ソフトバンク、iPhone6「タダで機種変更キャンペーン」という名の嘘キャンペーン。実態は単なる下取り【9/16更新】  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクがiPhone6発売に合わせて「タダで機種変更キャンペーン」とかいうのをやるそうです。

実質0円から「iPhone 6」に機種変更できるキャンペーン開始、さらに最大10,800円の割引!iPadを最大1年無料で使えるキャンペーンも! | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/cm_campaign/20140912a/


しかし、これよくよく見ていくと「どこがどうタダなの?」と首を300度ぐらい捻らざるを得ないんですよね。
単なる下取りキャンペーンなんですよ、これ。
(あとiPadのキャンペーンは罠が仕掛けられてるので、こちらは別記事で取り上げます)

iPhone6発売に合わせて早速ユーザーを騙すソフトバンクをご覧下さい。
--

スポンサードリンク


--
まず最初に言っておきます。

どうしてもこのキャンペーン適用したいなら、割引じゃなくTポイント付与一択!!

これだけ頭に入れながらお読み下さい。

--

まず、そもそもソフトバンクはiPhoneに関しては機種変更でも実質0円としていた歴史がありますが、iPhone5の発売後しばらくして値上げした実績があります。

ソフトバンクがiPhone5機種変を値上げ。月月割390円ダウンでトータル9360円損、実質0円でなくなる
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-254.html


これ以降、機種変は実質0円ではなくなりました。今回の最安モデルであるiPhone6 16GBでも月月割で相殺した価格は14520です。高い。
値上げ大好きソフトバンクらしい施策ですね。


で、今回「タダで機種変更キャンペーン」なるものがiPhone6発売に合わせて行われるようです。
端末価格変更とかやらかしてて大混乱起こしてるので、検証するのが面倒・・・

タダで機種変更キャンペーン | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/tada-kisyuhen/

9/14時点




9/16時点(ただし10/31まで限定)
shitadori01.png


要約しますと、「キャンペーン対象になるご利用中の機種」から「機種変更対象機種」へ機種変すると、通信料から割引 or Tポイント付与。これが最大25320円(税込)分。
「機種変更前の機種を当社が回収」とか「当社指定スマホをご利用中で、ご利用中の機種を回収」とか書いてあるんで、何かこの書き方だと現在利用中の端末(その回線の、最後にソフトバンクで契約した端末)という縛りがあるとしか思えないんですが、一応それ以外でもソフトバンクが販売したものなら下取りするらしいです。本当かよ。超嘘臭ぇ。

で、キャンペーン適用条件が「機種変前の機種をソフトバンクが回収する(正常動作品のみ)」事なんですね。

これ、これまでやってきたのと同様の、単なる下取りです。

特にプランの縛りも無い(ホワイトプランでもいける)ところを見ても、単なる下取りです。
まあショップではスマ放題強制が行われていますが(「iPhone6の店舗での予約時にスマ放題などを強制するソフトバンクショップが多発している模様、受け取り時も間違いなく危険。」を必読のこと)。

で、iPhone6 16GBへ機種変する場合、5以降のiPhoneからの機種変だと月あたり1055円が24回で合計25320円分、4Sからの場合は月あたり605円で合計14520円分の割引ないしポイント付与となります。
それ以外のモデルへ機種変する場合はそれぞれ240円分ずつ下がります。

・・・というものでしたが、10/31まで限定で増額。
iPhone6 16GBへ機種変する場合、5以降のiPhoneからの機種変だと月あたり1350円が24回で合計32400円分、4Sからの場合は月あたり900円で合計21600円分の割引ないしポイント付与となります。


では、9月(「当月でも予告無く変更する」との文言があるが。なら9月って書くなボケ)の下取り価格と比較してみます。



iPhone5が19000~23000円分、iPhone4Sが7000~11000円分ですね。
これとキャンペーンの最初に出していた数字とを比較すればわかりますが、現状の下取り査定額より少し色を付けた程度なのが「タダで機種変更キャンペーン」ということになります。
最大で税込7520円分しか上乗せしてないんですか、へー。
しかも容量大きいモデルの人は損でiPhone5 64GBだと2320円分しか上乗せされていませんね。これがソフトバンクのやり方なんですね。知ってますけど。

また、iPhone5sや5cも下取り対象に追加されるわけですが、iPhone5s/5c発売時のiPhone5の下取り価格を見てみると21000~25000円分なんですね。

ソフトバンク、iPhone5を「スマホ下取り割」の対象に追加 - iPhone Mania
http://iphone-mania.jp/guide-5050/


今回で言えばiPhone5sがこれにあたりますが、この下取り価格と同じとすると64GBモデルの場合は数百円しかキャンペーンの恩恵が無いということになります。
それを「タダで機種変更キャンペーン」なんて書いてる時点で完全に優良誤認にあたります。
そもそも「タダ」=「実質0円」という勝手な定義だと思いますが、実質0円になるのはiPhone6 16GBのみですし、実質価格の話なので、2年使わず機種変や解約をすると0円じゃありませんし、設定された機種代はどうあがこうとキッチリ払わなければなりませんので根本的にタダではないのです。
さらに前の機種に付いてた月月割は消えますし、分割払いなら残債も払っていく必要がありますし。

また、かなり古いスマートフォンも対象となっていますが、これらを下取りしても実質0円になる金額での下取りになるのかというと、そうではありません。
iPhone4以前の機種だと最大2280円分しか割引が無いですね。アホかw

タダで機種変更キャンペーン | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/tada-kisyuhen/-page_02/


auも下取り金額増量とアナウンスしていますが、ソフトバンクと同じようにiPhone6 16GBが実質0円となるにもかかわらず「タダ」などと吹いてないことからも、ソフトバンクのクソさが良くわかると思います。

・・・と書いていたら期間限定ながらさすがに下取り額上げてきたわけで、これならまあ納得出来るレベルにはなったのかなと。
古い機種も同様で、iPhoneであれば売るよりいいかもって感じになりました。


しかしながら、毎度恒例の罠や問題点のツッコミです(既にツッコミ入れてますが)。
従来の下取りと比較してみましょう。

従来の「スマホ下取り割」ですが、どの機種を下取りしても毎月税込1000円ずつの割引となり、それが一定期間続く形です。
例えば現在iPhone5 16GBは17000円となっていますが、つまりこれは割引が17ヶ月間続くという事です。
で、不思議な事に解約するとこの割引が消えてしまいます。半年で解約するような事があると割引は6000円で終了、つまり6000円で下取りに出した事になるんです。おかしいですよね。
要するに下取りに出すと金額によっては長期間の縛りになるという事です。しかも査定に出して完了するまで割引は始まりませんし。

さて、今回の嘘キャンペーンの場合はもっと悪質です。
既におわかりかと思いますが、要するに縛り期間が2年固定となっています。

割引は24ヶ月間、24回に分けて行われ、途中で解約するとスマホ下取り割と同様割引は無くなります。
これまでなら2年経たずにで受け取り終えるはずの割引が(例外はあるが)、このキャンペーンだと2年固定となります。
つまり新たな2年縛りという事になりますね。
特にiPhone5、5s、5c以外の場合は割引額が1000円/月を下回るため、よりユーザーに不利になっています。

もちろん、ソフトバンクを使い続けるという覚悟のある人なら良いのかも知れません。
しかし、ソフトバンクには極悪3日1GB規制が存在し、これを問題視して乗り換えるという人も良く見掛けます。
が、このような下取りを人質にとった割引があると、乗り換えの妨げになります。
こんなユーザー不利な糞キャンペーンを適用してしまうと、本当に痛い目に遭います。


また、ポイント付与を選択してもやはり24回に分けての付与となると思われます(過去に分割付与だった例がある、今回も恐らく同様)。
・・・と思いきや、何と今回はTポイントなら一括付与となっているようです。

[タダで機種変更キャンペーン]どのようなキャンペーンですか? | ソフトバンクモバイル
http://faq.mb.softbank.jp/smart/detail.aspx?cid=81111&id=e65774f464a5230775766465461616f53616458395746776644304c50706577325379774c4341436e4f76673d&categoryId=0


しかもTポイントなら利用料金(基本料やパケット定額など。機種代や違約金には無理)に一気に充当出来るので、こちらなら上に挙げたデメリットが無くなります。

[Tポイント]毎月の料金に使う場合、どの料金が割引対象になりますか? | ソフトバンクモバイル
http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=80771&id=e4467352f344e515a5a6b69766a76694478783753726b524a7174782f56776b36674f2b6c394d4b785249593d

[Tポイント]通信料の割引に使う方法を教えてください。 | ソフトバンクモバイル
http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=80756&a=101&id=80756


24分割で割引を受ける意味は全く無いので、選ぶなら割引ではなくTポイント付与一択です。
例えばiPhone6 64GBの場合、ホワイトプラン + フラットだと月月割を除いた4623円がTポイント充当対象となるので、32400ポイントなら7ヶ月でほぼ消化出来ます。やったね!
これなら縛りにならないので、転出しやすくなりますね。やったね!

ただし、ショップでTカード登録を強制してくる事例が発生したり(個人情報が流されるので危険)、ポイント付与の選択肢を隠したり、Tポイント付与だと機種変させないといった事例も考えられます。
また即時付与ではなく、下取り査定が終わった翌月に付与なので、わざと査定を遅らせる事もありそうな気がします。
あとさすがにもう無いと思いますが、「やっぱり分割にするわ、お前ら確実に縛るわ」と改悪を行う事も考えられますので注意して下さい。

もう1つ付け加えておきますと、期間限定増額と合わせて発表された、他社端末の下取りに関してはTポイント付与の選択肢はありません。
24分割割引のみしかありませんし、このキャンペーンと違ってスマ放題強制ですので混同しないように。

ちなみにauやドコモの場合はこんな分割など無いですし、付与されたポイントはそのままiPhone6の機種代に利用出来ます。
当たり前でしょ、下取りなんだから。

--

ということで、何がどうタダなのか一切わからない単なる下取りでしかなく、ユーザーがより不利になるキャンペーンということがお分かりになりますでしょうか。
まさに「タダより高いものはない」です。
どうしてもキャンペーンを適用するなら、Tポイントを選択すればまだ適用してもいいかなと思います。それでも他社より大きく劣りますが。

まあ下取りよりもオークションに出して現金を手に入れる方が何かと捗りますけどね。
iPhone5でも2万円ぐらいになりますし、動作しないジャンク品ですら高額で売れます(部品取り用に買う人・業者がいる)。

「iPhone5 16gb」を検索|ヤフオクなどのオークション情報が満載

ヤフオクで携帯電話・スマートフォンを売るのは制限がいくつかあり非常に面倒ですが(特にYahooかんたん決済がかなり面倒な仕様)、楽天オークションが意外と使えるサービスですし、モバオクや、アプリから出品出来るスマホ専用のオークションサイトもいくつもありますので、そういったオークションを利用するのもいいと思います。特に落札金額が下がるような事も無さそうですし。

あと注意しておきますが、下取りについてネガティブな情報を出して拒否して2年縛り無料SIMを契約させようとする事例も当然起こりますので、どう転んでも地獄なのがソフトバンクです。

結局のところ、ソフトバンクとは契約しないのが大正解ということです。
ソフトバンクとは絶対関わらず、賢く生きていきましょう、皆様。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク