ソフトバンク「iPadセット割」はiPad返却義務がある。購入したはずなのにユーザーに所有権は無い?  このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6の販売に際し、予約段階ですでに通話し放題が組み込まれた高額プラン「スマ放題」を強制しているソフトバンク。

iPhone6の店舗での予約時に悪質な契約を求めるソフトバンクショップが多発している模様、受け取り時も間違いなく危険。
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-402.html


そんな中、さらにスマ放題強制を加速させるようなキャンペーンを張っています。
それが「iPad セット割」。

iPad セット割 | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/ipad-setwari/


スマ放題用のデータシェアとデータくりこしを併用出来るようなキャンペーン「タブレット・ルーターセット」の中の、iPadのみのキャンペーンのようで、「iPadの利用料金が1年間無料」と謳っています。
まあiPadそんなに売れてないので、どうにか処分したいって事なんでしょうか。Apple的にもiPadが振るわないから5.5インチのiPhone6 Plusを販売するんでしょうし。

しかしこれ、とんでもない罠が仕込まれています。
それが「解約・機種変更時にはiPadを返却しないといけない」というもの。
しかもこの場合の購入したはずのiPadの所有権の扱いが謎なんですよね。

その他にも数々の罠が仕込まれている、実にソフトバンクらしいキャンペーンです。
注意喚起しておきます。
--

スポンサードリンク


--
ではiPadセット割の中身について説明していきます。

iPadを新規契約か機種変更して子回線として登録すると、利用料金が割引になるというのがこのキャンペーンです。
iPadの利用料金が最大1年間無料としていますが、割引回数が12回と明確に書かれているページが無いですが、恐らく12回割引でしょう。
さらに親回線とパケット分けあいしつつパケットの繰り越しも可能なのが「2台目データシェア」との違いみたいですが(これは「タブレット・ルーターセット」の内容)、家族間のデータシェアは適用出来ないため個人向けのプランということになります。
親回線はスマ放題に加入したiPhone、Androidスマートフォン(Android)、3G携帯(フィーチャーフォン・ガラケー)が対象で、何とLTE対応でなくてもスマ放題にさえ入っていればキャンペーン適用出来ます。


・・・しかし、ここでまず第1の罠があります。
3G携帯電話はスマ放題でもパケット通信量に上限はありません。

料金体系 | SoftBank 3G(携帯電話) | 料金・割引 | モバイル | ソフトバンク

ところがiPadセット割を適用すると、携帯電話(ガラケー)でもスマートフォン同様、通信量に上限が付くようになってしまいます。意味がわかりません。過去、どんなプランにしても通信量に上限なんて無かったのに・・・
このキャンペーンは「携帯電話にもパケット上限を付けてしまおう」という魂胆が見えます(スマ放題だと携帯電話にも3日1GB規制がつきますし)。


また、ソフトバンクはデカデカと「iPadの利用料金が1年間無料」と書いていますが、割引額はデータパックの容量によって大きく変わります。一部プランのみという注釈が書かれていないので景表法違反ですね。

ipadseto01.png

スマートフォンの場合だと5GBのプラン、携帯電話だと2GBのプランの場合、1080円(税込)を12回しか割り引いてくれません。iPadの利用料金は全く無料ではないですね。優良誤認です。
それより大きいプランであれば税込2700円割引で、毎月発生するタブレットプラン1836円、ウェブ基本使用料324円、タブレット・ルーターセット月額使用料540円が0円となります(すべて税込)。
しかし、スマホだと10GB以上のプランを選ぶ必要が出て来るわけで、最低の10GBプランを選択すると、毎月 [基本料2700円 + Sベーシック300 + データパック10GB 8000円(家族データシェア非適用時)]*1.08=11880円も掛かります。

・・・しかし1ページ内で同じ数字が税込・税抜で混在してて糞な表記ですね。
ソフトバンクは、料金は安く・割引は高く見せかけるために、料金を税抜・割引を税込で表記する事を徹底していますが、こういう混在表記は規制すべきでは?


ここまでが第1の罠。
次の第2の罠が特に重要です。

それが冒頭にも書いた「解約・機種変更時にはiPadを返却しないといけない」という罠。

・本キャンペーンにてご購入いただいた iPad を解約・機種変更する際、当社が回収させていただくこと(回収機種に破損がなく正常に動作すること)。
・本キャンペーンにて購入した iPad を当社が回収できなかった場合、回収した iPad に破損または正常に動作しなかった場合、iPad 回線を譲渡した場合、割引した金額を返還していただきます(上限15,000円)。


要するにiPadはレンタルという形になります。
こんなの真っ先に書いておかないといけないでしょ。

しかも破損のない正常動作品を返却しなければなりません。
破損ないし正常動作しないものを返却したり、他人に売却したり、紛失・盗難などソフトバンクが回収出来ないといった場合には、割引した金額を最大16200円(税込)返還しなければなりません。
月1080円割引の場合は割り引かれた12960円全額返還しなければならないようです。
これではオチオチ外に持ち出せませんね。

というか、購入しているはずなのに返却義務があるというのが意味不明です。所有権は一体どこにあるのでしょうか?
注釈のところにはハッキリと「購入」と書かれているわけで、購入しているのであれば所有権は購入者にあるため、返却する義務などあるはずがありません。
割引された金額を返還というのもおかしいです。

その他の記述を探してみたところ、コロコロ内容の変わることでお馴染みのFAQページが。

[iPadセット割]どのようなキャンペーンですか? | ソフトバンクモバイル
http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=81117&id=e4b3069516830414f593862763154304b345551493266454b52586a336f664a487645424c69315a555a30383d


こちらでは「購入いただいた iPad を解約・機種変更する際に当社に下取りに出していただくこと(※iPad を当社に下取りへ出していただけない場合、違約金として15,000円がかかります。)」と、解約・機種変時の下取りが条件となっています。
・・・えーと、返却と下取りでは全くもって意味が違うのですが? 無茶苦茶ですね。

この場合はユーザーが下取りに出さない場合に違約金を設定している形ですが、これはこれでセーフかどうか微妙な感じ。


最後に第3の罠ですが、「iPad セット割のみ、先行して9月19日よりタブレット・ルーターセットを受付する」という記述。
つまり、iPhone6購入者をどうにかしてiPad購入に誘導し、スマ放題に加入させようという魂胆のようです。

http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/cm_campaign/20140912a/

2~10GBのプランのみの受付とのことですが、iPhone6なら割引満額の10GBに誘導されるのは目に見えています。
すると毎月11880円も掛かりますし、1ヶ月に10GBも使うなんて普通はありえません。
あ、言っておきますがパケット繰り越しってあれ、全く意味無いですからね。例えば普段7GB使っているとして、次の月に13GBも使いますか?
しかもソフトバンクには極悪3日1GB規制が存在しますからね。

ちなみにiPhone6の予約時にiPad契約を強要される例が出ているので、この憶測は合っているかと思います。

--

まあ、最大2700円*12回で合計32400円(税込)の割引がある=32400円での下取りが約束されていると言えますし、盗難や破損、故障で16200円マイナスされたとしても半分の16200円は割引されるわけですが、その代わり高額なスマ放題とデータパックに加入しないといけないというリスクが存在します。
普通に考えればそんなプランはお得ではないと感じますよね、手持ちのiPadが回収されてしまうわけですし、回収を拒めば最大16200円の請求が来ます。

現時点でもアレですが、まだ規約等が公開されていないので、まだ罠は増えるかもしれません。
ソフトバンクの「無料」は無料ではありません。無料という言葉に騙されないようにしましょう。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : まぢかよ!?
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク