何が「ホワイトジャックによろしく」だ!これが真のソフトバンク版ブラよろ。 第2話  このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトジャックによろしく | ソフトバンクモバイル
http://mb.softbank.jp/mb/special/white_jack/


ソフトバンクが佐藤秀峰氏の「ブラックジャックによろしく(ブラよろ)」のパロディ漫画を公開しておりますが、これ、第1話からいきなりとんでもない嘘を大々的にアピールしています。ハッキリ言って、医療問題やマスコミの姿勢などに対して声を上げる作品である「ブラックジャックによろしく」に実に失礼です。
という事で、同じシーンを利用して(もちろん利用規約を遵守し、漫画 on webからダウンロードしたデータを利用しています。ソフトバンクからパクる事はしていません)反撃してみましたのでご覧下さい。

ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web http://mangaonweb.com/

--

スポンサードリンク


--
↓画像クリックで原寸大で見られます(新しいウィンドウ・タブが開きます)

sofuyoro02-01a.png

sofuyoro02-02a.png

sofuyoro02-03a.png

sofuyoro02-04a.png

sofuyoro02-05a.png

sofuyoro02-06a.png

--

という事で、ソフトバンクは執拗に第三者機関とアピールしていますが、実際はデータを提供するヤフーと、データ提供と解析を行うAgoopはソフトバンクグループです。

ヤフーはもう説明不要、ソフトバンク社長の孫正義はヤフーの会長でもあります。
そしてAgoopはソフトバンクグループ。

グループ企業一覧 | ソフトバンク株式会社
http://www.softbank.co.jp/ja/business/group2/


孫正義によると、Agoopはヤフー傘下に「してる」なんて言っていましたっけ。
実際の出資関係がどうかはわからないのですが、だからどうしたって話ですね。なぜならヤフーもAgoopもソフトバンクグループであり、第三者機関ではない
そういえば孫正義は東電と政治の癒着をやたらと糾弾してましたっけ。自分は棚に上げて(笑)

ソフトバンクとヤフーとAgoopの癒着はー? 同じ事ですよ。
同グループの調査結果とやらですから、いくらでも捏造が可能です。そもそも通信に規制が掛けられたユーザーの扱いを完全に無視してますしこれ。その辺除外してます? それも公平にね。
捏造でなくても調査内容を最初からソフトバンクは理解しているわけですし、逆にソフトバンクが有利になるような調査方法を指定する事も可能なわけです。
あと、スピードテストアプリやこれらのアプリで行われる通信に対して、システムをチューニングする事も可能ですよね。
何せYouTubeなど特定サイトからの特定データの通信を平然と制限するソフトバンクですからね。

というか、ぶっちゃけCMでも大々的に「自社傘下の会社によるデータです!」と言えば済む話なんですがね。
それが出来ない理由とは一体?


という事で、ヤフーが提供する、データ利用に関して一切同意を取っていない「防災速報」アプリと、Agoopが提供する(データ利用の同意は取っている)「ラーメンチェッカー」「Wi-Fiチェッカー」「病院チェッカー」「レジャーチェッカー」「道の駅チェッカー」「温泉チェッカー」「コンビニチェッカー」は、結局のところ他社のネガキャンのために使われているわけです。
なんせソフトバンクグループの「第三者機関(笑)」ですからねぇ。
ってか、ぶっちゃけスパイアプリですよ、これ。特に同意なんて取っていないヤフーのアプリ。
個人情報は取得していないなんて言ってますけど、個人情報を漏らすのが大好きなソフトバンクですからねぇ。

ソフトバンクの起こした諸問題解説。【第2版】
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html

ソフトバンクショップ店長が客の個人情報を横流し。1000件以上の可能性、警察幹部も被害に
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-183.html


皆さん、気を付けて下さいねー。アプリ利用は自己責任でね。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク