ソフトバンク、光回線サービスの名称を「SoftBank光」から「SoftBank闇」に変更  このエントリーをはてなブックマークに追加

4月1日、ソフトバンクモバイルは現在展開している光回線サービスの名称を「SoftBank 光」から「SoftBank 闇」に変更する事を発表した。
--

スポンサードリンク


--
ソフトバンクモバイルによると、「当サービスに関して『2月に事前申し込みしたのに未だに工事の連絡が無い』『工事日の連絡が来たのにその日に工事が来ない』『サポートセンターの電話が繋がらないし繋がってもたらい回し』『解約の手続きすら存在しない』等の問題が多発しており、ユーザーの皆様から『これじゃ光どころか闇だ』などのお叱りを受けた」とのことで、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルを吸収合併するタイミングでサービス名称を変更するとした。
なお、SoftBank 闇のサービスについては「決してダークファイバーを使ってサービス展開しているわけではなく、フレッツ網を借りているだけ」としている。

また、ソフトバンクは岡山県新見市にて独自の光回線サービスを展開しているが、これについては「これはこれで闇」とコメントしている。この光回線サービスはモバイル回線とのセット割引である「スマート値引き」の対象外となっている。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク