スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年間メインで使ってみたが、楽天モバイルだけは絶対やめておけ。MVNO(格安SIM)選びは慎重に  このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクネタでなくて恐縮ですが。

「格安SIM」という呼称で知られる、ドコモやauの回線を借りてサービス展開する通信事業者、MVNO。
MNO(ドコモ・au・ソフトバンク)と比べると月額数千円も安いのが大きなメリットで、少しずつ利用者も増えています。
ただし、「混雑する時間帯はMNOと比べて通信速度が極端に落ちる」「通話料の割引制度が整っていない(家族間通話や通話定額など)」などのデメリットも存在します。
このデメリットを許容出来れば、スマホの年間の通信費が2~3万円に抑えられるため(端末代除く)、非常に魅力的です。
結構ね、検索するとソフトバンクからMVNOに乗り換えてる人、多いみたいですよ。


で、2016年3月に俺はauをやめて、MVNOに乗り換えることにしました。
自宅と仕事場には光回線を引いているのでWi-Fi環境が整っているので月間のモバイルのデータ通信量が1GB前後で収まっている事と、電話をほとんど掛けないので割引もほぼ必要が無い事から(家族とは電話するけど、家族は通話し放題に加入しているから向こうから掛けてもらえばいい)、スマートバリュー込みで考えてもauである必要性は無く、MVNOのデメリットも大体回避出来るだろうと思ったからです。

また、乗り換え先のMVNOですが、あえて地雷であろう楽天モバイルを選びました。
恐らくガジェット系クラスタではメインで使う人がいないはずなので、自分が人柱として1年間使用し、その使用感レポートを作成すれば有用な資料になるのではと思ったからです。

1年間使用した結論から言っておきますが、

楽天モバイルだけは絶対にやめておけ。

マジで糞だった。死ね三木谷。
いい面も多少あるのですが、それらを蹴散らす悪い面の数々。

皆さん、ネット上で楽天モバイルのいいところしか書いてないサイトを見ても絶対に信用してはいけません。
それ、アフィリエイト目的でテキトーな事書いてるだけのゴミですから。

「楽天モバイルは通信速度が速い」みたいなのも信じないで下さい。
楽天モバイルはスピードテストだけが速い、詐欺回線ですから。スピードテストとかホント意味無ぇ。


皆さんが騙されないために、楽天モバイルで痛い目に遭わないように、レポート公開します。
ソフトバンクからMVNOに乗り換えようって考えてる人も参考にして下さい。
--

スポンサードリンク


--
まず基本情報から。

楽天モバイルはその名の通り、楽天が運営しているMVNOです。
ドコモ回線を利用して事業展開しており、エリアはドコモと同じです。
料金的には他のMVNOとあまり変わりないですが、常時最大200kbpsのベーシックプランを除けば3.1GBプランが最低料金という事で、あまりプランの幅は広くない印象です。

で、この楽天モバイル、なぜかAPN(アクセスポイント)が複数存在します。
普通、APNは事業者ごとに1つなんですが(サービス別にAPNが違うことはあり得るが)、楽天モバイルはなぜか3つのAPNが存在します。

1. vdm.jp
2. rmobile.jp
3. rmobile.co

これらは上から古い順でして、契約時期によって提供されるAPNが異なっています。
サービス開始当初はvdm.jpが、その後にrmobile.jpが提供され(俺が使っていたのはこれ)、そして現在契約するとrmobile.coが提供されます。
俺が契約した時はまだrmobile.coは存在していなかった模様、2016年3~4月に登場したようです。
2016年12月でvdm.jpのユーザーは全てrmobile.coに移行したので、vdm.jpは現在使用されていません。

そして、ここで問題が。
俺がMVNOへの乗り換えを検討した時点で「楽天モバイルは古いAPNは回線増強せず放置していて、vdm.jp回線は通信環境が悲惨」として、楽天モバイルの悪評に繋がっていました。
もうこの時点でヤバい香りがプンプンしていましたし、それ以前に楽天という時点で既にヤバいんですが、俺が「人柱になろう」と決心したのはこれがきっかけ。
だってね、古いのはもう回線増強しないで放置ってのを聞くと「じゃあ、今のAPNの方がどうなっていくのかチェックしないと」ってなるじゃないですか。普通ならないですかそうですか。


という事で「見えてる地雷」の楽天モバイルを契約したわけです。しかもメイン運用。

では、ここからは自分のツイートを基に時系列で追っていきます。

2016年3月。
最初の頃はまだヤバみを感じつつも大丈夫かなー、って感じだったのですが・・・

こんな「画像動画に速度規制掛けてる」という記事を見掛けて不安が募りつつも、何とか使えそうと思ってたんですが・・・(当時の記事の魚拓がこれ。パケットモニターで規制状況をチェックした結果が書かれています)

4月。いわゆる「通信の最適化」を確認。3月はやってなかった。



5月。不満噴出。

はい、スピードテスト詐欺です。

スピードテスト詐欺とは「通常の通信は規制を掛けているせいで体感速度が遅いのに、スピードテストだけは規制せず全開放してるせいで爆速。実際の使い勝手とスピードテストの結果がかけ離れている状況」を指します。

もうね、体感で酷いのがわかるんですよ。ホント画像読み込めない。明らかにメディアファイルのダウンロードが200kbps以下に規制されています。
スマホはNexus5Xを使っているのですが、中身はカスタムROMを使用しておりまして、これにステータスバーに通信速度を表示する機能が備わっていたため、大体の通信速度の状況を確認出来るんですよね。
画像をダウンロードする時、明らかに200kbps程度しか出てないのがわかるんですよ。

それでいてスピードテストだけは爆速。これが最悪。詐欺ですよ詐欺。ふざけんな。死ね三木谷。
どうも5月に規制強化して一気に通信環境が悪化したようで、同じく5月にこんな記事を書いたブログが。

Apple Musicを利用している人は楽天モバイルを契約するのはお勧めしません - いつか連れてくよオアフ島
http://www.jikishi.com/entry/rakutenm


また、昼休みの時間帯はテキストのような軽いデータ以外全く通信出来ない状況でした。タイムアウト頻発。こちらは規制というより回線の細さでしょうけど。
ただ、6月には回線増強したっぽく、昼休みの全く通信出来ない状況からは改善されていました。



この時は「意外と楽天モバイルいける?」などと思っていたのですが・・・甘いですよね、やっぱり。楽天だし。


10月。
ジャーナリストの石野純也さんが、IIJが行うIIJmio meetingというイベントにて出された「FREETELと楽天モバイルがスピードテスト詐欺を行っているのはネット中立性の観点から問題では?」という質問についてツイートした時のもの。



実は「日本品質(笑)」を掲げて端末開発も行っているFREETELのMVNO回線も、楽天モバイルと同じくスピードテスト詐欺を行っています。
公式に否定してるらしいが確実に嘘です。特定サイトの特定ファイルだけじゃねぇだろ!
今のところスピードテスト詐欺を行っているのはこの2社のみっぽいです。FREETELも絶対に契約してはいけない糞MVNOです、覚えておきましょう。

で、この時点で俺はまた体感速度がクッソ遅いという感想を投稿してます。
そして、もうここからはずっと遅いです。完全にゴミ回線です。死ね三木谷!






という感じで、定期的にブチ切れているあたりで楽天モバイルの品質がお察しであることがわかるでしょう。

また楽天モバイルには3日間制限がありまして、3.1GBプランだと3日間の通信量が540MBを超えると次の日は終日200kbpsに通信速度が制限されていました。
2017年3月からこの3日間制限は撤廃されたのですが、どうせ使う時間は200kbpsに制限されてるのでそもそも規制の有無は関係無いですね。マジで糞だな。

で、当然ながら2017年3月も変わらず制限しまくりでクッソ遅く、しかしスピードテストだけは爆速です。
他にも楽天モバイルに対する酷評が散見されます。










アスキーにもスピードテスト詐欺について書かれていますね。
ただ、「これはあくまでインターネットのベストエフォートの世界なので、楽天モバイルの回線から相性のいい、つまり快適にデータが流るウェブサイトと、そうでないウェブサイトがあるにすぎないが」って書いていますが、それベストエフォートじゃねぇから。バカかよ。

ASCII.jp:3日間の速度制限が撤廃! 楽天モバイルの2999円で買えるスマホセットに加入してみた (1/2)|格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!
http://ascii.jp/elem/000/001/452/1452038/

しかし、実際に使ってみると、あくまで筆者の使った上での主観だが、この数値の差と体感速度は逆転する。たとえば、平日夜22時ごろだが、楽天モバイルではAbemaTVの視聴がとぎれとぎれになってしまい、残念ながら快適な視聴に耐えられないことがあった。

 すぐにIIJmioに切り替えてみると、特に問題なく視聴ができた。画質を最低設定にしても変化はなかった。念のため、速度測定をしてみたが、楽天モバイルのほうが速度が出ていた。

 また、昼休みも似たようなことが起こった。平日12時50分ごろに体験したことでは、Yahoo! JAPANのトップページをスマートフォン用ページで表示させてみても、楽天モバイルはなかなか最初の表示が出ず、画像も含めた全部の表示までは数十秒の時間がかかった。

 IIJmioはすぐにだいたいのレイアウトとテキストが数秒で表示され、ニュースのヘッドラインも確認できた。画像を含めた全部の情報表示までには時間がかかったが、情報が短時間に得られるという点ではIIJmioが優位だった。



また、遅いのは画像や動画、音楽ファイルだけではなく、アプリストアでのアプリのダウンロードも同様なんですよね。
3MB程度のアプリを落とすのに数分掛かるとか・・・完全にゴミカスです。電池も無駄に食うし。死ねや三木谷。


しかし、繰り返すようですがスピードテストだけは爆速なのです。


この「スピードテスト詐欺」のせいで、スピードテストアプリでは楽天モバイルの糞っぷりを示す事が出来ないため、どうすればいいのだろう・・・と思っていたところ、orefolder氏のブログ(「格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年3月その1 LINEモバイルの復活-4Gmarkの結果でも三強状態 | orefolder.net」)にて「4Gmark」というアプリの存在を知りました。

4Gmark (3G / 4G speed test) - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.agence3pp&hl=ja

4Gmark (3G / 4G speed test)を App Store で
https://itunes.apple.com/jp/app/4gmark-3g-4g-speed-test/id638738563?mt=8


このアプリは既存のスピードテストアプリとは違い、実際に使われる拡張子のファイル(.doc、.pdf、.mp4、.jpg、pngなど)の通信速度・YouTubeの動画読み込み完了までの時間・有名サイトの読み込み完了までの時間を測定し、総合的な通信品質をポイントに換算して評価してくれます。
スピードテスト詐欺を回避し、実際の使い勝手や体感速度を可視化してくれるアプリとなっています。

という事で、4Gmarkを使った楽天モバイルのテスト結果はこんな感じ。
ちなみに自宅の光回線に繋がるWi-Fiだと5万点ぐらい出ます。得点が500点以下だとほぼ使えないレベルと考えて下さい。



昼と夜のピーク時の計測結果ですが、見比べれば分かる通り、1枚目のスピードテストアプリ(「Speedtest.net」アプリ)では普通に使えそうな速度が出ているものの、2枚目の4Gmarkアプリではダウンロード速度が0や0.3Mbpsとなっている上、YouTubeはタイムアウト(45秒以内に読み込みが終わらなかった)、ウェブサイトも読み込み時間が遅いです。
スピードテストと違い、体感と同じ結果が出ています。

規制時間外だとこんな感じ。

Screenshot_20170310-134811.png

平日だと規制時間は昼12~13時過ぎと夜17~22時過ぎですが、日によってバラつきがあるので混雑の基準値を超えると規制される仕組みなんでしょうか。とにかく長い。日曜だと昼間もずっとですよ。
生活時間の多くが使い物にならないレベルで規制されている事になります。楽天スーパーゴミクズ回線ですね。


また、テストアプリの動作を動画にしてみました。
前半が「4Gmark」、後半が「Speedtest.net」です。全然挙動が違いますよね。





このように、4Gmarkを使うと実際の使い勝手がどうかがよく分かるわけです。
最新はorefolderブログだけでなく、MVNO(格安SIM)の比較記事で4Gmarkを採用するところが増えています。

格安SIM (MVNO) 速度比較 : 2017年3月その1 LINEモバイルの復活-4Gmarkの結果でも三強状態 | orefolder.net
http://www.orefolder.net/blog/2017/03/speedtest-201703-1/

格安SIM(MVNO)20社の通信速度比較 2017年2月版 UQ mobileの速度が復活、ついにLINEモバイルの速度が落ちる。 | クリエイタークリップ
https://creatorclip.info/2017/02/mvno-speedtest-2017-02/

MVNO格安SIMの通信速度比較!10回線実測、3月の安定度1位は?
http://mvno-smartphone.com/category6/entry60.html


「クリエイタークリップ」では2017年2月分まで楽天モバイルの旧APN(rmobile.jp)と新APN(rmobile.co)の両方を比較されていますが(他サイトはAPN不明)、俺が使っていた旧APNはもちろんのこと、新APNの方も結果が悲惨です。
新APNでも規制ポリシーが全く同じであることが伺えます。今契約しても、もれなくゴミ回線です。
楽天モバイルの運用ポリシーが最悪なのです。


こちらのサイトは2016年3月のツイートでも紹介していますが、4Gmarkではなくパケットモニターでの計測です。
こちらも参考になります。

MVNO格安SIMの速度比較 3月 IIJmio/mineo/楽天モバイル/FREETEL/OCN/BIGLOBE/DMM/UQ mobile他 | 格安スマホ回線研究所
http://yesmvno.com/speed-hikaku-no2/


これらのサイト全てが「スピードテストだけが速い」「楽天モバイルは体感速度が遅い」「使用感×」としています。
どのサイトも楽天モバイルはオススメしていません。


あと、MMD研究所までもが4Gmarkを採用していますね。

2017年2月格安SIM・格安スマホ通信速度調査
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1635.html


ここまで利用が広がると、4Gmarkも制限無しにしてスピードテスト詐欺するんじゃないかという危惧もありますが。

ちなみに、スピードテストの結果だけを用いて「実効速度」として楽天モバイルとFREETELが優良回線であるかのごとき記事を書くゴミメディアも存在します。ロクでもないメディアですねぇ。
・・・ITmedia、てめぇの事だボケ!(http://www.itmedia.co.jp/mobile/spv/1702/14/news069_0.html


で。
こんな酷い制限と、スピードテストだけを制限しないという行為に問題は無いのかというと。

あります。

ソフトバンクの「通信の最適化」は正当業務行為ではなく、様々な法律に違反。解説します』に書いてある事とほぼ同じことなのですが、これ明らかに「帯域制御のガイドライン」と「通信の秘密の侵害」という2点でアウトなんですね。


まず、帯域制御のガイドラインについて。

ガイドライン(https://www.jaipa.or.jp/other/bandwidth/)では自らのネットワーク品質を確保を目的とする場合、「特定のヘビーユーザによる恒常的な帯域の占有防止」については適用対象となるとし、その運用については「ヘビーユーザと一般ユーザの利用帯域の不均衡が日常的に発生し、一般ユーザが円滑にネットワークを利用できていないことが前提。ただし、制御自体を恒常的に行う必要はなく、(混雑する時間帯等の)必要に応じて行われるべき」としています。
楽天モバイルは混雑時のみ通信制限を行っているのは確かですが、明らかに「ヘビーユーザと一般ユーザの利用帯域の不均衡」による通信制限ではありません。
制限により一般ユーザーが円滑にネットワークを利用出来ない状態にしている上、一般ユーザーよりヘビーユーザーが利用する事が多く帯域も占有するであろうスピードテストに関しては逆に制限を掛けていません。
これは帯域制御のガイドラインとは真逆の行為です。このような恣意的な帯域制御の運用を禁じるためのガイドラインなのです。
それを楽天モバイルは完全に違反しています。


続いて通信の秘密について。

帯域制御を行う場合、制御装置がアプリケーションの種類(アプリケーション規制の場合)もしくは通信の送信元又は宛先(総量規制の場合)を確認するといった行為は通信の秘密の侵害に当たります。
ただし、「通信当事者の"個別"かつ"明確"な同意が得られている」場合、またこれが得られていなくても正当業務行為であれば通信の秘密の侵害には当たりません。


しかし、「通信当事者の"個別"かつ"明確"な同意」に関しては、当然ですが問題があります。

https://mobile.rakuten.co.jp/attention/

契約者間の利用の公平を確保し、本サービスを円滑に提供するため、データ通信によるトラフィックがネットワーク帯域の上限を超えるときなどには、通信速度や通信量を制限することがあります。


とありますが、スピードテストだけを制限しない楽天モバイルの運用方針は、明らかに契約者間の利用の公平は確保出来ていませんし、サービスの円滑な提供も出来ていません。
円滑に提供出来ているのはスピードテストだけです。

さらに、正当業務行為についても問題だと言わざるを得ません。
正当業務行為を満たす要件は

1.目的の正当性
2.行為の必要性
3.手段の相当性

の3つ全てです。

スピードテストだけを制限しない事、スピードテスト以外を使い物にならないレベルで制限している事、ヘビーユーザーと一般ユーザーを分けずに等しく制限を適用している事から、これらの要件は全く満たしていません。

完全にアウトですよ。

--

という事で、楽天モバイルをメインで1年間使った感想としては、

一時期は回線増強で多少使えるようになったが、その後は全く使い物にならないゴミ回線だった。
しかもスピードテスト詐欺で優秀なように見せかけている糞MVNO。絶対契約してはいけない。


です。


まあね、多少いいとこはあるんですよ。

例えば「楽天でんわ」。
楽天が買収したフュージョンが主な事業としている回線交換サービスを利用したもので、プレフィックス番号を付けて電話する事で通話料が半額になるというサービス。月額無料。
これが通話品質が通常と遜色無いレベルなんですよ。さすがフュージョン。
ちなみに楽天モバイル契約時に強制的に加入させられますが、楽天モバイルとは別サービスのため、楽天モバイルじゃなくても利用出来ます。これは今後も利用します。

あとは「楽天スーパーポイントで料金支払い」。
これも楽天ならではの利点です。アフィリエイトでポイント稼いでるような人なら現金支払いが発生しない運用も可能。

しかし、このような良い所を全て踏み潰すゴミクズ回線。三木谷マジで死んでくれ。


また、楽天モバイルの悪いところが他にもありまして。解約まわりが酷い。

まず、音声契約の解約は電話のみの受付です。しかもなかなか繋がらないと不評。
俺はMNP転出なのでwebからMNP番号発行するだけで良く、電話せず済みましたが。


データSIMだと最近webから解約出来るようになったそうですが、これもまた解約までがウザく不評のようです。


また、解約の場合は15日までに行わないと当月中に解約出来ません。
16日~月末に解約手続きを行うと、来月末まで契約させられてしまうのです。バカか。
※MNP転出の場合は転出完了日で解約です。

さらに、楽天モバイルは通話SIMの場合は必ず最低利用期間の縛りが発生します。
他のMVNOだと、最低利用期間の縛りが存在するのはMNP転出の場合のみというところが多いんですけどね(ただ解約するだけの場合は発生しない)。
このあたりも楽天モバイルは糞です。


※訂正:最低利用期間の縛りがMNP転出の場合のみなのはmineoとイオンモバイルぐらいとご指摘がありました。申し訳ないです。


もうね、何回でも繰り返しますが、4大糞MVNOの1つである楽天モバイルは絶対契約してはいけません。(残り3つはFREETEL、日本通信b-mobile、スマモバ。絶対避けよう)
こんなん行政処分しないといけないですよ、マジで。
楽天モバイルは端末の大幅なセット割引や、現在だとau・ソフトバンク回線からの乗り換えにキャッシュバックを付与したりと、やたら安売りキャンペーンを行っていていつぞやのソフトバンクみたいな事になってますが、質もまるでソフトバンクのようです。
普通、その割引をするぐらいならネットワークに投資するものだと思うんですけどねぇ。

ホント、現在CMに出てるX JAPANのYOSHIKIや過去に出演していた本田圭佑に対して失礼ですよ。
早く廃業しろ三木谷! 死ね!

--

※追記
2017年5月になってようやく回線増強したのか、回線品質がかなりマシにはなったようです。
しかし、俺が使っている時も6月頃に一旦マシになったんですよね。そしてその数ヶ月後からずっとうんこ回線だったわけですが。
今回も同じだと思います。

--

賢明な読者様におかれましては、mineoやIIJmio、OCNモバイルONEといった実績のあるところや、今のところ非常に回線の評価が高いLINEモバイルといったところから選ぶようにしましょう。
ちなみに俺はmineoに乗り換えましたが、楽天モバイルとは何だったのかってレベルで良いです。

雲泥の差なんて言葉じゃ足りないぐらいの差があります。マジで。
mineo乗り換えレポートも書こうかな。

・・・いやホント、mineoいいですよ。割引キャンペーンもやってますし、紹介キャンペーンでamazonギフトコードもらえるし。

もし契約しようと思う人がおられましたら、紹介URL(http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=U4F9C4J0Y0)から契約手続きするとamazonギフトコードもらえるので、どうぞ。


えー、では最後に。ご唱和下さい。

三木谷死ね!
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 許されない出来事
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。