auのmamorino2についての@digimaga のデマ記事っぷりと開き直りが糞過ぎるので指摘しておく  このエントリーをはてなブックマークに追加

auのキッズ携帯『mamorino2』、特定の相手しかつながらないはずなのに迷惑メールを受信してパケット代が高額請求になる罠 auのキッズ携帯『mamorino2』、特定の相手しかつながらないはずなのに迷惑メールを受信してパケット代が高額請求になる罠

auから出ている子供用携帯「mamorino2」の問題を書いた記事。
これを読んで「さすがにこれはアカンやろ」と俺も記事にしようかと思っていたのですが、この記事にはとんでもないデマが混じっているというコメントが散見されました。
確かめるとまさにその通りで、さらにその指摘を受けて著者が開き直りやがったので方針変更。さすがにブチ切れた。
こいつ、これが初犯じゃねぇし、ソフトバンク寄りというか明らかにauに対して敵意・悪意を持っているので、ガッツリ叩かせていただきます。
若干このブログの趣旨とはズレますが、ちょっとお付き合い下さい。
--

スポンサードリンク


--
このブログ記事でのmamorino2やauの問題に対する指摘をまとめておきます。

--

まずmamorinoは子供用という事でブラウジング機能はありません。
通話とメールのみに限定された端末で、通話もメールも登録した相手10件としかやりとり出来ません。

・・・なのですが、普通に使っていただけなのに突然高額な請求が来る事例が報告されています。
パケット代が高額になっているとの事で、理由を調べてみると、何と迷惑メールの受信が原因との事。
登録した相手としかメールのやりとりが出来ないはずなのになぜ・・・と思ったら、どうやら端末内部では登録した相手以外のメールも全て一旦受信している模様(その後内部で破棄しているっぽい?)。
当然迷惑メールが来ている事などつゆ知らず、これが原因でパケット代が高額になるようです。


で、さらにデジタルマガジンの記事中ではauの対応についても問題視しており、「それでも全額返金はしないau」と見出しを付けて「4200円のパケット定額に入らせるような案内をしている」としています。
ミスを認めないために4200円のパケット定額に入らせて全額返金をしないのはおかしい、と記事中には記載されています。
そして、京セラとauの製品紹介ページでは「サイトにアクセスできないので、トラブルに巻き込まれたり、高額なパケット代(通信費)がかかったりする心配もありません」「ネットのトラブルに巻き込まれる心配はありません 」とあるが、実際は違う、としています。

--

以上がデジタルマガジンの記事での問題点提示とau批判ですね。


では、この記事のおかしいところを指摘していきましょう。

まず、高額なパケット代が請求される件について。
これ自体は事実のようですし、指摘に問題はありません。

ただ、記事にリンクが張られている価格.comのスレッドでの報告数が明らかに少ないのは不思議でした。
実際、この仕様ならもっと被害者は多いはずで、もっと報告があってもおかしくないし、既に大きな問題になっているはずです。
ソフトバンクのみまもりケータイ2の場合、「着信音が小さすぎる」とすぐに何人も書き込んで話題になっていましたし、情報交換が活発でした。

・・・問題があまり起こっていないであろう原因は、mamorino2のオススメプランがプランEシンプルだからのようです。
プランEシンプルは誰でも割で2年縛りにすれば780円/月とau最安の基本料金で、Eメールに掛かるパケット代は全て無料です。
当然ですが電話は受けるだけなら通話料は掛からないですし、家族間なら通話料は無料ですので(誰でも割は必須だったと思うけど)、子供に持たせる携帯電話ならプランEシンプルで十分でしょう。

で、現在というか多分今年4月からかな? プランEシンプル+誰でも割で契約すれば一定期間月額無料というキャンペーンを行っています。

mamorino2 | 携帯電話 | au
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/mobilephone/mamorino2/index.html

現在は「13ヶ月実質無料」というキャンペーン内容とのこと。7月までは2年間無料とかやってたみたいです。

つまり、プランEシンプルにしておけば、端末の仕様が前述の通りでも問題無いという事。
で、ここから逆算して考えると、高額なパケット代が請求されている人はプランEシンプル以外のプランを選んでいる事になります。

このプランの話は、デジタルマガジンの記事中(初出時)には一切書かれていません。
ここポイントです。


この点はひとまず置いておいて、次。

記事では「auは全額返金しない」として対応を批判しています。
しかし、デジタルマガジンの記事内で引用されていた、高額請求が来たと書いてある「play日記」というブログの記事には続きがありました。

mamorino2(マモリーノ2)高額請求,その後 | play日記
http://linotti.jugem.jp/?eid=397

こちらが受け取ってないにもかかわらず請求されていた,迷惑メールに対するパケット料金について,「毎月の請求額から返還という形を取りたい」ということだった。

数ヵ月後,叔母のauの電話料請求書には2万数千円引かれた料金が書かれていた。その月だけでは,叔母の使用料金のほうが払い戻し料金を下回っていたので,その月の支払額は0円。
残りの返済額は翌月に持ち越して,返却してくれることになった。

★りのっちの電話に対して掛かっていた,迷惑メールに対するパケット料金。
★パケット料金がかからないように変更したときの基本料金から本来の基本料金を引いたもの。
 厳密な額は明確ではないが,この2つを返金してくれる計算。

これでりのっちのmamorino2の料金については,月1000円未満になりました。一安心です


はい、パケット代に関しては全額返金されてましたー。
返金されてないというのはデマでーす。


この時点でまずデジタルマガジンの記事はデマ認定させて頂きます。
まあデジタルマガジンを略せばデマなので、ピッタリではありますが。

で、これが釣り見出しなだけならまだヨカッたのですが・・・これだけではありません。

ひどいのはauの対応で、こうした高額請求に対して全額返金はせず、過去にさかのぼってパケット定額サービス(4,200円)に入ったことにして差額を返す、ということをやっているのです。


とデマ記事にあります。
そこで引用している価格.comの書き込みを見ると、この解釈が明らかにおかしい事がわかります。

さかのぼってメール定額プランに入ったことにして、定額プラン料金からはみ出た分は返金することにしてくれました。

 返金には数ヶ月かかるみたいですが・・・。


一体どこに「パケット定額」と書いていますかぁ?

まあ俺も騙されたんだけどさw
メール定額プラン=プランEですよね? メール定額プランとパケット定額プランは全然別物ですよね?
勝手にパケット定額と解釈しているとか、わけがわかりません。アホなのでしょうか。多分わざとでしょうけど。

実際は「プランEシンプルを適用した事にして、過剰請求分は一旦払ってもらって利用料から還元」というのが正解。これがauのデフォ対応のようです。
まあ利用料から還元という形はハッキリ言ってダメだと思いますけど、一応は返金対応しています。
この事実を見事にスルーしてauを非難するとか素敵過ぎますね。

しかもその後のau叩きの文章が酷いことこの上ない。

たしかに差額のお金は戻ってくるでしょうが、その後は毎月の支払いが4,200円増えるわけです。


増えませんけど?(笑)

自分たちのミスなのは明らかなのにお客にそれを負担させるなんてバカにするにもほどがあります。


いいえ、バカはお前です。

まあ一旦は請求通りに支払わないといけないので、負担にはなってるでしょうけどね。
いやー、デマっぷりが酷いこと酷いこと。


そしてさらに、ここで引用されてアクセスが跳ね上がって驚いたplay日記の人が、再度ブログを更新。
事実と違う事が書かれている事に対してのコメントを記しています。

mamorino2 について | play日記
http://linotti.jugem.jp/?eid=401

アクセス数が急にはねあがったので,どうしたのかと思い,アクセス元URLを調べたてみた。とある記事に,mamorino2の料金について書いたこの日記が引用され,URLが載せられていた。
私の日記はコメント受付拒否にしているし,あちらの記事を書いた方からは引用したとの報告は受けていません。引用されていることについては問題視はしていません。

mamorino2についての現状を記しておきます。
りのっちのmamorino2は今でも使っています。

迷惑メールで高額請求されることは確かに酷いことですが,うちのmamorino2については,コース変更と払いすぎた料金について払い戻してもらう,ということで解決しました。それ以来高額請求されることなく,快適に使っています。

便利な機器にもいろいろな落とし穴があり,気をつけるべきだ,ということを勉強した,とも思っています。
mamorino2を使われる方の参考になれば,と思っています。


まあこの落とし穴はさすがに気付かないと思いますが・・・何か起こってからじゃないと絶対気付かないので。
使ってる人は悪くないと思います。

と、それはさておき、他人に見事に迷惑を掛けて気分を害するとか・・・冗談もほどほどにしとけって話です。
そして、これだけで住んでれば「勘違いお疲れ様、俺もたまにやっちゃうよ」と自省も込めて笑って話せるんですが・・・
この記事がツイッターやはてブなどで話題になって、色々ツッコミがあったわけですよ、上記のようなね。
それに対する追記が糞もクソ、本気で人間性を疑う開き直りっぷりを見せやがったのでさすがに俺はブチ切れた。
それがこちら。

[追記]プランEシンプルについて

Twitterなどで「親がプランEシンプル(Eメールが無料になるプラン)にしなかったせい」とか言ってる人がいますが、……正気ですか?“登録先以外とつながらない”のが本当なのであればEメールをほぼ利用しない家庭では違うプランにすることは十分考えられますし、実際にこうして問題が起きているわけです。

もしほかのプランにすることが悪い、もしくはそのせいでこのようなことが起きるとauが認識しているならば契約時に「そのプランだと迷惑メールを受信してしまうのでパケット料金が跳ね上がってしまいます」との説明があるべきで、ボクがこの記事で訴えているのはそういう話です。


ハァ? お前が正気か?

ええ、確かにau側に説明責任はありますね。
でもお前、記事中でそんな指摘一切してないだろうが。
「パケット定額を勧められる」だの「全額返金対応しないブラック企業」だの、わけのわからん事でau叩いて、肝心のプランEシンプルについては一切触れてない。
挙句の果てに対処法が「迷惑メールフィルター設定しろ」だ?
お前はアホか? いや、確実にアホだろ。フィルター設定してもすり抜けるメールあるだろうが。
何の解決にもなってないアホな提案しといて何が「デジタルマガジン」じゃボケ。
「ボクがこの記事で訴えているのはそういう話です」・・・一切訴えてないからツッコんでるんですけど。
嘘をつくな、嘘を。

・・・いやー、この突然話を別方向に逸らして相手に責任を押し付ける感じ、デマ杉こと上杉隆と似たゲロ以下の臭いがプンプンします。
まあ本家の方が数万倍酷いですけど。
嘘やデマで相手を貶める必要ってあるんですかね? 意味がわかりません。
俺はやりませんし、書いてる内容が明らかに間違っていれば訂正しますし、訂正した旨を記します。

--

・・・と、どうして俺がたった1記事にそんなに突っかかるの?と思う人もいるかも知れません。
しかし、実はこれには伏線がありまして、冒頭にも書いたようにこいつには「前科」があります。
以前にも、auからiPhone4Sが出る際に糞みたいな記事を書いてアクセスを集めてたんですよこいつ。

auから発売の『iPhone 4S』にイマイチ乗り換えられない7つの理由
http://digimaga.net/2011/10/7-reasons-no-au-iphone-4s


この中に、現在は削除されていますが 「Youtubeアプリで動画をダウンロードしているときなんかに電話かかってきたら最悪」と書いてあったんですが、実はiOSのマルチタスキングは動画はサポートされていないため、動画読み込んでる時に電話掛かってきたら回線がソフトバンクだろうがauだろうが読み込みは止まるはずなんですよね。
で、これを指摘したところ、謝罪も訂正の注釈も無いままにコッソリ修正したため、現在はページ内に記述がありません。

あとこの他にも「MMSは来年1月以降対応予定」というのは、auからiPhoneが出ると確定していない頃に出た日経の記事がソースだったり(@ezweb.ne.jpアドレスの対応という一文は後から付け足した)、EZwebとISNETを混同させていたり、オンラインのアプリやゲームを利用しているときに電話がかかってきたらそこで強制ログアウトというのが全く根拠が無かったり、この記事だけを見てもツッコミどころ満載です。

さらに「モバゲーがイヤならヨドバシカメラで『iPhone 4S』を買わなければいいだけ」という記事では、わざわざKDDI版にインストールされたモバゲーwebクリップを画像に使ってみたり、ヨドバシで買うなと書いてるけど実際はソフトバンクショップでも行われていましたのでこれでは意味が無い。
auショップでも、4Sの時は報告が無かったのですが5が発売されてからアフィリエイトリンクのプロファイルインストールが報告されていましたね。

まあとにかく、書いてることが無茶苦茶で、かつ指摘しても訂正謝罪は無し。
それどころか今回の場合は開き直るおまけ付き。
舐めてんじゃねぇよボケ。

嘘やデマは無し、情報はなるべく正確に。間違っていれば訂正する。
これが、個人のブログだろうがなんだろうが、文章を書く側の責任でしょう。
それが出来ていない記事、ブログなんか読む必要も価値も無し。
デジタルマガジンには再発防止と訂正・謝罪をお願いしたいところですが、もし謝ったとしてもどうせ再発するんで、もうこいつの記事は読まないに越したことはありませんね。

以上です。


そして、auのmamorino2の問題に関しては、根本的な対処をauにお願いしたいところです。
実際、家族間での無料通話のわけあいコースというものが存在するため、mamorinoのプランをプランE以外にする事は十分ありえます。
最低限、「表示はされないが迷惑メールを受信してしまうためパケット代が掛かる」という事は周知すべきですし、そもそも端末の仕様がおかしいのでそちらを直すのが当然だと思います。いやマジで。
これではiPhoneの自動通信周知が出来てなかったソフトバンクと同じですし。
その部分の指摘については正しい、と一応言っておきます。

という事で、ソフトバンクとは関係無いお話でした。おしまい
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【auのmamorino2につい】

auのキッズ携帯『mamorino2』、特定の相手しかつながらないはずなのに迷惑メールを受信してパケット代が高
Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク