ユーザーの信用情報に傷をつけたソフトバンクが、住信SBIの住宅ローン紹介のDMをユーザーに送りつける様子  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクのせいで信用情報に傷、ブラックリスト入り。しかも半年以上公表せずの隠蔽体質」でもお伝えしてる通り、ソフトバンクは2009年から信用情報機関への誤情報送信を行い、多数のユーザーの信用情報に傷を付けました。
これによりクレジットカードや住宅ローンの審査が通らないという被害が発生しています。また、金融機関への就職で落とされる可能性もあるわけです。

そんな、ガチで人生をブチ壊す可能性を秘めたトラブルを2009年から4年間続け、それを隠蔽し、謝罪もせず全力逃走しているソフトバンクから、皆さんに特別なご案内です。
このタイミングで、なぜかソフトバンクから住信SBIネット銀行の住宅ローンのご紹介ダイレクトメールが続々とユーザーに届いています。

何ですか、これ。
--

スポンサードリンク


--
こちらがその「特別なご案内」です。






このタイミングで、本当に何の冗談なのでしょうか。
というか、SBIは元々ソフトバンクグループとはいえ、現在は独立してるわけで、なぜこんな広告メールが携帯電話ユーザーという全く関連性の無い相手に送られてくるのでしょうか。
どう考えても個人情報の目的外利用ですよね。ひろみちゅ先生がフリーの立場ならまず噛み付いてるレベルですよこれ。

まあ、元々ソフトバンクのプライバシーポリシーに「ソフトバンクのグループ会社にも個人情報を渡す」と明記しており、ソフトバンクと契約するだけで様々なリスクが生まれてくるんですが、今回のこれは本当に酷い。グループ会社でもねーし。
恐らくは消費税の増税前の駆け込み物件購入に合わせたDMなんでしょうけど・・・と思ったらもう消費税関係無かった・・・まあそれはさておき、それにしたって「君たちの信用情報ブラックにしちゃってたテヘペロ」とコッソリ発表した後にやることではありません。いや、DMを送ること自体許されるものではありません。本当にゴミクズ共ですね、ソフトバンク。


ちなみにこのダイレクトメールですが、このソフトバンクのゴミオプションと関係があるかもしれません。

ケータイなんでもサポート | お客さまサポート | ソフトバンクモバイル
http://www.softbank.jp/mobile/support/nandemo/

当社は、本サービス加入者に対し、以下の利用目的のために電子メール(メールマガジン、アンケート)、ダイレクトメール、宣伝物などを送付する場合があります。

(1)本サービスの適切な履行、アフターサービスの実施のため。
(2)本サービスに付随・関連する新商品・新サービスに関する情報のご案内(懸賞及びキャンペーンなどの実施なども含む)を行なうため。


つまり、オプション加入の条件は「スパムを甘んじて受け入れること」だそうです。
「本サービスに付随・関連する」と書いていますが、こんなもの何とでも解釈出来ますし。また、加入後オプションを解約した際の扱いは一切書いていませんし、スパム拒否権も無いようです。そもそも規約ねーし。
というか、オプション加入によりなぜスパム行為を受けなければならないのでしょうか。楽天よりエグいです。

しかもこのケータイなんでもサポート、「あんしん保証パックプラス」というオプションを契約すると勝手に付いてくるんですよね。

http://www.softbank.jp/mobile/support/anshin-pack-plus/


もちろん契約時にケータイなんでもサポートの規約など説明されないので、知らぬ間にスパム受け入れを了承させられているわけです。


ソフトバンクとはこういう会社です。
契約すると本当に痛い目に遭いますよ。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク