功。音声通話においても発信から着信までの時間が約4秒と、一般的なLTEと比べて約半分になった。そのため、緊急地震速報や緊急速報メール(災害、避難情報、津波警報)なども待機電力を消費せず、受信の時間も短縮できるという。


とにかくauはソフトバンクとの差として「バッテリーの消耗が少ない」という事をガンガン推しています。
よっぽどの自信があるのでしょうね。また、これは「ソフトバンクだと電池の消耗が大きい」という事の裏返しでもあります。
4Sの時でも差がありましたからねー。

ソフトバンクは電波が2GHzだけというハンデもあり・・・ん?

ソフトバンクのLTEってその2GHzを使ってますよね?

という事で、そんなこんなを踏まえて拾ったツイートを見ていきましょう。


念を押しておきますが、LTEの電波の届き具合・LTEを掴んでいるかどうか・通信やアプリの利用状況などで電池の保ちは変わってきます。
それらを考慮したものかどうかは確定出来ない、という点を事前にご了承下さい。
また、こんなサイトなので「どうせソフトバンクの悪いとこばっか、auの良いところばっか集めてんだろ?」とか言われそうですが、俺そこまで腐ってないんで。
そう思ったなら、あなたも調べてまとめればいいです。

で、ここに掲載するツイートは一部で、他のツイートも含めた物はTogetterでまとめてあります。

iPhone5、ソフトバンクとauで電池の消耗に大きな差がある。#softbank #au #kddi - Togetter
http://togetter.com/li/378049

こちらもご覧下さい。

--

まずソフトバンク版。




※これまでここに掲載していた@matsuyouさんはauだったようです。失礼しました

多分この方々は購入前もiPhoneユーザーですね。
で、4から機種変した人が「新しいiPhoneがすぐ電池減る」と言っています。
4なので、まず1年以上使っていると思っていいと思います。
つまりバッテリーがへたってる状態の4と比べて「電池が減る」と感じている。これ重要。

で、原因はやっぱりLTEっぽい。


これ、LTEの電波探し回って消耗してる可能性が高いですよね。
元々電波の弱いところで探し回って消耗しがちだったiPhoneが、3Gに加えLTEも探し回りますからね。
iPhone自体はLTEによる通信での電池消耗は小さそうなんですが・・・

後は緊急地震速報も関係してそうですが、これではわかりませんね。
というか緊急地震速報をオフにすること提案されてますが・・・震災のことを忘れましたか?
・・・いや、電池を消耗する仕組みをテキトーに作ったソフトバンクが悪いんですね。そうですね。

この他にも電池消耗が激しいという人が多数おりまして、Togetterでまとめております。
電池が保つって人? まあいるにはいますが。


--

続いて、au。





auはバッテリーの減りで困っている人をあまり見かけないんですよねぇ・・・
で、LTE掴んでいない人はもちろん、LTEを掴んでいても大丈夫そうな雰囲気。
あとLTEと3Gを行ったり来たりの状態で、お昼に67%というのは・・・それまでにどれくらい使っているかはわかりませんので参考までに。

と、こういう意見が多数を占める一方で、消耗するという意見もアリ。

このdisneycruise200さんは孫正義嫌いな人。こういう人が「auだけど電池の減り大きい」と言っているので信用出来るのではないかと。
まあこう言いつつも、全般的に電池の保ちは好評のようです。

他の意見はTogetterにてどうぞ。

--

という事で、サンプル数が少ないながらも、ソフトバンク版は電池の消耗が激しく、auは電池の消耗が抑えられているという傾向が見て取れます。
これだけで結論を出すのは早急かも知れませんが、auの主張通りという事を考えるとかなり可能性は高いと思います。
こういうところでキャリアの技術力・情熱に大きな差が見られると思うのは俺だけ?

電池が保つという事は、長い時間使えるということ。
緊急時に電池切れ・・・なんて事になる可能性があるのはどちらでしょうか。
こういった事も考慮に入れてキャリア選びをする必要があると思います。

・・・そういえば孫正義はiPhone5のバッテリーについて全く触れていませんね。
「薄い! 軽い! 早い!」でしたっけ? それで? ランドマークの座標がズレた使い物にならないマップもなぜか感動するそうですし。
本当に売る気があるのでしょうか。皆さんも良く考えましょうね。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : iPhone5
ジャンル : 携帯電話・PHS

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。