ソフトバンクの7GB制限解除の課金について (ノークリック詐欺編)  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクの7GB制限解除の課金について (ワンクリック詐欺編)」では、ワンクリック(タップ)で2GB分の通信量を購入させられてしまうという罠について書きました。

続いてのこの記事で書くのは、ノークリック詐欺です

さらに物騒になりました。もう詐欺というレベルではなくなっています。
でもやっぱり詐欺企業ソフトバンクでは普通ですが。
--

スポンサードリンク


--
S-MAXにて、こんな記事が掲載されました。

携帯電話の購入は「契約」です! ソフトバンクモバイルでiPhoneへ機種変更したときに契約書類確認の重要性を実感【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】 - S-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア
http://s-max.jp/archives/1604959.html


この記事では、ソフトバンクで契約する際に著者が見た問題点が書かれています。契約書類確認の重要性というのを強調しているようですが、事例が「そういう問題じゃねーだろ」感満載のエグさです。

著者の親類が、フィーチャーフォンからiPhoneへ機種変更するという事で契約に付き添ったそうです。
家電量販店に行ったそうですが、対応した店員は名札で確認した限り、ソフトバンクモバイルの社員だったそうです。

ソフトバンクモバイルの社員です。

これ、よーく覚えておいて下さい。
店舗はヤマダかヨドバシかな? 札幌在住らしいのでヨドバシっぽいかな。


で、手続きの前にまずオプション強制が入ったそうです。見てるかー、高木浩光。ソフトバンク社員がオプション強制してるぞ。
強制されたオプションはWホワイト・iPhone基本パック・あんしん保証パックプラスまたはあんしん保証パックR(i)・Yahoo!プレミアム for SoftBank・UULA、とほぼフルコース。まだこんな事やってるんですね。知ってましたけど。
これを受けて「後から解除するのは面倒だし、オプションに加入したくない」と言ったところ、ソフトバンク社員は「購入者全員にこの条件でお願いしている」とのたまったそうです。

しかし、ソフトバンクは最近申込内容確認書に『ソフトバンクモバイル取扱店では、オプションサービス加入の強要や、商品のご購入者に別の商品の購入を強制する「抱き合わせ販売」は行っておりません』と記載しているようです。いや、目の前で社員がやってますけどw
だから無意味な記載だって言っただろ高木浩光。
この点について指摘すると、強制オプションは取りやめになったそうです。無駄なやりとりでしたね。

--

と、ここまでで既に酷いんですが、7GB制限とノークリック詐欺の話はようやくこれからです。すみませんね、こちらも記載しておかないといけないんで。文句ならソフトバンクに言って下さい。

で、本題。

途中、提示された「iPhoneご契約に関しての注意事項」という書類に『 「速度維持の毎回確認なし」を設定された場合、ご利用状況によってはパケット通信料が高額となることがありますのでご注意ください。』という記載を見つけた著者。
これについてソフトバンクモバイル社員である店員に確認すると、7GB制限による速度低下を自動的に回避、つまり自動的に税抜2,500円(4月から消費税8%で2,700円)の課金がされる「速度維持の毎回確認なし」という設定が存在すると言われたそうです。
これはワンクリック詐欺編でもご紹介しましたね。

で、この自動課金設定が勝手に適用されていることが判明したそうです。

つまり、パケット代は青天井。定額制でなくなりました。
パケット通信を使えば使うほど、勝手に課金されていきます。
これがノークリック詐欺。ユーザーは何もしていないのに、お金が取られていきます。

この後、最初から登録をやり直すハメになって、時間を浪費したそうです。

しかし、さすがソフトバンクモバイルの社員、そしてソフトバンク。クズですね。
代理店のせいにも出来ません。これがソフトバンクモバイルの意思であり指示であるという事ですから。
また、もしかしたらこの「速度維持の毎回確認なし」がソフトバンクの今のデフォルト設定になっているかもしれませんね。

※追記&警告

どうやらこの「速度維持の毎回確認無し」設定はショップや家電量販店などに出向する社員の評価対象になっているようです。

皆さん、気を付けないとソフトバンクに殺されるかもしれませんよ。死因はパケ死。


ちなみに、ソフトバンクはノークリック詐欺も昔やろうとして各方面からボッコボコにされてましたっけ。

ソフトバンクモバイルがボタン1つでアクセスできる「Yahoo!ケータイ」のトップページを有料化、携帯電話を傾けると再課金も - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20081104_sbm_toppage/


Y!ボタンを押した際に表示されるトップページや料金等確認ページのパケット代を有料にするというとんでもない事をやろうとしていたソフトバンクですが、これが実現されると、当時販売されていたシャープのサイクロイド機構(画面を横に90度回転させる事が出来る)付き携帯や、傾きセンサー付きの携帯では、画面を回転させたり傾けたりするだけでページの再読込が行われ、再度パケット代がかかるという素敵な事態が起こるとして大騒ぎになりました。まさにノークリック詐欺。

--

という事で、ワンクリック詐欺編と合わせて読んでいただくと、ソフトバンクのエグさが良くおわかりになるかと思います。まあ氷山の一角ですけど。石ころサイズの。
それでもソフトバンクを契約したいですか? したいなら勝手にしたらいいと思いますが、もれなく痛い目に遭いますよ。
警告は散々しているので、責任は自分で持って下さいね。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク