iPhone5のLTE時の電池消耗が改善したって? 嘘つくなソフトバンク。  このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログでは「iPhone5の電池の減りは、au版よりソフトバンク版の方が激しい?」「ソフトバンクTD-LTE機とauのLTE機、待受時間の違いは非常に大きい。」といった記事で、ソフトバンクのスマートフォンの電池の保ちの悪さを指摘してきました。

と、10/31のソフトバンクの決算発表会にて孫正義が「auより電池が長持ち」と言い出しました。
しかし色々と不明瞭で怪しい点が多く、しかもソフトバンクなので何の信頼性もありません。
という事で、ソフトバンクの出した資料へのツッコミと、現状のまとめです。

※追記
J-CASTによる検証で、やはりソフトバンクと孫正義の嘘が確定しました。
--

スポンサードリンク


--
iPhone 5同士でバッテリー消費対決をしてみた - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/minna/20121012_564988.html

au 版 iPhone 5、バッテリー持ちでソフトバンク版を“圧倒” -- Apple 公表値をも上回る - インターネットコム
http://japan.internet.com/allnet/20121015/4.html


こちらの記事は10/19より前に行われた検証ですね。
こちらではKDDI田中社長の言う通り、明らかに待受時間に違いが見られ、au版の方がかなり長くなっています。


さて、こういった「auはネットワーク側で最適化しているから電池が長持ち!」というアピールに対応してか、ソフトバンクは10/19以降LTE待受時のパケット通信の接続状態を最適化したそうです。
で、その検証結果と称して、10/31の決算説明会でグラフを提示しました。


資料PDF
http://webcast.softbank.co.jp/ja/results/20121031/pdf/2013q2.pdf

nazograph01.gif

そしてこの結果を受けて「今やソフトバンクの方が電池が長持ち」と孫正義、資料。

でも、ちょっと待てと。
どこの誰による検証なのか、がまるで示されていません。ソフトバンクが検証したとすら書かれていませんし、言及もしていません。
しかも測定条件が「緊急地震速報をONにした状態で、両キャリアの電界強度が同程度のLTE環境(都内)で測定」としか書かれておらず、iPhoneの使用状態やインストールしたアプリ、バックグラウンド通信などの設定、測定方法、何時間ごとに確認したか、などなど一切書かれていません。

これで何を信用しろと?
グラフの数字や棒の長さなどを勝手に変えて印象操作するソフトバンクをどう信用しろと?
PDFを見てもらえばわかりますが、原点が0でなかったり無茶苦茶なグラフばかりです。
全部修正してやりたいね、さすがに面倒だけど・・・

という事で、このグラフにも当然ツッコミどころがあります。

nazograph02.gif

画像内に記載しましたが、まず「最初、auはしばらく100%で推移してるのにソフトバンクはいきなり100%を切る」事。
フル充電していれば、いきなり100%を切るなんて事象はまずありません。おかしいです。

続いて「165時間あたりで同時にガクッと急激に残量が下がる」事。
一体何が起これば両方が突然同時に残量が下がるなんて事が起こるのでしょうか。
これもハッキリ言ってあり得ない挙動です。同時て。
しかも200時間以上測定して1回だけなので、一定周期で起こる事でもないようですし。


ちゃんと計っていれば、こんなおかしな挙動のグラフにはなりません。

絶対になりません!

捏造したグラフであるとしか言えませんよ。
誰がどんな条件で計測したのかもわからない、平等な条件下なのかもわからない。
あり得ないグラフの動き。

嘘ついてんじゃねぇよ糞ハゲ糞会社!

しかも「誤解」とか言ってるし。
10/19に改善したのなら「誤解」ではなく「事実」ですからね。
なぜ誤解でもないことを誤解と言われ、こっちの責任にされないといけないのでしょうか。


さらに言っておくと、緊急地震速報をオンにしていると条件に書かれていますが、LTE下だとETWSというLTEの標準仕様による緊急速報システムが採用されるはずです。

第544回:ETWS とは - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20111213_498122.html


ドコモやauはこれ。もちろん電池は消耗しないシステムです。
ETWSを利用すれば、ソフトバンクの3G回線下での緊急地震速報と違い、電池の消耗は無いはずです。
そういった事にも言及していないというのも信用度を下げる点の1つです。
というか、そもそもソフトバンクはLTE接続時には緊急地震速報は届きませんけどね。

・・・もしかしてLTE下でも電池消耗したりするんですか? ソフトバンクの場合。
言及が無いならそういう事にしておきますけど。

--

さらに、これだけではありません。
10/19以降に電池の消耗具合を計測した記事があるんです。

「iPhone 5」徹底レビュー:au版とソフトバンク版「iPhone 5」のバッテリー性能を比較する (1/3) - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1210/26/news134.html


ソフトバンク子会社のITmediaではありますが、条件をハッキリと記載して計測しています。
これで待受時の電池消耗を見ていくと、ソフトバンク版は消耗がau版とほぼ同等という感じに見えます。
しかし、夜中に突然ソフトバンク版だけがガクッと急激に電池残量を下げています。
ソフトバンク版の挙動がかなり謎ですが、結果、全体で見るとソフトバンク版の方がやはり大幅に短い結果となっています。


さらにさらに、J-CASTによる検証記事。

iPhone 5の電池、SBとKDDIどっちが長持ち? 編集部で実験中、現状では… : J-CASTモノウォッチ
http://www.j-cast.com/mono/2012/11/20154736.html

iPhone 5電池対決「やはり」KDDIに軍配 SBの「都市伝説批判」覆す (1/2) : J-CASTモノウォッチ
http://www.j-cast.com/mono/2012/11/26155293.html


11/14から検証を開始。

計測条件は

・場所は東京・千代田区のジェイ・キャスト社内
・電波は両社ともにLTE圏内、アンテナは常時1~2本立つ
・ほぼ新品で、GPS、Wi-Fi、Bluetoothなどの機能はいずれもオフにし、緊急地震速報はオン
・バッテリー残量を確認する際以外は一切操作を行わず、待受状態のままにして2台並べて置いている

です。確定ですね。

やはりソフトバンクと孫正義は嘘つきです。

--

と言いつつ、電池の保ちが良くなったという声もあるようなので実際どうかわかりませんが、結局は信頼出来る再検証報告を待つしか無いのが現状ですね。
せめてあんなグラフで「auより長持ち」とかほざいてなければまだ信用してたかも知れないのですが、あれじゃ無理です。
グラフ詐欺は大得意、ソフトバンクの十八番ですからね。
だいたい、あれが本当だとしても差は数時間レベルの話であり、これぞ誤差の範囲ですし。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : iPhone5
ジャンル : 携帯電話・PHS

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク