『震災孤児の携帯を無償で』の大きな間違い。  このエントリーをはてなブックマークに追加

いやあ、たくさんの心ないツイートやコメントありがとうございます。
RTで晒して、こうやって攻撃してくるのが孫正義ですから。
俺を批判する人は俺と同類だと思ってくださいね。


さて。

ソフトバンク、震災孤児へ携帯を無償貸与 孫社長表明
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819490E0E0E2E3EB8DE0E0E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E2E5EAE5E5E2E3E7E3E0E0E2E2EBE2E2E2E2E2E2


糞です。最低最悪の提案です。
理由を述べます。

--

スポンサードリンク


--
地震が起きて、まだ11日しか経ってません。

行方不明者の現状も不明で、生きてる可能性も高いです。
先日も救出報道ありましたよね、おばあちゃんと孫の救出。
本当に生きててくれて嬉しい。

・・・さて、そんな中で、親とはぐれた子が「震災孤児は携帯無償提供」という話を聞いたとしたら?

どこかの避難所にいるかもしれない。
がれきの上で助けを待ってるだけかもしれない。
そうやって待っているところに、既に震災孤児の事を考えてるって。

残酷ですね。
そんな簡単に可能性を捨てられるもんでしょうか。
人の命だぞ。
ビジネスじゃねぇんだよ。
7割以下の勝率なら撤退? 同じように考えてるのか?

そうやって、生存を信じる人の心を踏みにじるのが冷酷ビジネスマン孫正義です。
地震の後すぐにも「ご冥福を祈ります」という言葉が出てきた事に怒りを感じます。
災害の全容もわかってないのに、生きてる人もたくさんいるのに、助けないといけない人がいるのに。

なのにラーメン? メール無料? fonの無料開放が影響しただけなのにWiFi開放?
まず命を助けるのが最優先だろ。


それに、震災孤児への支援として携帯の支払いを肩代わり。
他社ユーザーでもだそうです。


余計なお節介です。


その携帯を見る度に自分の立場を思い知らされる事になるのに、そんな事も気付きませんか。
ああ、自分は震災孤児なんだ、支援される立場なんだ、と。
常に可哀想と言われ続けるようなもの。

孫正義という色が付いた物のせいで、ずっと心が縛られてしまう。
震災孤児に携帯無償提供って「独りになって可哀想だから助けてあげよう」って事でしょう。
それは偽善でもなくただの同情です。

同情なら必要ありません。
必要なら自分で手に入れるんです。
親と離れる事になった児童養護施設の子が「自分で働いて携帯を持つ」と言った話、皆さん覚えてますよね?
親の許可がないからドコモは拒否した、ってやつです。
つい最近そんな例があったのに、何て押しつけがましいんでしょうか。

何度も言います。
必要なら自分で手に入れます。
手助けはその子が求めた時だけでいいんです。
人はそんなに弱くない。
弱音を吐く時だけ、支えてあげればいい。

乙武君ならこの意味をわかってくれると思う。
これ、乙武君の著書「五体不満足」そのままですからね。
障害を持っているからって、何でもかんでも手を差し伸べなくてもいい。
自分で出来る事は自分でやる。
そう彼は言っているのだから。


他社ユーザーでも支援というのは、偽善でも同情でもなくもはや自己満足です。
本当に支援したいのなら、お金が1番です。
誰かの思いという色の付いたお金は、寄付先を通して、色の無いお金になって相手に渡る。
それを使って生活に自分の色を付ける。
それこそが正しい支援の方法です。

俺が「物よりお金」と言ってるのには、それなりに理由があるんです。
ソフトバンクも孫正義も、過去にお金を、義援金を寄付した履歴がどうも無いようだからわからないんでしょうが。

iPhoneもiPadも必要ありません。
お金が最も必要です。
児童養護施設も「伊達直人」騒動の時言っていたでしょう?

「1番必要なのはお金」って。

という事で、孫正義は自分の資産を出しましょう。
株価対策、海外からの投資対策も必要ありません。
美談に見える欺瞞も必要ありません。
同情いりません。

同情するなら金を出せ。
「同情するな」って台詞はあれど、「同情してくれ」って台詞はないでしょう?

資産を出しましょう、使いましょう。
お金を世の中で活かしましょう、回しましょう。
それが正しい経済対策なんです。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク