ソフトバンクが出資。働きたい人に金を出させる「学校」が登場、実質タダ働きさせる事も可能  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクとその代理店経営会社が非常にエグい事を始めるようです。

モバイルカレッジ
http://mobile-college.jp/


ソフトバンクモバイルの代理店で働く人間に金を出させて、勉強させて店員として働かせようという事らしいです。

繰り返しますが、雇う側が金を出すのではなく、

働く側が金を出すんです。

これって危険極まりないですよねぇ。色々見て行くと、最終的に"実質タダ働き"させる事も可能です。
まさかこれに参加するアホはいないと思いますが(・・・いや、いるか)、とりあえずガッツリとぶった切って行きましょう。
--

スポンサードリンク


--
このモバイルカレッジですが、ソフトバンクモバイルとその代理店5社が出資して作った会社だそうで、この会社がソフトバンクショップで働く店員を養成する学校を運営するそうです。
また売り文句として、198,000 円の授業料(入学金込)で就職率100%保証だそうで、就職出来なければ返金するそうです。

出資比率はルートワン・パワー57%を筆頭に、ソフトバンクモバイルが19%、ベルパークやピーアップなどの代理店4社が6%ずつです。
つまりこれ、当然ですがソフトバンク公認という事です。


で、この株式会社モバイルカレッジの役員は3人。

代表取締役社長は元テレコムサービス社長で現在ルートワン・パワーの社長でもある服部義一(@hattori_one)。
取締役はガンホー会長として知られるようになった、孫正義の弟である孫泰蔵(@TaizoSon)と、アプリ開発教室を運営する会社の社長、渡部薫(@sorahikaru)。
ホームページのトップページに3人の写真が載ってますが、無意味にラフな格好です。既に学校感のかけらもありません。ソフトバンクショップではこんな服装で接客するんてすか?
というか孫泰蔵の服、私服なんですかねぇ・・・迷彩シャツて。さすがにダサさ爆発してるのでやめて欲しいもんです。というか痩せようや。
あと渡部薫、イケメンです。Twitterのアイコンで見るよりイケメンやないかい・・・


まあそんな見た目の私見はさておき。
では、なぜこの会社ないし学校を問題視するかを説明していきましょう。

まず、なぜか働きたい人間が金を出します。

なぜ携帯電話ショップの店員になるために、というか携帯電話ショップの店員にしかなれないのに20万近く払わなければならないのでしょうか。意味不明です。別にキャリア直営店でもないし。
普通はショップやキャリア側が金を出しますよ、社員教育のために。

また入学案内のパンフ(http://mobile-college.page-view.jp/mobilecollege/pageview/pageview.html#page_num=0)には「日本にはモバイルの専門学校が無い!」とか書いてますが、そもそも海外にも無ぇだろタコ服部
この時点で糞さ大爆発です。

で、そのモバイルの専門学校にて店員になるために何を勉強するのかを見てみると(http://mobile-college.page-view.jp/mobilecollege/pageview/pageview.html#page_num=9)、メイク・スタイリング講座とかPOP作り講座とか「それ絶対いらんやろ?」という内容が多々見受けられます。アホなのでしょうか。
ソフトバンクの業務内容を学ぶと思われるカリキュラムが半分以下って・・・このカリキュラムだけなら授業料も半分で済むのでは?
あと、なぜかボランティア活動させられたりサークル活動させられたりします。いらんやろ。何が悲しくて金出して強制的にボランティアさせられにゃならんのだ。
パンフに全部載ってないですが、他にも絶対不必要なカリキュラムがあると思います。

こんな内容に20万も出す事自体ナンセンス、出させる事自体ナンセンスです。単なる搾取ですね。
契約システムの扱い方や業務内容さえ理解出来れば、後は接客をキチンとするだけで携帯電話ショップ店員なんて勤まりますよ。

日本のノマドやビジネスセミナー商法などに警鐘を鳴らしている事で有名な谷本真由美ことメイロマおばちゃん(@May_Roma)が、著書の「ノマドと社畜 ~ポスト3・11の働き方を真剣に考える」(Amazonアソシエイト)にて

「ノウハウを売る」という名目で若者をだまして、書籍やセミナーで儲けようとする人たちがいるようです

ノマドブームは、世間知らずの学生さんや若者の中で、就職できない人や、就職することを不安に思っている人たちに、さまざまなモノやサービスを売る「自己啓発商法」の一種なのでしょう

と批判しているような内容の事、「ノマド商法」「キャリアポルノ」とするものがここでは行われています。
問題外過ぎです。


次に問題視するのは、そもそもこの会社はマトモなショップ店員を育てる事は出来ないという事です。

まず、ソフトバンクショップの事と全く関係無い孫泰蔵や渡部薫が取締役にいる事自体おかしいです。

この人ら、接客と関係無い仕事してるじゃないですか。
片やガンホーというオンラインゲームやベンチャーのスタートアップ支援などの仕事をしてる孫泰蔵、片やアプリ制作教室の会社の社長。全く関係無いですよね?
しかも、なぜかそんな2人が特別講義もするらしいです
「IT起業家特別講義」だそうですが、意味不明です。ショップ店員には完全に不要ですよね? まるでみまもりやフォトビジョンの抱き合わせです。
こいつらの講義を無くせば、20万から安く出来ますよね。

これでショップ店員を育てるなんて不可能でしょ。
客に対して「孫泰蔵さんの講義面白かった~」とでも話させるつもりでしょうか。ほぼ全てのお客さんが「はぁ?」という顔をするでしょう。

また、このモバイルカレッジの公式Twitterアカウントがあるのですが、意味不明な日本語を扱っています。

「とんでもございません」などという日本語は存在しません
これは「とんでもありません」という誤用をさらに丁寧にしたという、実に恥ずかしい日本語です。
「とんでもない」で1つの形容詞のため、「とんでもある」なんて使い方はしないんですよね。
「とんでもない」を丁寧に言う場合は「とんでもない事でございます」となりますね。ちなみに「申し訳ありません」なんかも同じ誤用のパターンです。

これが接客についての講義も行う教室の公式アカウントのツイートです。アホですね。
Twitter担当者すら教育出来ないのに、どうやって何を教える気なのでしょうか。


さらに、ソフトバンクショップの店員になると、これまでずっと問題視されている「オプションを強制的ないし無断で契約させる」「みまもりケータイやフォトビジョンやモバイルWi-Fiルーターを、お客さんが不要と言っているのに強制的に契約させる」「機種変時に、強制的もしくは嘘をついて不要な2年縛りを契約させる」「プレゼントと称してオプション品を無断で割賦購入させたり強引に購入させようとする」というホスピタリティなんて完全に無視した行為をさせられる事になります。

この会社に出資しているベルパークの運営店舗でも、嘘をついて強引に高額なSDカードを買わせようとする事例が報告されています。
また、服部が社長を勤めていたテレコムサービスの運営店舗では無断割賦詐欺が横行しまくっています。異常です。

http://togetter.com/li/237190

また、端末代金の割引もないのにオプションを強制する事例も多々あります。
これらは服部に質問しても絶対に答えてくれないですからね、他の事は割と返答あるのに。

ソフトバンクショップの店員になると、こんなホスピタリティのかけらも無いどころか犯罪行為を行わなければならないわけです。
しかもこのモバイルカレッジとやらでは一切説明しないでしょう。
マトモな人なら、こんな事をさせられたら我慢出来ないと思うのですが。
お客の立場なら、そんな不要なサービスや契約を押し付けられたいと思いますか?
それが、ショップ店員の立場になると必死に押し付けなければならなくなりますからねぇ。ソフトバンク本社からのノルマ圧力もありますし。


さらに問題なのは、実質タダ働きさせることが容易である事。

カリキュラムの中に、なぜかショップ就業体験があります(http://mobile-college.page-view.jp/mobilecollege/pageview/pageview.html#page_num=9)。
まだ現場の仕事のいろはも教わってないのに、まさか接客させるつもりなのでしょうか。
これがソフトバンクの考えるホスピタリティのようです。お客さん無視っぷりが素敵。
というか見学ならまだしも、これ、タダ働きのインターンシップですよね? 全く理解出来ません。
あ、そういえばソフトバンクのタダ働きといえばこれがありましたね。

ケータイ「契約」実績で「特別採用」 学生から不満と批判の声 : J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2009/03/18037889.html?p=all


結局これ、労働基準法抵触の可能性があり、厚生労働省が動く事態にまで発展しています。
いかにタダ働きをさせるか、というのはソフトバンクの永遠のテーマのようです。


また、この学校では「就職100%保証」というのを謳っています。その条件はこんな感じ。

日本初!ソフトバンク クルー養成のモバイルカレッジを開校|株式会社ルートワン・パワーのプレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000007188.html

【就職 100%保証について】
本カレッジ卒業後 6 ヶ月間、就職サポートを行い、就職を保証いたしますが、
希望する企業への就職を保証するものではありません。
下記所定の条件を満たしながら、就職できなかった場合は修了後 7 ヶ月目に
入学金全額返金(利息なし)致します。
・卒業時の SBM 資格認定模擬試験において合格判定を受けている事
・全講義に出席(病気や事故など止む得ない場合除くが欠席は 3 回まで)
・修了後 6 ヶ月間の就職活動支援で最低 4 社面談すること


以下の場合は就職保証の返金対象となりませんので予めご了承ください。
・本人に就職の意志がない場合および就職しない趣旨の合意がある場合
・内定先が本人の希望と合わず辞退したとき


ゴチャゴチャと書いていますが、見れば分かる通り就職(?)しか保証していません。
そもそも、この「就職」の定義がアルバイトや契約・派遣社員含むのか不明ですし、ほとんど何も保証していないのに近いです。
さらに、もし就職出来なかったとしても、返金されるのは198,000円のうち、申込金の5万円のみ。
就職出来なかったら148,000円もの大損です。これが保証??
モバイルカレッジ側とその関係各社がわざと就職させないで148,000円儲ける、という選択肢を選ぶことも可能ですよね。

また、保証するのは就職まで(しかも正社員かどうかすら不明)なので、働き始めてから「お前使えねぇよ」として即クビにするも良し、最初の3ヶ月は試用期間として安くこき使うも良し、先程書いたように契約を無理強いする事を強制して鬱にさせ自主的に辞めてもらうも良し。
こうすれば5万円すら返す必要ありません。何も保証なんてされていません。
ついでに言うと、当初サイトには「給与も変わる」的な表記があったはずですが、それがいつの間にか消えています。怪しさも満点です。

--

服部義一、孫泰蔵、渡部薫の3氏には、これら問題点についての明確な回答を望みます。
特に、最短3ヶ月、最長6ヶ月という中で明らかに不要なカリキュラムが多数ある事と(こいつらの特別講義とやらもな)、実店舗でのホスピタリティの問題は答えていただかないとねぇ。
この程度すら回答も出来ないのに学校なんか出来るわけないですからね。


そして、まさかいないと思いますがこれに通おうとか思ってるバカに強く望むのは「金出してまでソフトバンクショップの店員なんぞになるのはやめとけ」という事です。
ソフトバンク本体が無茶苦茶やってますから、そのクレームも酷いですしね。

どうしてもショップ店員やりたいならドコモにしといた方が色々と学べるしやりがいがあります。
ソフトバンクだけはやめておきましょう。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク