ソフトバンク「ホワイト誤請求」のとある例、後始末が酷過ぎる  このエントリーをはてなブックマークに追加


まあ小ネタっちゃ小ネタなんですが、内容を見ると酷過ぎたのでご紹介します。


当ブログでは過去にもソフトバンクの誤請求についての記事をいくつも書いてきました。

ソフトバンク、約16万回線から計約3520万円の誤課金!そして謝罪無し!
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html

またソフトバンクの「ホワイト誤請求」、プレスで公表せず対象者だけに通知する隠蔽体質
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-264.html

ソフトバンクの「ホワイト誤請求」の酷過ぎる例を見つけた
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-350.html


集団・個人問わず誤請求が酷く、本体がやらかしたりショップがやらかしたりと発生源も広く、しかもわざとやってるとしか思えないような例が多いため、俺は「ホワイト誤請求」と呼んでいます。
今回の例は「解約処理漏れ」です。これもわざとやってるフシが多いです。
そして、それだけでも十分酷いのですが、その後始末もボロボロ過ぎでした。

これもきっとわざとやってるんだろうなー。
--

スポンサードリンク


--
まず、このTwitterアカウントのツイートにある、ソフトバンクから送られてきたおざなりな謝罪文の画像を書き起こしたいと思います。

平成26年3月31日

ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンクカスタマーサポート


拝啓 ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。これまで弊社携帯電話サービスをご利用いただき、誠にありがとうございました。
この度、過去に起こりました弊社ショップでの解約処理洩れに端を発して、その後の料金調整と案内書面においても処理洩れと誤記載が発生しました。度重なるミスにより、お客様に大変ご迷惑をお掛けすることになり、誠に申し訳ございませんでした。今回の経緯については、下記の通りとなります。改めてお詫び申し上げますとともに、今後一層業務の改善に取り組んでまいる所存でございますので、ご容赦のほどお願い申し上げます。
また、大変勝手ながら、弊社の都合によりお客様宅へお伺いすることが出来ませんが、何卒ご理解のほどお願い致します。最後に、■■■様の益々のご活躍、ご健勝心よりお祈り申し上げます。

敬具





・以前の書面で、平成25年7月分と9月分の対象請求 9,649円(税込)全額を返金、としておりましたが、実際の処理として、2013年11月には4,786円しか返金されておらず、後から2014年3月に4,863円を返金いたしました。

・平成26年1月分・2月分全額を調整します、としたものの、2月分の調整が洩れておりました。つきましては、改めて2月分(2,312円税込)を3月中に現金振込みしております。

以上


というかこれ、謝罪文なんですか?
文章の端々に上から目線感と全部処理したから許せよ感が漂い、実に気分が悪くなります。
普通、解約漏れという問題に重ねて返金ミス・調整ミスまでやらかして顧客に散々不快な思いをさせておきながら、「ご容赦のほどお願い申し上げます」「弊社の都合によりお客様宅へお伺いすることが出来ませんが、何卒ご理解のほどお願い致します」なんて言葉を謝罪文で使うものなんですかね。

解約漏れはソフトバンクではしょっちゅうありまして、どうも解約処理をするとショップにペナルティが行くなんて噂まで聞こえるため、わざと解約処理を怠っているんじゃないかという疑惑もあります。
特に解約漏れで多いのがソフトバンク回線とイーモバイル回線(MVNO)がセットになっている007ZのようなモバイルWi-Fiルーターで、これはソフトバンク・イーモバイルそれぞれ独立した1回線ずつの契約となっており、それぞれ解約処理を行わなくてはなりません。
これのどちらかが解約処理されずに残り、契約が続いて料金が引き落とされ続けるという例が多数発生しています。例えばこういうの。

勘違いなんて事は無いですね。

それ以外にもフォトビジョンことゴミが解約されてないなんて話も聞いた事があります。
これも「ホワイト解約漏れ」とでも呼べばいいでしょうか。

で、この例がどういった回線契約だったのかはわかりませんし、調整や返金の内容が詳しくわかっているわけではありませんが、ホワイト解約漏れにより払う必要の無い料金が発生して払わされていたようです。
そしてその分を返金としていたものの、4,863円が返金されていないわ、調整するといった金額は調整されていないわとソフトバンククオリティが炸裂しています。

こんな事でまた無駄な時間と労力が消費されてストレスと心労が増えるわけですが、ソフトバンク的には「漏れてた分を全部処理してやったぞ、許せ」で終わりなのだそうです。

--

何度も何度も繰り返しますが、ソフトバンクと契約すると無駄な金を払わされる事になりますし、最終的に返金されるにしてもそこに使う時間と労力は返ってきません。
さらに気分を悪くする対応までセットなのですからたまったものではありません。

だからソフトバンクと契約してはいけないのです。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク