ソフトバンク改悪解説その3。  このエントリーをはてなブックマークに追加

はい、2011年に起こった改悪についてまとめたいと思います。

早速改悪があったからね。
--

スポンサードリンク


--
・フォトビジョンの月額料金が490円→690円

http://mb.softbank.jp/mb/PhotoVision/price_plan/
フォトビジョンバリュープラン、だそうですよ?
フォトビジョン、通称『ゴミ』の新製品003HWが出るにあたって、専用のプランが出来たようです。

月額690円で2年縛り確定。
他社からのメール受信が無料になるそうです。

が、今までは月額980円、2年縛りにすれば月額490円。
そしてオプションとして、300円プラスで他社からのメール受信が無料に出来るように追加出来ました。
つまり選択の余地があったわけですが、今後は一切ありません。

というのも「HW001Sをご購入のお客さまは、フォトビジョンライトプランをご利用ください」とあるので、003HWでは今までのプランは選べないのです。
あ、これを「ソフトバンク話法」と言います。
「出来ません」とは書かずに、恐ろしく遠回しな言い方でぼかす。
これ、ソフトバンクの基本中の基本なのでよく覚えておいてくださいね。


ということで、1/13からはゴミ抱き合わせで月額690円です。
2年間トータルで16560円。もちろん途中で解約すれば違約金9800円です。
あと「フォトビジョン用あんしん保証パック」というものも存在します(月315円)。
今のところ強制加入は聞いた事ありませんが、注意は必要です。


・コンテンツ学割クラブの廃止

http://mg.mb.softbank.jp/special/students/detail02.html

ホワイト学割に加入した携帯なら、着うたなどのコンテンツが情報量無料というサービス。
情報料無料のコンテンツを紹介する、というサービスのようです。ご指摘ありがとうございました。

しかし、2011年3月末で終了するそうです。
パケットし放題フラットを作ってからデータARPU(ユーザー当たりの通信料)を無理に上げる必要がなくなったため、こういったパケット代を使わせるサービスを終わらせていってる感がありますね。


・ソフトバンクWi-Fiスポットの接続機器制限

「ソフトバンクWi-Fiスポット」サービス向上のお知らせ
http://mb.softbank.jp/mb/information/details/110218.html

このたびサービス向上の一環として、「ソフトバンクWi-Fiスポット」サービスにて接続可能な通信機器の見直しを実施いたしました。
これにより、不特定多数の通信機器からの接続によるセキュリティリスクを軽減すると共に、より快適なWi-Fi通信環境を確保いたします。

■接続可能通信機器
iPhone/iPad
SoftBank スマートフォン(Xシリーズを含む)
SoftBank 3G(ケータイWi-Fi対応機種)
ディズニー・モバイル スマートフォン


すごいですね、これで向上とか言ってしまえるって。気でも狂ってるんじゃないでしょうか。

ソフトバンクWi-Fiスポットの多くはfonのルーターとネットワークを利用しています。
どこでfonが使われているかという考察は、こちらのブログ記事をどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/gmen7388/archives/51822469.html

ま、ぶっちゃけホテルとマクドナルド以外はほぼfonですね。
ココイチとかイエローハットとかもfonでしょう。

で、fonはルータを自宅などに設置してAPを公開すれば、他の人のfonルータからインターネットに繋ぐ事が出来ます。
これはソフトバンクWi-Fiスポットで使われているfonも例外ではなく、ソフトバンクと回線契約しなくても普通にfonのルーターを購入して設置・AP公開すれば、無料でWi-Fiを利用出来ます。

が、今後は「ソフトバンクが販売する端末以外ではアクセス出来なくなる」とのことで、現在SSIDに「fon」と出ているのにfonアカウントで接続出来ないソフトバンクWi-Fiスポットが増えています。
「端末の種類」ではなく「ソフトバンクの回線に割り振られているfonプロファイル」で判断してアクセス制限しているようです。
Wi-Fiスポットのサービスに加入するとfonに登録(Linus会員)したことになりますし、配布されてるfonルータでの登録はメールアドレスがアカウントになる特別な物ですし。
つまり、この文面自体が嘘という事になりますね。

はぁ。また嘘ですか。


・新規事務手数料が2835円から3150円に値上げ

各種事務手数料の設定について
http://mb.softbank.jp/mb/information/details/110805.html

まさかこのご時世に値上げとか・・・ビックリしました。
むしろ手続きは署名含めて全部ネットワーク利用して処理されている、つまり簡略化されているから上がるはずないんですよ。
でも言い訳は「新たな法律の施行、ご好評のスマートフォンをはじめとする端末の多彩化や料金の多様化によるご契約時の説明事項の増加に伴い」だそうですよ?

・・・あれ、ソフトバンクの端末って多彩化してたっけ?
料金の多様化は全部ソフトバンクの都合ですよね?
SIMカード多様化もソフトバンクの都合ですよね?
契約時の説明事項増えるだけでそんなに金取るんですか? このお金が代理店に行くわけでもないのに?
フィルタリングの提供義務の分をユーザーに押し付けるんですか?

理由が意味不明過ぎて頭抱えます。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク