ジャーナリスト法林岳之氏がソフトバンクの無料契約詐欺に言及。かなり怒ってます  このエントリーをはてなブックマークに追加

法林岳之のケータイしようぜ!!-#230 ソフトバンクの「AQUOS PHONE Xx 203SH」を紹介!
http://video.watch.impress.co.jp/docs/k-tai/20130327_593218.html


携帯ジャーナリストの大御所とも言える、法林岳之氏のインプレスでの連載「法林岳之のケータイしようぜ!!」。
毎週、動画で各社から発売される携帯・スマートフォンの機能や魅力を徹底的に解説されています。

さて、この連載にてソフトバンクから発売されるシャープ製スマートフォン AQUOS PHONE Xx 203SH が紹介されました。
が、ここで法林さんが時間を割いて、ソフトバンクユーザーに注意を促しました。
機種変時に「旧機種はSIMを抜くと使い物にならなくなる」として無料ながら2年縛りの契約を、契約の説明無くさせようとしている件です。

何と法林さん自身も実際に体験されたそうです。
これ、かなり法林さん怒ってます。
--

スポンサードリンク


--
動画の15分20秒あたりから、ソフトバンクの詐欺契約について言及されています。
おおざっぱに書き起こししておきます(ニュアンスが変わってる可能性がありますので、動画で要再確認ね)

ここで要注意なんですが、このソフトバンク4G(AXGP=TD-LTE)端末の販売が開始されてから、一部の販売店で、従来の3G端末から機種変するとSIMが変わっちゃうので、「変わっちゃうとこの(従来の)端末でSIMを抜いてしまいますから、もうあなたの(古い)端末が使えなくなりますよ、中のデータとか見られなくなったら困るでしょ」「だから、しょうがないからウチで特別に、SIMを1枚用意してあげますよ」って言ってSIMを1枚用意するんだけど、それはSIMを用意してくれるんじゃなくて回線契約をさせられるというケースが実は結構起きてます。

で、それはSIMをくれるんじゃなくて、あくまでも回線契約をしていて、2年間は(※ここでカット・編集あり)割引で無料で使えるんだけども電話をかけたらお金が掛かります、ということを強要するお店がいくつか出て来ているようです。これは、こういう事をやるのは非常にですね、厳しい言い方しますけども、ちょっと、えー、詐欺的な行為でもあるので、これからソフトバンクの契約を変えてソフトバンク4Gに移行する事を検討されている方は、ちょっと注意して下さい。

僕もちなみに言われました(ちょっとタメ気味に)。僕は事前に知っていたしわかってたんで「あなたそれ今(※ここでカット・編集あり)僕はこれ録音してそのまま伝えるけど、出るとこ出てもいいですよ」って僕は言いましたけど、そういうケースが起きているので、だから本当に皆さん気を付けていただいて

ここ(旧機種)からここ(新機種)に移行するのに、別に前の端末のためにわざわざSIM用意するとかって別に無いですから。なので、やっぱこういうとこちゃんとやっていただかないと。で、もう一つ突っ込んでおくと(※ここでカット・編集あり)ソフトバンクさんそういうのを(※ここでカット・編集あり)代理店さんがやってるという事を、もうちょっと、えー、気を付けていただかないとですね、会社の看板に少しね、影響がありますので


という感じで、ところどころカットされていますが、実際はもう少し強く言及していたのではと思います。
「話は聞いていた」という部分を見ても、業界内でもかなり有名な話である事が伺えます。というな知らなきゃおかしいとは思いますけども。


ソフトバンクはiPhoneで1年半同じ事をやってきているわけですが、それに味をしめている事が良く分かります。

「下取りを利用する人はいません」と家族無料キャンペーン2年縛りを強要するソフトバンク
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-241.html


とはいえ、まさか法林さんに機種変無料SIM詐欺をやらかすショップがいるとは思わなかったですね。アホだろ。
もちろん誰に対してもやってはいけない事ですし。犯罪行為ですからね。
詐欺的行為ではなく、立派な詐欺です。そうでなければ「出るとこ出ますよ」なんて言わないです。

あ、そういや週アス+の「週刊リスキー」などででお馴染みアックン・オッペンハイマー氏も機種変無料SIM詐欺に遭ったとツイートしてましたね。

この話の場合、プレゼントと称している事と、2年縛り自動更新なのにいつでも解約出来るなどと大嘘をついている事が問題ですね。反吐が出ます。

で、当然の話ですが、ソフトバンクはいつも「一部代理店」「勝手にやった」と言い訳するのですがソフトバンクの代理店である以上、ソフトバンクにも必ず責任があり、責任を問われます。
実際、代理店に問題があって行政指導が入る場合、大元のキャリアにも指導が入ります。
そもそも、代理店にそうさせているのはソフトバンクであり、機種変無料2年縛り自動更新SIMなんて作った時点で意図はミエミエです。
責任はソフトバンクにあります。

--

しかし、ようやく法林さんがメディアで言及されたものの、ソフトバンクに各メディアが何らかの配慮でも行ってるのか、明らかな犯罪行為がいつまでもスルーされています。
本当にいい加減にしてほしい。俺は被害者を増やしたくありません。
総務省も消費者庁も、いい加減に何とかしろボケ!
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク