スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク、「おとり広告」を展開したとして景表法違反で消費者庁に刺される。Apple watchの在庫処分で  このエントリーをはてなブックマークに追加

そういや何で当時このネタをブログでスルーしてたんだ・・・Twitterでは消費者庁への通報を喚起しましたけど。



本日7/27、消費者庁がソフトバンクに措置命令を出しました。

Apple Watchの在庫用意せずセール告知、消費者庁がソフトバンクに措置命令 - ケータイ Watch
http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1072813.html

ソフトバンク株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について[PDF:4.9MB]
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_170727_0001.pdf


罪状は「おとり広告」。
ソフトバンクは去年11月、「いい買い物の日」と題してヤフーとともにセールを行いました。
その目玉?として、ソフトバンクは初代Apple watchを税込12000円(税抜11111円。11月11日にちなんで)でソフトバンクショップにて販売すると告知。
しかし、実際にショップに行ってみると「そもそも周りのどの店舗にも在庫がない」「あっても1台」などといった苦情が散見されました。

要するに「見せ球」、見せApple watchで客を釣ったってことですね。

ぶっちゃけ消費者庁は事が起きてから8ヶ月以上も何してたの?と思いますが、一応措置命令出したって事で当時を振り返りまとめておきます。
--

スポンサードリンク


--
ちなみにこの件は鈴の音さんが当時ブログ書いてました。だからスルーしたんだっけな・・・

鈴の音情報局blog AppleWatch初代がソフトバンクによって釣り商品にされていた模様、在庫分を安値で叩き売ると大々的に言いながらも在庫無しの店舗が大半、ほぼ詐欺商法と言ってもいい状態・・・もしかして公取委・消費者庁案件か?
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-7032.html


2016年11月3日~11日まで、ソフトバンクとヤフーが行った「いい買い物の日」セール。
その中で最も注目されたであろうキャンペーンがApple watch(第1世代)のセールです。
まあ、セールというかぶっちゃけ不良在庫の処分ですけどね。既に第2世代のApple watchを販売してましたし、スペックもあまりに違いますし(FeliCa対応の有無とか)。
という事でスペック的に何に使うの?と言わざるを得ない初代Apple watchですが、税抜11111円という事で大幅に割り引かれているため購入検討する人は多かったようです。転売目的な人も多かったでしょうけど。

で、販売当日。
ソフトバンクショップに開店前から並んで1番に店に入った人ですら買えなかったり、在庫確認するとそもそも扱っていないと言われたなど、苦情が多数見受けられました。
以下が当時の苦情です。















と、在庫が無い・少ないという苦情がこんなに。

それだけならまだしも、ソフトバンクのサイトには「在庫のみ」と書かれてるはずなのに「取り寄せのみ」「キャンセル不可」「キャンペーン過ぎて入荷したら対象外」という謎の説明をするショップや、


何らかの回線契約をする人を優先するというゴミショップの報告も。これぞソフトバンク。死ね。



さらにさらに、ソフトバンク直営店で元旗艦店な表参道店では、何と販売前に取り置きを受け付けており、当日並んだ人は全員「在庫無し」と言われたと。アホか。




直営店がこんな事やってんだから、トラブルにしかならんでしょうよ。

ちなみに現旗艦店である銀座店の在庫状況はこんな感じ。トータル50個ぐらい?
こっちでは取り置きしてなかったんですかね。まあ普通はそうですよね。



この件についてはジャーナリストの石野さんも呆れておりました。



で、以上を踏まえて消費者庁のリリースを見てみると、

・Apple watch取扱店 全485店にて、Apple watch(第1世代)がセール価格で買えるかのような表示がされていた
・「在庫限り」「在庫がなくなり次第、終了となります。」という表記はキャンペーン初日に在庫がある前提の表記である
・「商品によっては在庫がない場合もあります」という表記は、あたかも商品が無いのが例外かのような表記である

という点が問題であったと指摘されています。

該当するwebサイトは「いい買物の日 Apple Watch キャンペーン | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク」と「いい買物の日 | 特集 | モバイル | ソフトバンク」の2つです。

確かに、この表記ではそもそも在庫が無い・ほとんど無い店舗がある事は読み取れません。
Apple watchを取り扱っている店舗ならどこでも買えると取れますね。


で、措置命令を受けてソフトバンクがお詫びのIR(言い訳付き)を公開。IRでやるの珍しいね!!

キャンペーンの一部広告表示に関する措置命令についてのお詫びとお知らせ | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170727_01/

キャンペーン実施にあたり、Apple Watch(第1世代)を対象に行った過去のキャンペーンの販売実績をもとに予測販売数量を算出し、1,128台の在庫をApple Watch取扱店485店舗のうち306店舗に配分して準備するとともに、ウェブサイトに「Apple Watch(第1世代)在庫限り」「商品によっては在庫がない場合もあります。Apple Watch取り扱い店舗でご確認ください。」などの注意文言を表示することで、お客さまにご迷惑をおかけすることにはならないと認識しておりました。しかしながら、実際には予測を大きく上回る反響をいただき、お客さまのご要望に応えられない事態が発生しました。


1128台を485店でセールとして売ろうとする時点でもアウトだと思いますが、それを過去の販売実績に合わせて179店には1台も配らなかったとかギルティです。

・・・ただ、この言い訳もかなり怪しいんですよねぇ。
ここで販売されたApple watch、ソフトバンクが配分したのではなく、元々店舗がずっと抱えていた在庫なのでは?という疑惑が。
こんなツイートもありますし。


つまり、元々販売店は在庫を抱えておらず取り寄せのみで販売しているが、キャンセルされた分は在庫として抱えさせられる。
そのキャンセルで生まれた各店舗の不良在庫が今回の販売分なのでは?って事ですね。
ソフトバンクなら十分あり得る話ですし、もしこれが本当ならソフトバンクは消費者庁に虚偽の報告をしている事になります。
消費者庁は今すぐ調査すべきですし、この通りなら何らかのペナルティを与えなければなりません。

--

ということで、まあ通報すれば遅くなれど一応は各省庁は動いてくれるって事を示した1件だとは思います。
ほとんどペナルティらしいペナルティが無いので、やり逃げしたもん勝ちな気もしますけどね・・・

皆さんにはソフトバンクの悪質さを改めて知ってほしいですし、今後もしっかりと監視していきましょう。
そして必ず倒産させましょう。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。