ソフトバンクグループのウィルコムのサービスセンターで障害発生。有料化してこれ?  このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょい前のネタですが。2/8。

WILLCOM|ウィルコムサービスセンター設備障害発生について(復旧)
http://www.willcom-inc.com/ja/info/13020801.html


ソフトバンクが株式を100%保有しているも、実はソフトバンク子会社ではないウィルコム。

http://www.softbank.co.jp/ja/design_set/data/irinfo/library/presentation/results/pdf/2013/softbank_presentation_2013_002.pdf
なお当社は、㈱ウィルコムの発行済株式を100%保有していますが、同社は会社更生法上の更生会社であり、当社と同社の間では有効な支配従属関係が存在しないと認められることから、子会社としていません。


なのにウィルコムの契約数をソフトバンクグループとして組み込もうとするクズ会社ソフトバンクとその社長孫正義だったりするのですが。
あ、ちなみに議決権ベースで3分の1以下しか株を保有していないイー・アクセスに関しても、勝手に契約数を組み込んでましたっけね。

まあそれはさておき、やっぱり事実上は100%子会社であるウィルコムですが、サポートに関して大改悪を行い、何とサポートを有料化してしまいました。
すると、いきなりサポートで障害発生。

うん、ソフトバンククオリティだね!
--

スポンサードリンク


--
サポートの有料化に関しては以下の通り。

WILLCOM|ウィルコムサービスセンターの受付体制変更について
http://www.willcom-inc.com/ja/finfo/sc_reception/index.html

2013年2月1日(金) より、自動音声応答やMy WILLCOMを利用してご自身で変更・照会が可能な一部お手続きをオペレーターに依頼された場合、電話機の操作方法に関するお問合わせには手数料をいただくこととします。

安心して便利にウィルコムのサービス・電話機をご利用いただけるよう、2013年2月1日(金)より、会員制サポートサービス「ウィルコムサポートクラブ」の提供を開始いたします。(※1)


まあこんな感じで書いていますが、わかりにくいのでケータイwatchの記事にお任せしましょう。

ウィルコム、サポート体制変更でオペレーター対応を有料化 - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20121116_573586.html


オペレーター対応の場合の151に電話をすると通話料有料、というのが大きな注意点ですかね。
一応「誰とでも定額」の対象になるらしいですが、10分で手続きが終わるとは思えません。

後は自動音声やweb手続きで変更出来るような内容をオペレーターに頼む場合は1件315円、端末の操作についての問い合わせが1件1050円など、要するに「電話してくんな、人件費削減したいんじゃ」的な雰囲気が漂ってきます。
まあそれ自体は悪くないとは思いますけど。

ただ、このコストダウンをやり過ぎた結果が障害のような気がします。
通話料有料の151もさることながら、自動音声の116なども障害起きてますし。
また復旧まで15時間も掛かっています。
有料化しといてこれでは、何の言い訳も立ちません。

また、障害の原因が「コールセンター設備の障害」って。障害の原因が「障害」?
その障害の内容を知りたいんですけどねぇ。アホなんでしょうか。

--

ま、こんな感じでソフトバンクに汚染されて全く別会社になってしまったウィルコム。
アンテナを間引きまくってる報告もありますし、もう災害時でも使えないと思っておいていいですよ。
という事で、小ネタレベルですけどこれにて。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク