ソフトバンク、廃止届を出した基地局を運用し続けて電波法に違反。今すぐ潰れろ  このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。
ブログが続いているということはソフトバンクが潰れていないという事であり、実に悲しい事であります。
・・・ということで、本年もよろしくお願いします。


で、今回のネタ。
まあ前代未聞ですわね・・・

総務省|中国総合通信局|ソフトバンク株式会社の電波法違反に対する厳重注意
http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/hodo_2017/01sotsu08_01000803.html

ソフトバンクが電波法違反 総務省が厳重注意 - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1801/10/news151.html


ソフトバンが廃止届を出した基地局を2年に渡り運用し続けていたということで、電波法違反で総務省から厳重注意を受けました。
違法な基地局を運用していたという事のようで。厳重注意程度で済むんかい。
--

スポンサードリンク


--

 総務省の中国総合通信局(中国地方の5県を管轄する地方支分部局)は、ソフトバンクが固定局4局を無免許で運用し、電波法違反をしたことに対し、1月10日に厳重注意を行った。

 ソフトバンクは2016年1月~2月のそれぞれで、広島県の固定局2局(計4局)の無線局廃止届(免許を受けた無線局を廃止する届け出)を誤って提出。その後、2017年11月にソフトバンク社内で事務確認をしたところ、上記の固定局が無免許であることが発覚。約2年間にわたり無免許で運用していたことに気付かず、結果的に電波法に違反する形となった。

 今回の事態は「設備撤去の際、社内関係部門間の連絡が不十分だったことなど」が原因で起きた。

 違反したのは、電波法第4条の「無線局を開設しようとする者は、総務大臣の免許を受けなければならない」の規定。

 中国総合通信局はソフトバンクに対し、電波法の順守と再発防止を徹底するよう厳重注意した。


IT Mediaの記事からの引用ですが、無線局廃止届を誤って出すって・・・何をどうやったらそうなるんですかねぇ・・・?
また、原因が「設備撤去の際、社内関係部門間の連絡が不十分だったことなど」とありますが、設備撤去したのに運用が続いていたってどういう事なんでしょうか。総務省は謎コメントを出すのをやめろ。

・・・と、ふと思ったんですけど、時期的にまだ900MHz帯関連の巻き取りを行っている頃なので、その関連からのミスだったのかもしれないですね。勝手な想像ですけど。

ソフトバンク、巻き取りも出来てないのに900MHzのプラチナバンド電波吹いて干渉させて基地局停止 - No!SoftBank
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-441.html


しかし、これまで良く「つながる(笑)」「インターネットカンパニー(笑)」「情報革命(笑)」などとほざいてきましたが、社内のこの程度の連絡すらマトモに出来ない会社が掲げていい言葉ではありませんね。
他にも「デジタル情報革命を通じて、人々が知恵と知識を共有することを推進し、企業価値の最大化を実現するとともに人類と社会に貢献する」などとほざいていたこともあります(PDFの29ページ目)。

https://cdn.softbank.jp/corp/set/data/irinfo/presentations/vod/2010/pdf/press_20100625_01.pdf

dempaihan01.jpg


出来てない

社内で知恵と知識が全然共有出来てないよ


こんな電波法違反をやらかすゴミカンパニーと契約するのは今すぐにやめて、みんなで早く潰してしまいましょう。
ソフトバンクを潰して人々を幸せに。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク