auからiPhoneが発売されるとどうなるのか。  このエントリーをはてなブックマークに追加

何か記事をウダウダ書いてたら、auの発表会終了直後に Android auのサイトが終了していた 件w
前の記事で「Appleはあんま気にしないんじゃね?」とか書いた途端の終了に、若干反省しております。
まあAppleから「やめろ」と言われたかどうかは知りませんが。
またホワイトプランにソックリなプランZシンプルの発表を見るに、完全にau版iPhoneのフラグが立ってしまったなと思うわけですが。

とはいえ、まあ本当にauからiPhoneが出るのか未だ不明ではあるのですが、世間の流れに便乗して記事を書かせて頂きます。
とりあえず思い付く限りをつらつらと。

まあau Wi-Fi SPOTの整備や基地局容量アップのタイミングなどなど、状況証拠は揃ってるので可能性はちゃんとあるんですけどね。

【追記】
・・・とか思ってたら、auパンフに「このサービスはiPhoneの人は10/21から使えるよー」という記載があるようで・・・
何だかちょっとソフトバンクの方がマシに思えてくるなこの糞au。ったく。

そしてauからも発売される事が正式に発表されました。
--

スポンサードリンク


--
赤字は予想結果を示します。

・発表はいつ?

10/5以降じゃないと何の言及も出来ないでしょうね。
AppleのiPhone発表会は日本時間10/5の午前2時で、それ以降でないと何も発表出来ないと思います。
これはソフトバンクも同じ。

これは誰でもわかる事なので予想とは言えないか。


・発売時期

11月はさすがに無い。
ある程度の準備が完了してからでないと発売出来ないでしょう。
予約受付とかPOP用意とかシステム追加とか、11月発売なら既に準備に入ってないとちょっと無理かと。
現時点でその辺の情報は漏れてませんし。

・・・とか言ってたら漏れましたね。
11月どころか10月かよ! 予想外れすぎだろ俺!



・au版iPhoneの本体価格や維持費は?

auの機種代を鑑みて、本体価格は16GB 52,500円、32GB 63,000円ってとこじゃないかと。
ソフトバンクよりは高くなる感じ。
パケ代は特別安くなる事は無いと思いますので、ISフラット5,460円・・・もしかしたらキャンペーンで525円値下げってのはありそうですが、無難な線でしょう。
・・・と思ってたけど、ホワイトプランをコピーしたのを見るとパケ代もコピーするかも?

後は毎月割次第ですが・・・ダブル定額の下限を超える2,200円って事はさすがに無いか。
1,800円と予想しておきます。

パケット代については当たり。キャンペーンは480円引きでニアピン。
でも弱気に予防線張っちゃった俺情けないorz
機種代は16GBが51,360円、32GBが61,680円、64GBが72,000円とニアピン。
しかし毎月割2140円は驚いた。あとMNPにはキャッシュバック1万円も。




・ソフトバンクはどう出る?

当然、料金を安くせざるを得ないでしょうね。それしか出来ません。
基本的に新規・MNPオンリーの施策になり、例えばホワイトプラン3年間無料とかキャッシュバックとか、そういう方向でしょう。
ただ、そうなると既存の利用者から反発があるでしょうね。無視するだろうけど。

あと月月割の増額ですが、月月割の仕組み上、機種代以上の割引額は設定出来ません。
つまり16GB 46,080円と現行通りとすると、月月割は1,920円以上には出来ません。

またパケ代を下げるという選択肢は当然ありますが、パケ代については散々データARPUを自慢してましたので下げたくない。
となると、安く出来るのはやっぱり基本料しかない・・・でも既にただとも+MNPで10ヶ月無料はやってる。
結局はキャッシュバックに落ち着くでしょう。

あと考え得るのは「学割(家族割付き)の常時受付」。
「学生は入れば基本料は3年間無料、パケ代の上限も割引。家族で入れば」というやつです。
また、これまでは新規契約・MNPのみの受付かつ、過去適用した人は再度の適用不可ですが、機種変や過去学割適用してた人にも適用する。
ユーザーの引き留め・流出阻止に有効でしょう。
ただし、データARPUはさらに伸びなくなります。

もう1つは「iPhone・iPadのセット割引」。
ドコモは既にやってたりするんですが、携帯持ってる人がタブレットも追加で持つとさらに割引されるというやつです。
これならiPadの方の月月割を拡大すればいいので、データARPUに影響を及ぼさないどころかアップ出来るでしょう。
契約数も稼げるし、Appleにも良い顔が出来るので一石三鳥!

ただ、当然契約数を稼げなければ利益はダウンしますし、契約数を稼げばネットワークは確実に死にます。
まあネットワークについてはソフトバンクは知ったこっちゃないんでしょうけど、テザリングを解禁してないところを見ると、多少は心配してるようですけど。
何にしろ、今後も回線は悪化します。

これもニアピン、iPhoneとiPadのセットをやってきました。
http://nosoftbankno.blog84.fc2.com/blog-entry-105.html

が、これ実質iPadの通信料値上げじゃね? iPadなら100MBはすぐだし。騙されちゃダメ。


あー、あと併売店にゴミ(フォトビジョンやみまもりケータイ)をauやドコモと抱き合わせさせる、なんて策も弄するかも。


・ソフトバンクはどうなる?

日経の真偽不明の一報だけで1日に株価が12%強の320円も下がったソフトバンクの株価。
今後の契約数の伸びが期待出来ないと見た人が多いという事でしょうね。
さらに次の営業日である月曜日も引き続き下がり-112円。
という部分を踏まえ、予想していきたいと思います。

まず、iPhoneの予約受付を発表した時点で1度上がり、iPhone発売でまた上がるでしょう。
しかし、auがiPhone発売を発表した時点で株価がさらに下がる。
そして実際にiPhoneが発売され、au版の販売数がわかった時点でさらに下がる。
単純にこういう流れは見えます。

一応アップルからの正式発表で少し下げましたね。SBもKDDIも。
どちらかと言うと「iPhone4Sかよ!」という失望からの売りのような感じ。


また、auがiPhone発売を発表した時点でソフトバンクの純増数の伸びは止まり、実際に発売されればauが月間純増数1位を奪う可能性は高いです。
ただ、ソフトバンクが純減という事はさすがにあり得ません。
というか、前年比で見て意外と純増数は下がってないはずです。

何故ならソフトバンクは純増数を上手くコントロールしてここまでやって来たから。
ソフトバンクはなりふり構わず、何とでもするでしょう。
ゴミのバラマキとか法人バラマキとか。プリペも使うかも知れない。
そして純増数をなるべく減らさないような形にしておいて「iPhoneは相変わらず売れている」と見せる。
ソフトバンクはiPhone販売数を一切公表していませんから、何とでも誤魔化せる。
今後はTCAの発表の内、「IP接続サービス」の契約数を注視すべきですね。


さて、auのiPhone発売により株価が下がるとソフトバンクはどうなるか。

資金調達の条件が厳しくなります。

株が買われないという事は、会社への信用が下がっているという事です。
で、信用が下がると、やっと最近になって長期低金利の社債が売れるようになってきてたのが、売れなくなります(オプション次第でしょうけど)。
とすると、以前のように高金利の社債を出さざるを得なくなります。

「携帯会社としての評判が悪いソフトバンクが、iPhoneが他社から出る事で伸びなくなるなら・・・自転車操業だし、この先怖いな」
そう思われたら、株はもちろん社債も手を付けられにくくなるでしょう。

また、株価が下がり続けるようであれば、投資家から社債の繰上償還請求をされたりもします(オプションに繰上償還の権利が付いてれば、ですが)。
ギリシャの財政危機など、世界的に金融不安が高まっている事を考えると現金化しておきたい投資家も多いのが現状。
実際、ソフトバンクは2009年に繰上償還請求に応じていたりします。まあこれは予定通りだったようですが。
ソフトバンクの本業は「資金調達」「金融」「投資」など、お金をどう回すかという事ですからね。
決して通信業ではありません。

2010年度を乗り切った事で今後5年は資金調達には困らないだろうと思っていましたが、ちょっと事情が変わると思います。
とりあえず、株価がどのあたりで安定するかに注視しましょう。
早速株のレーティング引き下げが行われたりしてるようですし、どこまで下がるのやら。


・auはどうなる?

Android auは終了しました。
が、これは単に方向性が決まって次のステージに移行しただけとも取れます。
今回のAndroid新機種は軒並みハイエンド端末で、半数以上がWiMAX搭載。
もちろん"全部入り"スマホも用意されています。
また、EZwebに対応したりau独自アプリマーケットの機能追加なども行われることから見ても、単純に普通の携帯(フィーチャーフォン、ガラケー)をAndroidに移行させただけとも取れますが、それにしても今までの「ユーザーを絞り込んだ機種をたくさん用意」という感じがあまりしないなと。
どちらかというと、これでもか!とガジェ厨を喜ばせるためにハイスペック機を並べた感じ。

仮にこのラインナップがiPhoneを発売する前提だとすると、iPhoneに幅広いユーザー層を任せて、あとは隙間を埋めていこうというやり方のように見えます。
何かソフトバンクっぽい。

で、これまで中心となる機種が無い割にiidaシリーズなどの尖ったデザインコンセプト携帯をリリースしてきたKDDIですが、これでグッと戦略の幅が拡がるのではないでしょうか。
つまり、「iPhoneより個性的なデザインのが欲しいよね」的な人への受け皿がようやく意味を持つ、とかね。

そして、iPhone・Android・WindowsPhoneとこれからスマートフォン中心に販売していくという事は、当然トラフィックは爆発的に増加します。
これをどう捌いていくかがポイントですが・・・やっぱり1年もすれば苦しくなると思います。
au Wi-Fi SPOT10万局や基地局容量の増加だけでは厳しいので、基地局の新設も当然行う必要がある。

と、これじゃソフトバンクと同じ状態になるんじゃないの?と思う人もいるかも知れませんが・・・

ソフトバンクと一緒にすんな。

基地局やそのバックボーン回線など、ソフトバンクとは比較になりません。
KDDIという通信会社である、という事実を忘れてはいけません。

まあそれはさておき、発売後は一気に純増数を稼ぐのは間違いありません。
MNPでも増加を見込めると思います。
端末・回線の契約販売という部分では、相当楽になるでしょうね。


・auにiPhoneは扱えるのか?

まず問題とされるのがメール関係。
iPhoneでの、携帯同士のメッセージのやりとりのは基本SMS。
電話番号で送るやつですね。
で、auでSMSにあたるのがCメールなのですが・・・これ、パケットを使うのでSMSとは全く別物。
国際標準とは違う特殊仕様です。

実はこの関係で、EVOのようなAndroidグローバル機やWP7.5 Mangoを搭載したIS12TではCメールの送信が出来ません(出来なかった)。
まあAndroidの場合はOSカスタマイズが出来るのでCメールに対応という事が可能なのですが(実際、EVOはCメール送信にアップデートで対応した)、Windows Phone7.5なIS12Tではそうはいかないようです。

しかし。
結論を言うと、使えます。というか使えるようになります。

auはSMS国際標準の方式に対応します。
先日の新機種発表会に関する報道の中でも触れられていましたし、IS12Tは来年1月にCメール送信に対応します。
また、信頼出来るジャーナリストの本田雅一氏も「国際標準に対応すると聞いている」とおっしゃっていたので、間違いないと思います。
つまり、この来年1月以降にiPhoneのSMSに対応するものと思われますので、使えます。
iPhoneの発売もその後じゃないか?という予想も出来ますね。

と思ったらSMS使えるみたい。結構頑張った?・・・いや、最初から対応して当たり前か。

あと@ezweb.ne.jpはiPhoneでは使えないんじゃないの?的な話も出てますね。
こちらもCメールと同じような対応状況で、EVOはつい最近対応したばかり。
@の前にピリオド2つとか、標準では許されないメールアドレスが可能な仕様とか、問題は多々ありそう。

ただ、こちらも恐らく対応出来るようになると思いますし、最悪、ソフトバンクで言う所の@i.softbank.jpのようなPOPIMAPメールを利用すれば一応解決します。
メール到着のプッシュ通知も可能ですし。
というか、そもそもiPhoneのSMSアプリは日本語環境だと使いにくい・・・文字変換時に送信ボタン押してしまいそうになる事がしばしば。
メールアプリの方が色々都合が良いのではと思います。

あ、でもこれだとメールアドレスの引き継ぎは不可能か・・・
やっぱりちょっと難アリですね。
対応する事を願いましょう。


そして、最大の問題は「auはiPhoneを上手く売れるのか?」という事。
プロモーションを失敗すると、結構痛い目にあう気がするんですよねぇ・・・
これに近い懸念は鈴の音さんがブログにしたためていますが、確かにそれ言えてるよなー。
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-1873.html

あとソフトバンクは自社ホームページをiPhoneに最適化したり、使いやすい環境を提供しています。
この辺はソフトバンクのエラいところだと思います。たまには褒めるぞ。
まあソフトバンクなりのホームページのわかりにくさはありますけど。

こういうちょっとした使い勝手に気が回りますかね? auは。
・・・ユーザー奪う気があるんなら、ちょっと気合い入れてやらんかい。
iPhone売る売らないにかかわらず。


とはいえ、iPhoneはキャリアの事情とは離れた場所に存在する端末。
売れさえすれば、結局アプリ云々などキャリアから独立した話になってくるわけで。
現状、放っといても売れるのは間違いないです。

--

と、予想になってるのかどうかわかりませんが、とりあえずこんな感じでいかがでしょうか。
しかし、auについてもうちょい勉強しないといかんね。
こういう記事書くのは大変だわ・・・

さて、ソフトバンクはすっ飛ぶでしょうか?
この1年は必見です。
関連記事
スポンサードリンク  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 携帯ブログへ


テーマ : 旬のニュース
ジャンル : ニュース

Twitter
no_softbankをフォローしましょう
ふぉろみー。
最新記事
amazon
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク