ゼンショーグループのはま寿司に行ったら、Pepperを使った受付システムがクソ過ぎた話  このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックなワンオペ形態で炎上した過去を持つ、すき家などでおなじみゼンショーホールディングスが運営する回転寿司屋、それが「はま寿司」です。

はま寿司
http://www.hamazushi.com/hamazushi/index.html


CMも良く見かけますし、行った人も、行った事はなくとも知っている人は多いのではないかと思います。
ウリは平日1皿90円(税抜)(土日祝は100円+税)という価格と、価格の割にネタの質がいいという点で、これを武器に回転寿司業界でスシロー・くら寿司に次ぐ位置までのし上がってきています。
実際、ネタはマジで美味いと思います。他の大手より美味いかもしんない。サイドメニューも悪くないです。


で、某日の昼にはま寿司の某店に行ってきたのですが、その受付に鎮座していたのがソフトバンクの誇るポンコツエロ顔ロボット、pepperです。
当ブログでもそのゴミっぷりを色々ネタにしてきましたね。
はま寿司ではソフトバンクと共同で、pepperを使った自動受付システムを構築し、店舗に導入しています。

はま寿司でPepperを店頭の受付や案内業務に活用する実証実験について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20170202_01/


もう本格的に各店舗に導入してる感じなんですかね?

で。
このpepperの受付システムが明らかにクソな上に、はま寿司のクソっぷりが相まってマジクソな状況であった事をここでご報告したいと思います。
--

スポンサードリンク


--
入店するとまず、受付用の発券機と並んでpepperが突っ立っています。
受付はこのpepperの胸部分に付いているタブレットをタッチして行います。

タブレットにある「発券する」ボタンを押そうとすると・・・画面が切り替わり「○○番でお待ちのお客様!」とpepperがしゃべり始めました。


おい発券出来ねぇだろクソが


そうです、発券受付も呼び出しも案内もこのpepperの胸のタブレットを利用して行うため、呼び出している間は発券が出来ないシステムになっていたのです。バカか。
普通、発券システムと呼び出しシステムを競合させるなんてありえないと思うんですが。
さすが無能ソフトバンク、クソみたいなUI(ユーザーインターフェース)でクソみたいなUX(ユーザーエクスペリエンス)を生み出してくれます。

で、呼び出しからの席案内までの手順に戸惑うご年配の方に親切に教え(何で俺がせにゃならんのだ? 店員やれや)、その後ようやく発券出来る状態に。
普通の発券システムなら発券まで30秒もかからず済むところ、約2分かかってようやく手続きに取り掛かることが出来ました。死ねよソフトバンク。


そしてようやく発券ボタンをタッチするのですが・・・


pepper「何名でのご利用ですか?」(ガチャガチャ ウィーンウィーン


動くな押しにくいだろボケ


タブレットをタッチしようとする時に動いてんじゃねぇよ。マジでウゼぇ。
しかもこれ、動いて前のめりな体勢になるのでさらに押しにくいし見にくいんです。
というのも、pepperのタブレットの位置は中心部で約90cmほどで、大人の顔の位置からするとかなり見下ろす形になります。
その上で角度が垂直に近いので見にくい。
俺の身長は165cmと低めですが、それでも角度的にタブレットが非常に見にくく、かがまないとタッチもしづらいんですよ。
何でわざわざ客がこんなクソUIに合わせてかがまないといけないんだ。

ちなみにYouTubeにアップされている動画を見るとあんまり前後には動いてないように見えます。
もしかしたら個体差があるのかもしれません。

Pepper君が はま寿司 で受付 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=o4Llqfd72UM

はま寿司 ペッパー君の案内 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=J1e-SRyuDLM


で、人数と席種を選び(1人なのでカウンターを選択)、受付番号が書かれた紙が発券されます。
隣にある、良くある普通の受付機から。


こっちで発券させろや・・・


こちらの機械もタッチパネルを備えているのですが、タッチパネルの高さは110~120cmといったところで、当然こちらの方が操作しやすいし見やすいです。
だってそういう目的で作られてんだもん。


で、発券されて順番待ち。カウンターは空いてるしすぐ案内されるだろと思ってたのですが・・・


pepper「順番が前後します、ご了承下さい」
pepper「順番が前後します、ご了承下さい」
pepper「順番が前後します、ご了承下さい」


いやカウンター空いてるんですけど???


なぜかテーブル席ばかりガンガン案内していくクソダルマ。
これはpepperの問題というよりこのはま寿司の問題なのですが、人が少なすぎて皿の片付けなどが全く出来てないんですね。
なのでカウンターが空いたサインを出せず、結果空席サインが出てるテーブル席を案内していくという最悪なサイクルが発生。
1人だからカウンターを選んだのですが、「どちらでも良い」を選択するのが正解だったようで・・・それに気付いた人が「どちらでも良い」で発券し直しました。
どうやらそうするしか無いな・・・と、俺も仕方なくそれに倣いました。

すると、しばらくしてようやくカウンターの空席サインが出たようで、他の人の「取り直す前の番号」が呼ばれました・・・が、その券を捨てちゃったのか、呼び出しに応じません。
ということで「○○番の番号をお持ちのお客様・・・・・・・・・・○○番の番号をお持ちのお客様いらっしゃいませんか?」と呼び出し待ちの状態になり、次の番号呼び出しになるまで約1分待たされます。最悪だ・・・
来ないのわかってるのに呼び出しが終わるのを待たないといけないって何なんだよ。何の罰ゲームだよ。

結局、俺は次の番号呼び出しで、捨てずに持ってたカウンター待ちの券で席に座ることになりました。
さっきの「どちらでも良い」の番号は宙ぶらりんです。またその番号呼び出しで約1分のロスが発生する事になりますが、俺は悪くないよな・・・? だって、店員に渡して「この番号はキャンセルで」とか出来ないし。


で、無駄に10分ほど待たされてようやく寿司にありつくことが出来ました。待ち時間返せよ。


この日の俺が体験した状況をまとめるとこんな感じですね。

発券しようとする
 ↓
呼び出し画面になって発券出来ない
 ↓
席種をカウンターにして発券
 ↓
動くのでタッチ操作がしにくい
 ↓
発券するもテーブル席ばかり案内、カウンターはスルー
 ↓
「どちらでも良い」で発券し直す
 ↓
カウンター席がようやく空いて案内されてしまう
 ↓
案内しても来ないので約1分の無駄な待ち時間
 ↓
ようやく席に座る
 ↓
さっきの発券は宙ぶらりん


うわー無駄。無駄だらけ。UX最悪。人が呼び出しやってりゃ3分程度で済んでるのに。

--

このクソシステムとはま寿司の問題点をまとめておきます。

・発券システムと呼び出しシステムが独立していないため競合してしまい、効率が悪い
・pepperのUI(タッチパネルの位置などの仕様)が発券操作に適していない
・人が少なすぎて店が回っていない(超ブラック
・フレキシブルな対応や呼び出しスキップが出来ないため、大幅に無駄な時間が発生


もうダメダメじゃねぇか・・・(呆れ


このシステムはアホがお作りになられたのですか? ・・・まあそうでしょうね、ソフトバンクですから。
店が混んでなければ問題が起きにくいですが、少しでも詰まるとそのゴミっぷりが目立ってしまいます。
しかもすき家ワンオペでブラックな職場なのが明るみに出たのに未だ反省していないゼンショーグループと組み合わせたために、さらにクソ度が増しています。


で、問題点のそもそも論として、pepperってタッチ操作してもらうように作られていないんですよね。

開発者が語る「想定外はみんながPepperと握手すること」 - 日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/101801386/

蓮実:  背の高い大人から子どもまで、胸に取り付けた液晶の画面が見えるよう、この大きさは結構考え抜いて決めたものなんです。

蓮実:  実は、Pepperには当初から販売目標などは一切設定していませんでした。というのも、Pepperはソフトバンクショップの店員として開発が始まっています。胸に液晶ディスプレーを装備しているのも、キャンペーンなどお客様にアピールしたい情報を表示するのが目的でした。ただ、作っているうちに、一般企業でも受付や呼び込みに使ってもらえるレベルになってきたという手応えがありましたし、少しずつ汎用性も高まってきました。こうなると家庭で使われる光景も見たくなってくる……こんな流れで販路が広がったので、販売目標といったものがなかったんです。


自分を、存在しないはずの「pepperの開発責任者」だと思いこんでいるソフトバンクロボティクス社の蓮実一隆によると、胸のタブレットは「見てもらうため」のものであるとしています。
タブレットの位置と角度を考えてもタッチ操作は全く考えてないわけで、そんなもんを発券受け付けに使っている時点で狂気の沙汰です。アホの発想です。

なので、このクソみたいな発券&案内システムのUI・UXの改善方法はただ1つで、

pepperは使わず、発券機を使ってシステムを組む

これだけで大体解決します。
あとはフレキシブルに客を案内出来るようにするのはソフトで解決出来るでしょ、って話で、そもそもそこが現状で出来てない時点でまあ終わってるんですけども。
「これからはAIだー、シンギュラリティだー」とかほざいてますが、その根幹は結局ソフトウェアとなるわけで、そのソフトウェアを組み上げる能力はソフトバンクにはありません。
スマホアプリですらマトモに作れないですし、基礎すら出来てないですからね。

そして、ソフトバンクの問題以上に、何より大事なのは


従業員少なすぎるんだよボケ、人を雇え


・・・これはゼンショーグループの問題ですね。
未だにあのすき家ワンオペを反省してないのが丸わかりです。
この日、鴨そばを注文したのに15分ほど経っても持ってくる気配無しでしたし、とにかく少しでも混むと店が回らなくなるのはダメでしょう。というか店員が席まで持ってくるシステムになってる時点でダメな気がするが・・・

最近でもゼンショーグループのしゃぶしゃぶ食べ放題の店で、注文した品が全く来ないとTwitterで実況されて炎上していましたね。
100分コースで追加肉1回しか来てないのヤバいでしょ。

ゼンショー系列のお肉100分食べ放題コースに行ったらお肉がほとんど来ず出汁が干上がる羽目になったお話 - Togetter
https://togetter.com/li/1167814

イベント後の打ち上げで入ったお店で酷い目に遭った話 - Togetter
https://togetter.com/li/1167787


くら寿司なんかはちゃんと回してますよ?
スシローは1皿90円キャンペーンの時に行って超後悔したので除外しておきますが(赤だしが上澄みだけ入れられて出てきたり、その他色々トラブルが発生した)。

--

pepper自体がポンコツ、仕様もポンコツ、システム組むソフトバンクもポンコツ、ゼンショーもポンコツ、で誰もが不幸になるLose-Lose-Loseな関係が生まれてるの、地獄としか思えませんね。
ゼンショーグループ、飯はホント美味いんですけどね・・・コストが従業員に押し付けられている形なので、その美味しさの半分は従業員の血の味かもしんない。うーん。

まあとにかく、ゼンショーはサッサとpepper撤去してください。そして従業員増やして下さい。
値段上げていいから、ストレスなく飯食わせてくれよ・・・
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク