ソフトバンク光のトラブルがヤバ過ぎる。基本トラブル編 #SoftBank光  このエントリーをはてなブックマークに追加

※注意
この記事はソフトバンク光サービス開始直後の記事となりますが、1年経っても全く変わってない上に夜の回線速度が遅かったり悪質な勧誘がはびこってたりと色々問題が増えています。GoogleやTwitterで検索すればわかりますし、記事にもしてますので、それを踏まえてお読み下さい。



3/1からソフトバンクが提供を開始した、フレッツ光の回線を借りて展開する光回線サービス「SoftBank光」。
当然のようにサービス開始当初からトラブルが散見され、3週間近く経った今でもトラブルが続いてるどころか悪化してる感があります。
ツイッター上で見られる苦情はこちらのTogetterにてまとめてあります。

ソフトバンク光が早速トラブル中なんですが #softbank - Togetterまとめ http://togetter.com/li/790363


という事で、ソフトバンク光の酷すぎる惨状を改めてまとめたいと思います。
で、あまりにトラブルの内容が多岐に渡ることから、この記事では「基本トラブル編」として多数の被害が報告されている事例を取り上げ、さらにこれが今に始まったことではなくYahoo!BB開始の頃から今までまるで変わってないという事実も皆様にお知らせしたいと思います。
--

スポンサードリンク


--
一応、ソフトバンクのブロードバンド回線事業についての基礎知識。

ソフトバンクのブロードバンド回線サービスは「Yahoo!BB」として知られていますね。
で、今回は「SoftBank 光」というサービス名となっていますが、どちらも提供している会社はソフトバンクBB社です。
Yahoo!BBは単にサービス名であり、Yahooが提供しているわけではないという基本を知らない人が案外いるので、この点をキチンと把握しておきましょう。

そして、そのソフトバンクBBは4月にソフトバンクモバイルに吸収合併されます(ソフトバンクテレコムとワイモバイルも)。
更なる混乱が予想されますね。わくわくしますね。


では、ソフトバンクだけが出来る素晴らしいトラブルの世界にご案内しましょう。


・工事日の連絡が遅れる、無い

「通信速度No.1」と嘘の広告を掲げるソフトバンクだけあって、工事日の連絡が工事日の後に届くという素晴らしい連絡速度を展開しています。
いや、届いてるならまだマシな方で、連絡自体が無いのも当たり前です。








そして、連絡があったとしても、次のトラブルが待ち構えています。為末さんでも越えられなさそうな連続ハードル。


・工事日になっても工事が来ない

「公約は必ず守る」と嘘をつく孫正義の会社であるソフトバンクだけあって、工事日になっても工事が無い(もちろん連絡も無い)という事例も多発しています。








そもそも工事日の希望が叶わないというツイートも散見されるんですが。
良くぞまあ偉そうに「光の道」とかほざいてたもんですね。工事日の摺り合わせすら出来てねぇじゃねぇか(当時の記事「SB松本副社長の反論の反論の矛盾を突こう。」を読むと、怒ってる理由がわかると思います)。

こういったトラブルを解決するためにサポートに頼ろうとするのは自然というか当たり前の事です。しかし・・・


・サポートの電話が繋がらない

「つながりやすさNo.1」と嘘のフレーズを掲げるソフトバンクだけあって、サポートの電話はまるで繋がりません。
上記のようなトラブルの問い合わせが殺到しているにしても、あまりにも繋がらなさすぎですね。「情報革命」という言葉の意味をひしひしと噛みしめる事が出来ますね。








しかもこの電話、受け付け期間は平日の10~19時
仕事してる人は電話を掛けることすらままなりません。それなのに電話繋がらないんだけどね、ハハッ!(どこぞのネズミ風に)

SoftBank 光 お問い合わせ窓口|お客様サポート|インターネット|ソフトバンク
http://ybb.softbank.jp/support/sbhikari/inquiry.html


ちなみに、現在は0800-111-2009という電話番号で携帯・PHSも通話無料となっていますが、つい先日までは携帯・PHSは別の電話番号が用意され、通話料有料となっていました。
上記の苦情ツイートの中の画像にある093-288-0110というのがそれです。
「保留で何時間も待たされるのに有料ってどういうことだ!金返せ!」という苦情も多く寄せられたためか、0800-111-2009という電話番号に変わり、携帯・PHSも無料となりました。最初からそうしとけよ。あと、ちゃんと返金しろよ。


また、一応メールフォームからの問い合わせも存在するのですが、返答が来るまで時間が掛かるのはもちろんのこと、回答が「ここじゃ無理だから繋がらない電話番号に電話してね☆」というテンプレ回答。




対応出来ないのならメールフォームなんか置いちゃダメでしょ。
まあ、時間を潰してクーリングオフさせないための罠なんでしょうけど。

また、電話が繋がったとしても、「折り返し電話する」と言ってから放置されるんですねー。
再度連絡しようと思っても、繋がらないんですねー。






さらに、電話に繋がってもそこからたらい回しが始まり、数時間も無駄にされるという事態も。







こういった事態に陥った時点でキャンセル・解約したいと思う人も当然いるわけですが、しかし・・・


・キャンセル、解約が困難

「情報革命で人々を幸せに」と嘘のフレーズを掲げるソフトバンクだけあって、解約・キャンセルも上記の繋がらない電話に掛けるしか手段がありません。しかも当然、平日の10~19時のみです。









解約すら困難というのが良く分かるでしょう。

で、これはソフトバンク光で初めて出てきた話ではありません。Yahoo!BBでも同じです。
同じく回線とプロバイダ一体のサービスであるYahoo!BB ADSLでも、インターネット経由では解約申し込みすら出来ないんですよ。
電話でしか解約申し込み出来ず、さらに申し込んでから送られてくる紙に記入して送り、それが受理されなければ解約出来ません。

解約手続きの変更のお知らせ | インターネット | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/ybb/info/support/071214_001/


つまり、解約申し込みから実際に解約出来るまで非常に時間を食うので、その間に月をまたぐと1ヶ月余計な料金を支払わないといけないという姑息な仕組みになっているんです。まあこれは他のプロバイダでもそうなんですが。

そして、解約の申し込み電話がとにかく繋がらない。




はい、ソフトバンク光と同じ構図ですね。

この「解約の電話が繋がらない」という苦情は総務省は把握しているんですけどね。何もしないんですかね。
今年1月に「遠隔操作によってプロバイダを変更する」という不正勧誘について、プロバイダ2社に行政指導を行ったのですが(会社名はなぜか非公表。この指導に該当しそうなのがMOU、hi-ho、YahooBBの3つ)、その発表資料にこのように書かれていました。

総務省|遠隔操作によるプロバイダ変更等に係る不適切な勧誘方法等に関する指導
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000157.html

 また、遠隔操作によるプロバイダ変更の電話勧誘を行う事業者については、上記のほか、例えば以下のような事案についても苦情・相談が寄せられています。

・利用者の契約の意思が不明確なまま、遠隔操作によってプロバイダの変更を行い、その後間もなく当該利用者から解約したい旨の申出があった場合には契約解除料等を請求していると考えられる事案
・有料オプションサービスとして提供している遠隔操作によるプロバイダの変更を可能とするためのサポートサービス、セキュリティサービス等について、当該オプションサービスの料金を加えると月額利用料の総額が電話勧誘で強調した月額利用料よりも高額になるにもかかわらず、当該オプションサービスへの加入意思を十分確認せずに加入させていると考えられる事案
・利用者からの解約希望等の電話連絡が非常につながりにくいなど、苦情及び問合せを受け付ける体制が十分でないと考えられる事案


「利用者からの解約希望等の電話連絡が非常につながりにくい」はMOU、YahooBBが該当しますね。
Googleで「ヤフーBB 解約」まで入れると、サジェストに「電話 つながらない」と出て来ますし、色々苦情が出て来ます。

YahooBBの解約は大変は作業なのであります: Yahoo解約
http://yahooexit.seesaa.net/article/170186845.html


・引っ越しに対して何も対応が出来ない

※注意
これは1年経った2016年3月現在でも同じ有様です。
記事にもしてますので是非お読み下さい。

ソフトバンク光は引っ越しに対応しておりません。
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-454.html

--

ソフトバンク光は引っ越しには対応しておりません。引越しの日通のCMに出てる上戸彩のイメージも下がりそうですね。





引越しナビ | インターネット | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/ybb/moving/

SoftBank 光ご利用検討中のお客様は、現在ご利用中のサービスにてお引越し手続き頂き、お引越し後にSoftBank 光をお申込みください。


いやいやいやいやいやいやw

それは通用しないでしょ。
というか「ソフトバンク光はまだ引っ越しに対応していません」とハッキリとデカデカと書けよ。

で、当然ながら問い合わせ先はサポートセンターw 繋がりません。



また、こちらのブログ記事では「ソフトバンク光を開通させて、後で引越し手続きすると楽」と誘導されたとか。

ソフトバンク光 | ffshitguitar | shit-weblog
http://ffshitguitar.jugem.jp/?eid=19


・申し込むも、転用番号の期限が切れる

フレッツ光から光コラボレーションモデルの回線(ソフトバンク光やドコモ光など)へ切り替えることを「転用」と言います。
この転用手続きのためには、電話またはネットから転用番号を取得しないといけません。
で、回線を契約する時にこの転用番号を取得しなければいけないわけですが、MNPと同じくこの転用番号には15日間という期限があります。

・・・はい、工事の遅れ・連絡無しという事案からもわかる事なんですが、そうしている間にこの期限が切れるという事態が起こるんですね。
そもそも、申し込んだ時点で転用番号を使ってNTT側に手続きしてないの?って話でありまして。・・・もしかしたら転用の仕組みが何かおかしいのかも。転用の仕組みを考えたやつもソフトバンクもひっくるめて、全員バカなんじゃないでしょうか。

そもそも、ソフトバンク光の事前受付は2/4に開始しているわけですが、この時に転用番号取得してもサービス開始までに期限が切れるわけで・・・w ドコモ光が2/16受け付けって時点で色々お察し下さいって感じ。









・接続出来ない状態なのに課金が開始される

接続のためのIDが届いていない、工事がされていない状態なのに課金が開始されるという事例も見受けられます。払わないといけないの?



こちらの方なんか、ここまでの苦情を網羅しています。酷いなんてレベルじゃないですね。



・オプション強制事案

これは前の記事に詳しく書いておりますのでそちらをご参照。

案の定、ソフトバンク光(SoftBank光)でオプション大量強制が行われているようです
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-423.html


ただ、まだこの強制オプションについては色々あり次の記事で書こうと思っておりますので、ここでは前の記事を紹介するに留めておきます。

--

と、ここまでトンデモなトラブルの基本編をご紹介しましたが、このような事態は今に始まった事ではありません。
YahooBBが始まった時から変わってないんです。

ADSL開通までの道のり~Yahoo!BBからフレッツADSL~
http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Pit/2699/

Yahoo! BB ADSL導入記
http://www.hirano.cc/yahoobb.html


この2つを読むだけでもお腹いっぱいになれます。ダイエットにいいかもしれません。(前者は文字化けするので、文字エンコードを変更出来るブラウザで読みましょう。文字コードはEUC-JPです)

で、これを読むとデジャブに襲われるかと思います。特に上の方。当時有名なサイトだったようです。

申し込み受付→モデムが届く→繋がらないまま放置→電話が繋がらない→繋がるが「データが壊れててわからない」→「折り返し電話します」→電話が来ない→客から掛ける(もちろん繋がらない)→工事してない事が判明→ブチギレ

うん、今と一緒だね。2001年の話なんですけどね。

それにしてもYahoo!BBが、まさかここまで
「いい加減」で「ウソつき」で「放置プレイ好き」だとは・・・┐('~`;)┌


という言葉を見ても今と同じです。

さらに、INTERNET watchの取材も受けられたようです。

サイト「Yahoo!BB開通までの道のり」運営者odyouさんに聞きました。
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/1204/odyou.htm


さらにさらに、INTERNET watchはYahoo!BB被害者の意見募集も行いました。

「Yahoo!BBに関するご意見募集」の結果発表~有効回答数680件~
http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/1119/ybb.htm


募集した意見の総括を見ると、その惨状と、やっぱり今と同じであるという事が良くわかると思います。

これらの投稿の第一印象としては、「とにかく長文が多い」ことだ。殆どのご意見が数千文字程度。しかも、詳細な日時等まで示されているものが多かった。また、内容別でいうと、サポートに対する意見と開通時期に関する意見で274件あり、全体の約40%を占めることになる。このサポートに対する意見の約90%が、「メールの返事が来ない」「連絡がない」「電話がつながらない」などの不満となっていた。また、「サポートからの回線切り替え要求の連絡が、何度もくる」など、サポートメンバーによる応対の違いで混乱が生じたケースも多いようだ。


さらにこの時はYahooBBによる「回線にぎり」により、その後、他の回線業者との契約が出来ないという問題もあったようです。

--

・・・えー、こんな感じでまるで成長していないどころかむしろ悪化している感すらあります。
これで基本編ですからね?

さすがにこれを見てまだソフトバンクと契約しようなんて思ってる人は、いませんよね。
既に申し込んでる人は、契約やめようと思いますよね、さすがに。
いい加減、物事を見て判断する力を持ちましょうね、皆様。ソフトバンクという時点で忌避しなくてはなりません。

そして、これはまだ序の口です。
次の記事ではもっと酷い事例をご紹介します。

ソフトバンク光(SoftBank光)のトラブルがヤバ過ぎる。超絶トラブル編
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-426.html


・・・そして総務省のゴミ共は何をしてるんですかねぇ? これまでお前らがもらった給料を全額返上した上で死ねよマジで。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク