700MHzは返上しなさい。ソフトバンクとイーモバイル様。  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクとイーモバイルが経営統合だそうですね。

で、孫正義いわく、イーモバイルに割り当てられた700MHzは返上する気は無いそうです。
はい、ふざけんなボケ。

返上してくださいね。いや、


返上しなさい。
--

スポンサードリンク


--
900MHzと700MHzの割当の流れをおさらいしておきます。

※当初、「10MHz幅3社だと国際互換が取れない」と書いておりましたが間違いであるとの情報があるので、消して書き直しております。
デマの可能性があるのでご注意下さい。
並びに、もし上の情報が間違いであれば申し訳ないです。



900MHzの割当は1社

900MHzは当面上下5MHz幅、RFID立ち退きで最終的に15MHz幅

ソフトバンクが「割り当てられてる1MHz幅あたりの契約者数を基準に入れろ」とわけのわからない指標をねじ込む

これが決め手でソフトバンク割り当て決定

残り3社で700MHz争奪、上下30MHzのうち「15MHz幅で2社(当初予定)」「10MHz幅で3社」のどちらかで割り当て

900MHz獲ったソフトバンクは割り当て優先度下げると総務省方針

結局「10MHz幅で3社」方針に決定

無審査でドコモauイーモバに割り当て決定


という感じ。
こういった経緯でようやく700/900MHzが4社全てに割り当てられたわけですが、この時の総務省の割り当て方針を無視して両取りしようなんてとんでもない話です。
最初からイーモバイルを狙ってたのはミエミエですね。
1.7GHzだけなら別に問題はないと思っていますが。

700MHzを返上して改めてドコモ・KDDIに15MHz幅を振れば、ヨーロッパなどでGSMからLTEに転用される予定の900MHz帯がソフトバンク、アメリカで割り当てられている周波数と被る700MHzがドコモとKDDI。
各社15MHz幅、公 平 に 振り分けられます。


国民の共有財産と言うなら、即時返上して下さい。

いや、返上しなさい。

でないと、また国際的な競争力が落ちることになりますよ?

日本全体のことを考えるなら、即時返上。これ以外ありません。

総務省の割り当て方針を完全に無視しているのを考えても、返上が当然。
この買収により、ソフトバンクの持つ周波数幅は700MHzが10*2MHz幅・900MHzが15*2MHz幅・1.5GHzが10*2MHz幅・1.7GHzが15*2MHz幅・2GHzが20*2MHz幅・2.5GHz(ウィルコム)が30MHz幅で計170MHz幅。
同じように算出すると、ドコモが160MHz幅、auが140MHz幅(UQ含む)なので、ソフトバンクは1MHz幅あたりのユーザー数が最も少ないキャリアとなります。
700MHz、2.5GHzを除いた場合だとドコモは合計140MHz幅、KDDIは合計90MHz幅、SB+EMは合計120MHz幅。(以上、@akoustam氏のツイート引用)

こうなると歪み過ぎですね。上のような900MHzの選定基準を出したのはソフトバンクのはずですが。
むしろ900MHzを返上すべきですかね、こうなると。

まあそれはさておき、700MHz返上すればこれが多少是正されるのですがね。
バランスを取るならやはりドコモとKDDIに15MHz幅を割り当てるのが妥当かと。
という事で、ドコモとKDDIは徹底的に戦うべきです。
あと総務省仕事しろ。というかズブズブでやってんじゃねーよ。


以上。


・・・というかさー、イーモバ・ウィルコム・ソフトバンクと全てのエリア合わせても全く圏外は減らないって知ってた?
LTEえるてぃーいーって言ってるけど、結局はユーザー無視って事が良くわかりましたとさ。
あと、イーモバユーザーにデメリットしかなくて笑うしか無いね、今回の統合話。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク