「あんしんショップ認定制度」で認定されたソフトバンクショップが無断割賦詐欺を早速やらかして制度の無意味さを露呈させる  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクショップ(とワイモバイルショップ、あとヨドバシやヤマダなど家電量販店のソフトバンクコーナー)を中心に、契約者に対して悪質な販売・契約が行われている、この国、日本。
オプション強制や嘘をついての高額な料金プランへの誘導、不要な高額オプション品(SDカードやiXpand、フィルム、充電器、バッテリー)をプレゼントだなどと称して無断で割賦購入させる「無断割賦詐欺」など、悪質な販売・契約は多岐に渡ります。

もっと早く対策出来ていてもおかしくないはずなのですが、これまで全くと言っていいほど何もしてこなかった無能お役所・総務省(あと消費者庁もかな)もようやく寝ぼけ眼をこすりながら、ちょろっと対策を始めてようやく形になったのが去年5月の電気通信事業法とガイドラインの改正。
これまで認められていなかった店頭契約でのクーリングオフが限定的ながら認められる事となりました。
・・・これに関しても既に問題大アリですけども、これについてはまた後で。

で、悪質な販売・契約自体についても、今年1月から覆面調査を行うなど対策が始まっているようなのですが、そんな中で法改正を受けて「業界団体の自主的な取り組み」として立ち上げられたのが、あんしんショップ認定協議会による「あんしんショップ認定制度」です。

協議会について|あんしんショップ認定協議会
http://www.keitai.or.jp/anshinshop/


これは、ティーガイアやベルパークといった悪質契約の総本山みたいなゴミクズ代理店が中心となって立ち上げた「全国携帯電話販売代理店協会」(全携協)による、「安心して契約出来るキャリアショップ」を認定するという、それ何てマッチポンプ?と言わざるを得ない冗談みたいな認定制度です。
オブザーバーとして総務省の無能お役人が居座っていたり、運営委員会として各キャリアも参加していたり、携帯料金をさらに高くした事で悪名高い野村総研・北俊一が審査委員に居座っていたりで、発表当初から実効性は疑問視されていました。

・・・で。
今年1月から運用されているこの制度ですが、案の定、早速この「あんしんショップ」に認定されているソフトバンクショップが無断割賦詐欺をやらかしました。
やっぱり意味ねぇじゃんこの制度。
--

スポンサードリンク


--
早速やらかしたのは、ソフトバンク赤羽駅前店です。
この数年で多分1番苦情の多いであろう商材、iXpand(iPhoneに刺してデータのやり取りが出来るUSBメモリ。iPhoneのデータバックアップとしてはほぼ役に立たない)がロクな説明も無いままに購入させられています。



では、ソフトバンクのサイトで代理店名を確認出来るので、赤羽駅前店のページを見てみましょう。
ちなみに、代理店名が確認出来るのはPC版のページのみです。スマホ版では代理店名が表示されません。意図的でしょうね。

ソフトバンク赤羽駅前 | ショップ・購入 | モバイル | ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/shop/detail/TD20/


はい、悪名高きベルパークが運営するショップですね。

ソフトバンク赤羽駅前店はあんしんショップのリストにも記載されています。

あんしんショップ認定制度|一般社団法人全国携帯電話販売代理店協会(National Association of Mobile-phone Distributors:NAMD)
http://www.keitai.or.jp/anshinshop/shop/tokyo-1.html

fuannshinn01.jpg

まさか、制度が始まった月にいきなりやらかすとはね。さすがですね、ベルパーク様。
ベルパークは全国携帯電話販売代理店協会の立ち上げに関わっており、社長の西川猛が全国携帯電話販売代理店協会の理事を務めているんですけどねぇ。
何が「あんしんショップ」なんでしょうか。


さて、認定ショップが早速お客様に違法行為を行い無意味さがいきなり露呈した「あんしんショップ認定制度」ですが、そのショップ認定の審査基準は一体何なのでしょうか。
サイトにはこのように書かれています。

認定基準|あんしんショップ認定協議会
http://www.keitai.or.jp/anshinshop/standard.html

携帯電話のキャリアショップとして、従来から取り組んでいる内容について、あらためて「宣誓」 していただきます。

1.全携協会員(正会員、準会員)が運営するショップであること
2.関係法令、ガイドライン、自主規制等を遵守すること
3.消費者保護の精神を堅持し、業界の健全な発展に寄与すること
4.携帯電話の犯罪利用等、不正利用防止に努めること
5.フィルタリングの徹底等、青少年の健全なインターネット利用環境整備に寄与すること
6.顧客重視の姿勢を維持し、丁寧な応対に努めること
7.スマホ教室の開催やe-ネットキャラバンへの積極的な参加等を通じ、地域との共生に努めること
8.健全な業務運営を行い、明るい職場環境の提供に努めること
9.あんしんショップとして更なる向上を目指し、研修等に積極的に参加するなど、研鑽に励むこと



・・・割とツッコミどころ満載ですね。

まず、冒頭に「従来から取り組んでいる内容」とありますが、そもそも取り組んでいればこんな認定制度なんか必要ありません。出オチですか?

各項目もツッコミどころがあります。
1に「全携協会員(正会員、準会員)が運営するショップであること」とありますが、つまり、まず全国携帯電話販売代理店協会に入らないと認定されません。何それ? しかもそれ、宣誓する必要あります? お客様にとって、それは何かの判断基準になるのですか?
2~6は当たり前過ぎる内容ですし(守れてない糞ショップだらけですが)、法律等が遵守出来ていないショップが何で営業出来てるんですか。あと、2と3と6は大体同じでしょ。
7は、そんな事やってるヒマ無いでしょ。ショップにどんだけ負担与えるんですか。

で、こんな「当たり前」と「余計」が詰まった条文を宣誓することだけが認定基準みたいなんですよね。
つまり、全国携帯電話販売代理店協会に加入し、これらを宣誓さえすれば「あんしんショップ」に認定されるという事になります。

これ、何か意味がありますか?
普通、認定するには「過去数年間に無断割賦詐欺やオプション強制などを行っていない、苦情が出ていない」とか、そんな基準があって、それに基づいた審査が行われるはずなんですが、そんな「基準」自体が存在していません。
つまり、審査も何もしていないという事になります。


このあたりのツッコミは1/1にしまじろー氏がブログにて指摘されています。

鳩のマークの「あんしんショップ」がスタート、本当に「安心」できるの?
http://shimajiro-mobiler.net/2017/01/01/post45010/


あんしんショップ認定協議会の審査委員の野村総研・北俊一によると「販売代理店からの申請に基づき、外部有識者で構成する審査委員会が厳正・公正・中立な手続きで認定する」らしいんですが、しまじろー氏は「厳正に審査を行った割には、僅かな日数で多くの店舗が認定されているように感じるところ」と指摘。そりゃそうだ。

「あんしんショップ」は不誠実な携帯販売をなくせるか | 最適ケータイライフ | 北俊一 | 毎日新聞「経済プレミア」
http://mainichi.jp/premier/business/articles/20160929/biz/00m/010/007000c


この記事中で北俊一は

 マークは、安心してサービスの契約や相談ができるショップであることを、代理店自らが宣言する印である。
 マークがあるお店なのにひどい応対をされた、とクレームがあれば、審査の上、場合によってはマークは剥奪される。その責任感と緊張感を受け入れるという覚悟の印である。スタッフは、マークがあるショップで働くことを、誇りに思えるようになるはずだ。


などと書いていますが、マーク剥奪の基準はサイト上には一切見当たりません。
そして、もしマークが剥奪されたとしてもそのショップは公表されないでしょう。
・・・本当にマーク剥奪なんてするんですかね? ソフトバンク赤羽駅前店にマークを取得した事による責任感と緊張感など無かったようですが。
ソフトバンク赤羽駅前店はこれからもマークを店頭に貼り続ける事になる気がします。ベルパークが運営してるというのもありますし。


というか、最大の問題点はこのあんしんショップ認定制度が一切周知されていないことじゃないですかね。
CMでも打ったり各キャリアがユーザーにお知らせしたりして広く周知させるなら、多少の意味が出て来ると思うんですよね。
ユーザーがその存在を認識すれば、あんしんショップの認定や取り消しが、ユーザーやショップにとってメリット・デメリットになるはずなんです。

しかし、そんな事は絶対にしないでしょう。
なぜなら、これは単にキャリア・代理店・総務省の「問題に取り組んでますよー」というアリバイ作りでしかないからです。
本当にユーザーからの苦情を無くすつもりがあるなら、厳しい審査基準を設定し、しっかりと審査するはずです。
また、総務省も違法行為をしたショップに営業停止などのペナルティを与えるような法整備を行うはずです。

でもそんな事をする気は微塵も無いように見えます。実際、問題が認識されてから何年経ってるんですか。悪化の一途を辿るばかりじゃないですか。

ちなみにソフトバンクは去年11月に代理店を集めて会議をしたらしいんですが(ニュース記事もあったはずなんですが失念)、その結果が今回の件だとすると呆れて物が言えません。
全ショップクルーを対象に調査までしてるらしいんですけどね。
まあこれも全てアリバイ作りなだけなので無意味なのはわかってましたけど。ソフトバンクだし。


そもそも、もっと根本的なところで言うと、あんしんショップとかやったところで苦情も悪質な販売も無くならないです。

実際、あんしんショップ認定協議会を立ち上げた後でも無断割賦詐欺の報告は後を絶ちません。
あんしんショップ認定店ですら無断割賦詐欺をやりますし、そうでないショップは「あんしんショップじゃなけりゃやりたい放題だぜ」と言わんばかりの有様です。
1月だけでも既にこんなにあるし・・・(これらは全て現時点で認定されてないソフトバンクショップ)





ホント、先進国で消費者保護の施策をしていない、問題を起こしたショップや企業に何の制裁も行っていないのは日本ぐらいですよ。
EU諸国もアメリカも、そのあたりちゃんとやってますからね。

一体、どうすればこの国の通信業界はマトモになるんでしょうか。
まあ、ソフトバンクを潰せば問題の半分は解決するとは思いますので、一刻も早くソフトバンクを潰しましょう。
あと北俊一や総務省の人間は今すぐ海に沈んでそのまま浮かび上がってこないでほしいです。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク