SB松本副社長の反論の反論の矛盾を突こう。  このエントリーをはてなブックマークに追加

追記

#softbank 松本副社長が語る、光の道ソフトバンク案の実態
http://togetter.com/li/89196

やっぱり俺の大勝利のようです。お疲れ様でした。




「光の道」ソフトバンク案に対して、「無線にゃん」というブログが数字を挙げて真っ向から反論しました。

光の道、その誤謬と、必死なのはなぜの話
http://wnyan.jp/185

それに対してソフトバンクの副社長、松本氏が反論したのが下の記事。
http://agora-web.jp/archives/1151386.html


まだ未読の人は、どちらも読んで頂きたい。
で、松本氏の反論は一見、数字上でキッチリ反論しているように見えますが・・・さてさて。

俺は数字の事はわかりません。
しかし、俺なりに矛盾点を突いてみようと思います。

ソフトバンクは、先ず「本当に5年間で残り4,200万回線もの張替え工事が出来るのか」という問いに対し、「3人一組の工事班を全国で13,000班組織し、この人達が1200日働けば、4,600万回線の張替えが出来る」と説明しています。「無線にゃん」の筆者さんは、「ソフトバンクの試算は365日休みなしの前提になっている」かのように書いておられますが、勿論そんな事はなく、5年間(1825日)を上記のように1200日として計算しているわけですから、十分余裕を見た計算です。

この試算のベースとなった、「1日3件」という前提も、当然十分過ぎる余裕をもった数字です。現実に、ケイオプティコムが最近タスクフォースに提出した資料には、彼等の実績として、「一つの作業班が1日4件の工事をやっている」と書かれています。受注に応じて工事しているケイオプティコムの実績ですらそうなのですから、ソフトバンクの最近の試算に出てくる「1日5件」は、「規模の利益を十分生かし、肌目細かい作業計画を立てれば、十分可能」と考えます。「工事能力だけなら、1日3件でも十分だが、コストを切り詰めることを考えるなら1日5件を目標とすべき」というのは、自己矛盾でも何でもありません。


記事のこの部分。
一見正論のように見えますが、そんなはずは無いのです。

--

スポンサードリンク


--
まず、作業する人の必要十分な日給は3万円です。
いわゆる「職人」と呼ばれる人たちは、基本的にこの金額を目標として仕事します。

そして、こういう回線やエアコンなどの「1日に何軒も回る工事」の場合は、工事1件ごとに報酬が設定されているのが普通です。
エアコンの場合は1件8000円、などと聞いたことがありますね。
これを1日何件出来るかによってその日の給料が決まるわけで、やはり目標は上記の「3万円」ということになります。


ここまでが工事の現場の前提です。


では、まず「1日3万円」をベースにして考えてみましょう。

「3人一組の工事班を全国で13,000班組織し、この人達が1日3件、1200日働けば全回線の張替えが出来る」
という事ですから、1件につき1万円が作業員に支払われる事になります。
これがソフトバンクが最初に出した案となります。

しかし、この計画を企画して発表した後に、関西電力(ケイ・オプティコム)が「1日4件やっている」という資料を出したのを見て「1日5件出来る」と修正したわけです。

では、1日5件ということは、当初の計画の1件1万円で行くと日給5万円となります。
当然、これでは人件費が高すぎるので、日給3万円なら1件につき6千円ということになります。


しかし、http://www.soumu.go.jp/main_content/000066741.pdfの資料を見ると工事費18000円+その他経費4000円とあります。
工事費を単純に3人で割ると6000円ですが、この工事費の中から高所作業車の用意も必要となります。
また、大量発注によるボリュームディスカウントを加味しての18000円、かつ一括効率化による費用減が2800円。
つまり、19200円から人件費やその他の経費を支払うという計算です。

さて、ここから一体人件費はどのくらい出るのでしょうか?
現場を理解している側からすると、随分とおかしな数字であると思うのですが。
また、アクセス回線会社からの直接の発注ならまだしも、1件挟んでの下請けともなると、さらに作業員への人件費は削られることになります。
こういう作業ケースの場合、13000組と直接契約することはありえないわけですが。


この数字では、明らかに現場の人間が苦しみます。
長い期間拘束されるならなおさらです。
人件費はいくらで計算したのですか? 回答が欲しいですね。



では、次に「1日5件」をベースにして考えてみましょう。

1日で工事が出来る時間は、住む人の都合もありますので、普通に考えれば多く見積もっても午前9時から午後7時までの10時間でしょう。
その中で1日5件ということは、単純に割っても1件2時間で済ませなければいけません。
また、当然移動時間と休憩時間(昼食の時間含む)も取らなければいけませんので、1件2時間では到底追いつきません

そして、ケイ・オプティコムの場合は「光ファイバーを引き込み、回線装置を設置」までが1件で行う工事の内容です。
この内容で1日4件の作業を行っています(あとプロバイダ設定も含むかな?)。
と考えると、移動時間を考慮すると1件2時間以内には収まっているはずです。
早ければ1時間程度で出来ているかも知れませんね。


壁への埋め込みを行わなければ、ですが。


実際、過去に自宅にeo光を引いたことがあるのですが、壁には埋め込まずに梁に這わせて配線を行いました。
また、現在仕事場ではOCNの光を引いていますが、こちらも壁への埋め込みは行っていません。
どちらも1時間ちょっとの工事だったと思います。内容が比較的簡単でしたしね。


さて、光の道事業は「電話回線の撤去」という非常に重要な作業があります。
メタル回線の撤去は、果たしてどの程度の時間が掛かるでしょうか?
また、普通に考えればその撤去跡を利用して光回線を引き込んで、収めるでしょうね。
その作業はどのくらい時間が掛かるでしょうか?
トラブルは絶対に起こりませんか? 必ずスムーズに工事は行えますか?

そうそう思った通りに進まないのが工事です。
トラブルは必ずどこかで起こるので、それをいかにクリアするかは作業員の腕次第だったりします。
それだけの腕を持った13000組、どのように用意するのでしょうかね?



また、綿密な作業日程・計画を組むには各家庭の下見が必ず必要です。
終端装置の配置場所は空いているコンセントに近い場所、かつ光ファイバーを引き込める場所の近くでなければなりません。
工事時にすぐに作業が取りかかれる様に、どうやって作業場所を確保するかの検討も必要です。

ということは、下見や作業出来る日のアンケートを行う期間、作業日程・計画を組む期間も必要となります。
松本副社長は「1日3件、5年間(1825日)を上記のように1200日として計算しているので余裕」などと言っていますが、1日3件では非常に厳しいと思います。
一体どういう観点から「1日3件」というのが最初に出て来たのでしょうか。
1日5件でようやく余裕と言えます(単純計算で、708日ほどで作業完了)。

が、先に書いた様に、1日5件の作業は可能でしょうか?
「光の道」計画の論点である過疎地への配線ですが、1件1件が離れている場合、1日5件も可能でしょうか?
午前9時から午後7時まで作業するとして、その後帰宅するまでどの程度の時間が掛かるでしょうか?
1日5件が不可能な場合でも、1件6千円しか支払われないのですか?
1日5件が不可能な地域だから、1件の報酬を引き上げますか?
その場合、作業地域に格差が生まれてしまう問題は考慮にありませんか?



以上を考えると、「1日3件」から「1日5件」と計画を変更する、そのこと自体が大きな矛盾に満ちている事がわかると思います。
これが『ソフトバンクグループのような「2万人以上の人員を擁する情報通信企業グループ」が練り上げた計画』かと思うと、壮大なコントかと思えてきますね。

まあ、仕方が無いですよね。
『一個人で全面的に否定するのは勿論、幾つかの「穴」を見つけることすらもが、元々無理なのではないかと思われます。』だそうですが、

「2万人以上の人員を擁する情報通信企業グループ」が、俺の様な個人に、料金プランの問題を指摘されて、社長が「見落とし」と謝罪するんですから。



そして、最大の矛盾点です。

5年間で光回線を全家庭に届ける、と言ってるんですよね?
なぜ、それを実現するための作業方法・行程の詳細が提出されていないのですか?
1番求められてるのはそれじゃないですか?

つまり、企画の現実味

それも無しに「必ずやり遂げてみせる」なんて事を言われても、誰も説得は出来ません。
プレゼンが上手と言われる孫正義らしからぬ失態ですね。



まとめると、人件費・1日5件の工事を行うための方法・方法の検討の期間。
これが俺の指摘する問題点です。


さて、松本副社長にはまた反論して頂きたいのですが。
松本副社長は、残念ながら@no_softbankをブロックしてしまっているようです。

多分「失敗者、松本見落とし副社長」と言われたのが気に入らなかったのだと思うのですが、僕自身はそんなこと微塵も思っていませんよ?
失敗者というのも見落としというのも、どちらも孫正義社長がおっしゃったのですから。
性格が悪いというのは、ご自身が良く理解していらっしゃると思いますしね。


ということで、まずブロックを外して頂いて。
俺なりに数字を出して反論したのですから、公約通り反論してくださいね。
「気が向かない」と言って逃げを打った後でも、ずっとずーっと、お待ちしておりますので。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 最近のニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク