孫正義のSIMロックに関する答弁が酷過ぎて、簡単に論破出来る。早急にSIMロック解除しなさい  このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ソフトバンクが新"どうでもいい"商品発表会を行いました。
驚きのガラパゴス化2年縛り製品やボッタクリACアダプタ、電池保たないのにフルセグ搭載してB-CAS利権全開、通信障害を起こした翌日にもかかわらず「つながりやすさ、なんばーわーんw」とヘラヘラしながらのプレゼンなど、総ツッコミを通り越して本気でどうでもいい感じが漂っていたわけですが。
当日の夜に携帯ジャーナリストの石川温(つつむ)さんがニコ生を放送する予定の中、「1時間喋れるか不安」とまで言わしめたここまでの内容だった、と言えばその悲惨さがお分かりになるかと思います。

が、この後の質疑応答が思わぬ展開に。
発表内容とはあまり関係のないSIMロックの質問が出たことで、俄然面白くなりました。
というのも、孫正義に計4人のライター・ジャーナリストさんが怒涛のSIMロック問題についての質問攻撃。

孫正義、見事に日和りますw 逃げますw 事実とまるで違う事を言いますw

その答弁内容があまりに酷過ぎたので、そちらをご紹介したいと思います。
そして、それに対するツッコミは俺が1年半前の記事「SIMロック解除対応機008Zについて思うこと」で見事に行なっておりましたけどね。
パターン読め過ぎだよ孫正義ちゃーん?

という事で、改めて俺がわざわざツッコんであげます。
--

スポンサードリンク


--
質疑応答の書き起こしはGIGAZINEより引用したいと思います。

ソフトバンクモバイル「2013年夏 新商品発表会」ライブ中継 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20130507-sb2013-summer-live/

フリーランス シマダ:
今回はSIMロック解除に対応した端末はないのでしょうか、また、今後対応する予定は?

孫:
いっとき、SIMロック解除を求める声が大きかったが、解除の結果として端末補填金がなくなり端末の値段が上がってでも欲しいという人が少なくなった。実際、今までに何機種かSIMロック解除に対応した端末を提供したが、ほとんど売れなかった。SIMロック解除に対応した端末は、そういう声がまた盛り上がってくれば検討しないわけではないが、現在のところはニーズがない。各社、端末に対して4万円から6万円補助金を出して市場に出しているが、SIMロックを解除するということはその安さがなくなることを意味する。メリットもあればデメリットもある。結果、人気がほとんど出なかったというのが実情だと思う。


ニーズが無いことを示すデータが一切無いのはなぜですか? 毎回毎回同じですが。
そもそも、SIMロック解除に対応する機種は008Z、009Z、201HWという3機種のみであり、それらの紹介ページにはSIMロック解除対応などと一切書かれていません。SIMロック解除出来るという点は、ソフトバンクは一体いつどこでどのようにアピールされたのでしょうか。
これは1年半前から一切改善などされていません、「SIMロック解除対応機008Zについて思うこと」で俺が指摘済みなのにね。

また、製品ページ
http://mb.softbank.jp/mb/smartphone/product/008z/
には、SIMロック解除が可能であるという事が一切書かれていません。
製品の魅力のはずなのですが・・・あ、ソフトバンクは嫌々出してるから当然ですね。
とはいえ、SIMロック解除出来るという告知が製品ページでされていないのは問題じゃないですかね?


そして、どのキャリアで出そうが絶対売れないであろう中華製低スペック機をSIMロック解除対応機として「売れてない=需要が無い」と言い切るのは「SIMロック解除対応機008Zについて思うこと」で俺が指摘済み。

さて、恐らく次の決算発表の場で、ソフトバンクは008ZのSIMロックの解除対応数を発表すると思います。
でも、上に記した通り、製品についてのページで全く触れず、対象者が限定された、かつ完全ガラパゴス仕様のスマートフォンである機種でどれだけSIMロック解除しようという人が現れるのでしょうかね。
そもそも大きく売れるような機種でもないわけですし。
ちなみに発表するとしたら、今回は割合ではなく実数でしょうね。
単に「SIMロック解除なんか誰も求めてない」というミスリードをさせたいがためだけのものでしょうから。
そしてその発言を孫正義信者のソフトバンクいちろーやまさとくがドヤ顔で「そんしゃちょうのいったとおりだー」とRPGの村人のようなテンプレセリフを繰り返すんでしょう。


まあデータすら示さないとは思いませんでしたが。まあ端末の売れた台数があまりに酷過ぎたんでしょうけどね。
というか、自社製品を堂々と「売れてません! 人気が無かった!」と言うとは一体どういう事なのでしょうか。


さらに、解除により端末代が高くなるなんて事は一切ありません。
SIMロック解除に応じる国・キャリアでも、あくまで長期契約によって端末代を割り引いて販売し、解約時の違約金を設定するという形で販売しているのみなので、別にSIMロックを解除したところで端末代が高くなるなんて事はありません。

SIMロック解除と端末代の間に相関関係は一切ありません。

このように、いきなり事実と全く異なる事を言い出すのが孫正義です。そしてここからフリーランスの方々の怒涛の質問攻めが始まります。

フリーランス 小山:
主要端末であるiPhoneなどのSIMロックを解除しない状況で「SIMロック解除端末は人気が無い」「要望が少ない」と言い切るのは難しいのでは。

孫:
世界中見回しても、iPhoneのSIMロックを解除して売っているのはほんの一部。これはSIMロックフリーにすることで、その事業者は4万円から6万円の補助金をもらえなくなるということを意味するため。解除せずに売っていることで、ユーザのほとんどは端末を実質無料で手にしているが、もし「6万円高く出してもSIMロックフリーのものがいい」というのであれば、海外にはいくらでもそういうのがある。そちらを入手するということは、あり得る選択だと思う。


はい、また嘘をつきました。

解除したら突然高くなるなんて事は当然ありませんし、iPhoneのSIMロックを解除しているキャリアは世界に多数存在します。

iPhone:ワイヤレスキャリアのサポートと各機能 http://support.apple.com/kb/HT1937?viewlocale=ja_JP


アップルが公開しているリストなので、これ以上なく正確です。
ここに記載の通り、SIMロック解除可能なキャリアはこれだけあります。
さらに、チェックが付いていなくても、SIMフリーを義務付けているシンガポールや香港、ベルギーなどの国も存在しますので、それらをトータルすると過半数のキャリアがSIMロック無しに出来ると考えて良いと思いますし、さらに先進国に絞り込めばもっと割合は大きくなりますね。
また対応キャリアが少ないように見えて、その内の主要キャリアがちゃんとSIMロック解除に対応している場合も多いため、台数ベースで考えるとさらにSIMロック解除に対応している割合は高くなると思われます。

ぶっちゃけ、主要キャリアがiPhoneのSIMロック解除に対応していない先進国って日本と韓国ぐらいじゃないでしょうか(韓国はシェア約半数のSKが解除に対応していない)。グローバルスタンダードから完全に外れているソフトバンクがスプリントを買収して世界へ!なんてどの口で言ってるんでしょうか。

あ、そうそう、

その当のスプリントも当然iPhoneをSIMロック解除出来るんですよw

アメリカでは当然のようにAT&T、Verizonといった主要キャリアがiPhoneのSIMロック解除可能なんですよねー。もしかしてソフトバンクがSprintを買収するとSIMロック解除しなくなるんですかぁ?
さて、孫正義の言う「先進国」とは一体どこの事を指しているのでしょうか。お前はどこのパラレルワールドから来たんですか?

フリーランス 石野:
SIMロック解除の件について、端末が売れないとのことがだGalaxyなどは100万台売れている。売れない機種で対応した結果では?

孫:
iPhoneのSIMロックを解除するかどうかは我々に聞く話ではない。


誰もそんな事聞いてないっすよwwwww

しかも石野さんは「SIMロック解除出来るGALAXYシリーズはたくさん売れている」と言っている、つまり「SIMロック解除と端末の売れ行きには関連性は全く無いのでは」と言っているのに、それに対して一切答えていません。

というか、SIMロックの解除に関してはキャリアの管轄でしょ。
アップルが「日本ではSIMロック解除しない! 絶対だ!」なんて言うんですか? 他の国ではあれだけのキャリアが対応してるのに。


石野さん、さらに畳み掛けます。

石野:
iPhoneではなく、今回の端末もすべてSIMロック解除には対応していない。

孫:
今回出す機種についても、声が多ければ対応することはやぶさかではない。知っている範囲では、ドコモさんのGalaxyがSIMロック解除に対応しているからといって、たくさん解除要望が来ているというようには把握していない。方法はあるかもしれないが、需要はほとんど耳に届いていない。解除したいという要望が多いからGalaxyがたくさん売れたというわけではないでしょう?


「やぶさかではない」「考える」は孫正義語ですね。これを日本語に訳すと「絶対やらない」です。舐めてますね。
また、解除要望が少ないのであればSIMロック解除しても何ら影響が無いという事ですから、対応しない事の言い訳には全くなりません。
また成田空港のドコモショップではロック解除の手順がかなり手馴れていた、と石野さんはおっしゃっていますので、やはり日本でもSIMロック解除はかなり需要があるという事です、少なくとも海外へ行く人にとってはね。

日本人を海外に出したくない、海外に出る日本人からボッタクリのパケット料金を取る。それがソフトバンクのようです。


まだ石野さんの質問というか事実の提示は続きます。

石野:
Galaxyの場合、SIMロック解除は手数料を支払うだけだが。

孫:
補填金は出したまま?……だとすれば、ドコモさんに補填金を出してもらって、SIMロックを解除した端末を持ってソフトバンクに移ってくればいいんじゃないかなと思いますけどね、それは我々は大歓迎です。受け入れ体制はバッチリですので。こちらでコストを負担せずにGalaxyユーザーが移ってくるというのであればそれはそれでOKで、むしろインセンティブを出したいとも思いますけど。まさかドコモさんがそういうヘマをやっているとは信じがたいです。


はい、意味不明です。

そもそも補填金とは一体何でしょうか。きっと月月割や月々サポートといった毎月の割引の事なんでしょうけど、これ別に端末代が安くなってるわけじゃないですからね。端末代は割り引かれませんし、回線契約を解約すると当然割引は無くなりますし。そういうのは端末の補填金なんて言いませんね。孫正義自身がよーくわかってると思いますけど。
しかも「解除手数料のみでいい」というのはソフトバンクも同じなのですが。孫正義自身がよーくわかってると思いますけど。
さらに、「SIMロック解除に関して、ユーザーの負担は3150円の手数料のみ」という話なのに、なぜか「GALAXYユーザー大歓迎」という意味不明な発言をし始めます。
何度も言いますが、これはユーザー負担の話ですよね? 孫正義自身も「SIMロック解除すると4~6万高くなる」という話をしており、それに対する質問なのに孫正義はキャリア側の話にすり替えています。カスですね。まあ孫正義自身がよーくわかってると思いますけど。
つまり、この発言は「ソフトバンクがなぜSIMロック解除しないのか」という理由には全くなっていませんよね。


というか「ドコモがそんなヘマをしているとは思えない」という糞回答が孫正義の本質をよーく表していますね。

フリーランス 中山:
SIMフリーの持ち込み契約をウェルカムだと仰ったが、海外で購入したSIMロックフリーの端末や、国内でSIMロックを解除した端末を持ち込んでも、ソフトバンクのショップでは契約してもらえないのではないか。APNを公開していないため、定額プランで扱えないと思うが。

孫:
我々は、我々の提供するネットワーク、端末に対してサービスを提供するというのが責任を全うする方法だと思っている。要望がたくさん来れば、それはそれで検討はしたいと思うが、今のところはそういう声がたくさん来ただとか、持ち込みがたくさん来ているという話は、私のところには上がってきていない。一部では要望があるのかもしれないが、私の耳には届いていない。同じような要望があるのであれば、auさんの方にも仰っていただきたいというように思いますけれど。


あれ? さっき「受け入れ体制はバッチリ」って言ってましたよね?

数分で矛盾するのが孫正義の得意技です。どこぞの国みたいですね。
実際、ソフトバンクはAPNを全く公開していませんしSIMフリー機持ち込みの場合のAPNは公開されてますね。失礼しました。
それはさておき、何よりソフトバンクはソフトバンクが販売している以外のiPhoneには回線を提供しません。SIMフリー品を持ち込んでも契約させてくれないんです。もちろんiPadもね。
おかしな話ですよね。こんな制限をしているのは世界でソフトバンクだけでしょ。さすがガラパゴスキャリアのソフトバンク、どこの国に出しても恥ずかしいです。
また、先ほどと同じように他社を引き合いに出して「他社に言え、他社に先にやらせろ」と言っていますが、他社なんて関係無いですよ。

ソフトバンクがやるかどうかです。

他社がやってようがそうでなかろうが、どっちでもいいんですよ。てめぇがやるかどうかだボケ。
あ、もしかして、他社に右にならえをするのが「ベンチャー魂」ってやつですかぁ? 定期的にこの言葉を発しますけど。

結局、孫正義はここまで「なぜソフトバンクはSIMロック解除しないか」を一切説明しませんでした。
こういう姿勢が皆さんの言うところの「尊敬出来る社長」なんですか? ビジネスセミナーに金を落とすアホな皆様。

--

という事で、ここまで総ツッコミしての結論は「ソフトバンクがSIMロック解除しない理由は全く無い、示されていない」です。
もう言う事全てが嘘だらけ。事実と全く違う事を平然と言うし、たった数分で矛盾する。酷すぎます。
ユーザーに負担なんてほとんど無いんですよ。ドコモが既にSIMロック解除を行っており、実際に示されているんですよ。なのに、まるでユーザーに大きな負担があるかのように喧伝する。大嘘ですよそんなの。

ちなみに、携帯ジャーナリストの法林岳之さんもガッツリとツッコミをされており、ほぼ納得出来る内容です。

法林岳之の「週刊モバイルCATCH UP」 つながりやすさをアピールしたソフトバンク夏モデル発表会
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/mobile_catchup/20130510_598868.html?ref=rss


では、結局ソフトバンクはなぜSIMロック解除に応じないのでしょうか。
その理由を次の記事で示したいと思います。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : どうでもいいかもしれないニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク